Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記

町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2008-06-21 アイアンマンとベトナム戦争と軍産複合体

TomoMachi2008-06-21

告知し忘れてたけど、今、書店に出ているサイゾーに『アイアンマン』の歴史について書いてます。


「アイアンマンとは軍産複合体そのものである」ロジャー・エバート


1963年、スタン・リーはマーヴェル・コミックスのために新ヒーロー、アイアンマンを創造した。

兵器開発の技術者にして経営者でもある主人公は、当時、アメリカが軍事支援していた南ベトナムに顧問として訪れたところを共産軍に拉致され、アメリカを倒すための兵器を開発するよう強制される。

彼は兵器を作っているように見せかけて、強化装甲服を作り、それを着て共産主義者どもを蹴散らすアイアンマンとなるのであった……。


冷戦の最中に生まれた愛国ヒーロー、アイアンマンは泥沼化するベトナムで、自ら開発した新兵器で大暴れするが、当時のアメリカの世論はベトナム戦争はアメリカによる侵略戦争だという方向に傾いていき、アイアンマンは悪になってしまう。そこで……。


今回の映画版『アイアンマン』で主人公はアフガニスタンでイスラム・ゲリラに拉致監禁されてアイアンマンを開発する。

彼は自分が作ったアメリカ製の武器がアフガン・ゲリラたちに使われているのを見てショックを受けるが、

実は「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」でも描かれたように、後にタリバン、アルカイダになるアフガン・ゲリラにアメリカは実際に武器を供与していたのだ。

また、イランをけん制するためにアメリカはイラクのフセイン政権も支援していたのである。

今回の『アイアンマン』はそういう事実をちゃんと踏まえた物語になっている。


詳しくは『サイゾー』で!

TBSラジオ「コラムの花道」でも話しました。

http://tbs954.cocolog-nifty.com/st/2008/05/527_545b.html


↓あまりにカッコよすぎる『アイアンマン』予告編

D