Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記


音声ファイルの有料ダウンロード「町山智浩の映画ムダ話」。
庵野秀明総監督『シン・ゴジラ』について。

告知やリクエストの受け付けはツイッターhttp://twitter.com/@info_tomomachiで。



映画秘宝連載中の「男の子映画道場」が単行本になりました。
「狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画」です。


町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。

もうじき連載100回になるサイゾーのコラム『映画がわかるアメリカがわかる』はここで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾がスマホのアプリになりました!
iPhone版 Android版


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


集英社WEB連載「町山智浩の深読みシネガイド」



TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」は復活しました!
特電ポッドキャストVol.1〜67
Vol.68〜80
Vol.81〜95

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2008-01-15 潜水服は蝶の夢を見る

TomoMachi2008-01-15

本日のTBSラジオ「コラムの花道」では先日のゴールデングローブで監督賞と最優秀外国語映画賞を受賞した『潜水服は蝶の夢を見る』について話しました。

http://tbs954.cocolog-nifty.com/st/2008/01/115_c54b.html

パリのファッション誌『エル』の編集長だったジョン・ドミニク(43歳)は、一流の服を着て一流の食事をし、一流の酒を飲み、一流のリゾートで美しい女性たちと戯れ、週末はジャグワを飛ばして郊外に住む自分の子どもたちと遊ぶ(妻とは籍を入れてない)という、やりたい放題のチョイワル親父生活を満喫していた。

ところがある日突然脳内出血で左目の視覚と瞼の筋肉、そして聴覚以外、すべてが麻痺してしまう。

肉体という檻に閉じ込められたような「ロックト・イン・シンドローム」という症状で、絶望するがジョンだが、

美しい女医が提案した方法で自伝を書き始める。

使用頻度順に並べたアルファベット文字を女医が読み上げ、欲しい文字が来たところでウィンクするのだ。

この方法でジョン・ドミニクは20万字の本『潜水服は蝶の夢を見る』を書き上げた。

フランスが舞台のフランス映画だが、製作、監督、撮影などは全部アメリカ。

というかかなりスピルバーグのスタッフなんだよね。主演の男女優もスピルバーグの『ミュンヘン』から。

特にスピルバーグの撮影監督カミンスキーの、ジョン・ドミニクの左目になりきったカメラワークが素晴らしい!

女優が全員美しいのも、ホントかよ?って感じで素晴らしい!

特にリハビリ専門の美しい女医さんが、舌を動かせない主人公に嚥下のリハビリをさせるために、「いい? こうするのよ」と口を軽く開いて舌で下から舐め上げる動作を何度も繰り返す場面。体が動かせない主人公は「こ、これは拷問じゃー!」と心の中で叫ぶんだけど、場内大爆笑!

でも、さすがフランス人で、左目しか動かないのにちゃんと女を口説いちゃうんだよね。

D