Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記

町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2008-06-05 トラウマ映画『早春』は「傷だらけの天使」の原点

TomoMachi2008-06-05

ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」は今日から隔週更新になります!

毎週第1・第3木曜日に更新します!

http://enterjam.net/podcast/tokuden/tokuden050.mp3

今回はひさびさの「トラウマ映画館」で、1970年の『早春Deep End』という映画について話します。


監督のイエジー・スコリモフスキーはポーランドでロマン・ポランスキーの『水の中のナイフ』のシナリオを書いた人。『早春』はロンドンで撮影したイギリス映画。スコリモフスキーは最近は俳優としてクローネンバーグの『イースタン・プロミス』でロンドンに住むロシア人を演じている。


主演はジェーン・アッシャー。ポール・マッカートニーの婚約者だった赤毛のモデル。ここではヌードも披露している。

『早春』はロンドンの公衆浴場で働く15歳の少年が同僚のジェーン・アッシャーに恋をするが、彼女は風呂の客と売春したり、主人公の高校の体育教師の愛人だったり、ヌードモデルをしてたりする。

彼女に恋した少年はストーカー行為を繰り返し……という、せつなく悲しく、怖い童貞映画。

テレビドラマ「傷だらけの天使」でショーケンが水谷豊をアイドルの等身大の立て看板と一緒に風呂に入れてやる場面の元ネタだと思われます。