Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記


音声ファイルの有料ダウンロード「町山智浩の映画ムダ話」。
先日亡くなったアッバス・キアロスタミ監督を追悼します。

上記は、STORES.jpのオンラインストアを借りて運営しています。
メールが届かない、表示されない、ダウンロードできない等すべての技術的なトラブルは
「お問い合わせフォーム」ではなく、STORES.jpにメールhello@stores.jpか、
直接電話03-6455-1391(受付時間 平日10:00〜18:00)にお問い合わせください。
告知やリクエストの受け付けはツイッターhttp://twitter.com/@info_tomomachiで。




映画秘宝連載中の「男の子映画道場」が単行本になりました。
「狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画」です。


町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。

もうじき連載100回になるサイゾーのコラム『映画がわかるアメリカがわかる』はここで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾がスマホのアプリになりました!
iPhone版 Android版


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


集英社WEB連載「町山智浩の深読みシネガイド」



TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」は復活しました!
特電ポッドキャストVol.1〜67
Vol.68〜80
Vol.81〜95

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2007-07-28 泥棒が被害者を「俺が盗んだことをバラしたら訴えるぞ」と脅す

http://mandanatsusin.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_604f.html

前にも書いたけど、人間誰でもついうっかり善くないことをしちゃうことはある。

それはしょうがない。

問題はその後のケジメだ。

法的措置をとることもありますので、ご了承下さい

勝手に人の文章をごっそり盗んでおいて、被害者を恫喝するのはいくらなんでもマズいだろう。

幻冬舎としたら出版の段階では唐沢俊一が盗用したことを知るはずもないんだから、唐沢に謝罪させて、絶版なり回収なりして、損害は唐沢に請求してもよかったんじゃないか?

でも、ここまでやると、もしかすると編集者も盗用を知っていたのかも、と思っちゃうよ。


オイラが編集者だった頃に著者と交わしていた出版契約書には

著者は入稿する原稿が適法であることに責任を持つ、

そして著者がそれに反して出版社に損害を与えた場合は賠償すると書いてあった。

出版社側にも責任はあるが、盗用や捏造に関しては版元が知ることが不可能な場合も多いから、著者が悪いことをしないように釘を刺しておくわけだ。

アメリカでは実際に著者がウソの記述などで版元に損害を与えた場合、著者が出版社に金銭で賠償することもよくある。


でも、日本の出版社は作家を守るんだよなあ。良くも悪くも。

「あそこは何が何でも書き手を守ってくれる」と作家たちに思われたほうが、素人に対して誠意を見せるよりも、出版社にとってはメリットあるから。


とにかく、唐沢はバレた時点でさっと盗用を認めて、自分の責任で回収などの後始末をすれば、これほどみっともないことにはならなかったはず。

でも、↓こういうことだと、それもできなかったんだろう。

http://xn--owt429bnip.net/2007/07/ufo.php


物書きが食っていくのはたしかに大変だけど、そこまでして本を出したいかねえ。

唐沢は何かを創造したり、自分の思想があるわけではなく、

レアなネタを集めることだけがセールスポイントだ。

それは別に悪くはない。

でも、他人がせっかく集めたネタを、他人の切り口と文章で紹介するなら、もう何もないじゃないか。