Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記


音声ファイルの有料ダウンロード「町山智浩の映画ムダ話」。
庵野秀明総監督『シン・ゴジラ』について。

告知やリクエストの受け付けはツイッターhttp://twitter.com/@info_tomomachiで。



映画秘宝連載中の「男の子映画道場」が単行本になりました。
「狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画」です。


町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。

もうじき連載100回になるサイゾーのコラム『映画がわかるアメリカがわかる』はここで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾がスマホのアプリになりました!
iPhone版 Android版


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


集英社WEB連載「町山智浩の深読みシネガイド」



TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」は復活しました!
特電ポッドキャストVol.1〜67
Vol.68〜80
Vol.81〜95

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2008-05-27 シドニー・ポラックの最高傑作は『大反撃』だ

TomoMachi2008-05-27

シドニー・ポラック監督が死んだ。

世間では『追憶』や『トッツィー』が代表作と言われているが、

実は『追憶』以降のポラックは『コンドル』以外はあんまり冴えないのだ。

『ランダム・ハート』『サブリナ』みんなカスだった。

アカデミー賞取った『アウト・オブ・オフリカ』なんて噴飯物の大駄作だ。


ポラックが輝いていたのは劇場用映画デビューしたての頃だ。

『彼らは廃馬を撃つ』の映画化『ひとりぼっちの青春』、

黒人と白人の友情を描くアクション西部劇『インディアン狩り』

それに、ヨーロッパ戦線を幻想的に描いた『大反撃』だ。

D

アメリカ軍の小隊を率いるバート・ランカスターがアルデンヌの森で、

霧の中にたたずむ古城に通りかかる。

その古城の主、伯爵は性的に不能なので、美しい妻とランカスターを寝かせて跡継ぎの子種を得ようとする。

伯爵にとって男のプライドよりも、ヨーロッパの美を集めた城を守ることが至上なのだ。

そこにバルジ大作戦で猛反撃に出たドイツ軍が押し寄せる!

『大反撃』はまるで、おとぎ話のように幻想的で、アンニュイでエロチックでのんびりした奇怪な戦争映画だ。

ユーゴで撮影されたのでナチの戦車はT34がスタンドインを演じているが、

フォルクスワーゲンビートルが水に沈まないことを実際に証明するシーンや、

対空機銃の射撃シーン、ラストの壮絶な城攻めなどには兵器マニアも狂喜した。

D

トランシルバニアの古城に来たナチス・ドイツが吸血鬼と出会う『ザ・キープ』は絶対にこの『大反撃(原題Castle Keep)』に影響されて書かれたと思う。