Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記

町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2008-09-04 メルギブの『アポカリプト』は『裸のジャングル』のパクリ

TomoMachi2008-09-04

毎週木曜日更新(一日遅れました)ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」、今週は先週の続きで「人間狩り」映画の傑作『裸のジャングル』について話します。

http://www.enterjam.com/tokuden.html

↑今回のポッドキャストは40分を越える大作です。

週末にでものんびり聴いてください。

いっきにしゃべってるので口が滑って「レオポルド王はオランダの王様」などと言っていますが、

ベルギーの間違いです。来週には修正しておきます。


19世紀アフリカ、象牙狩りにきた白人ハンターとそのガイドが地元原住民の土地を侵し、無断で象を乱獲したために、原住民を怒らせ、彼らに襲撃されて拉致、拷問される。

ところがなぜかガイドだけは、「お前は逃げていいよ」と解放される。

実は、それは恐怖の人間狩りゲームの始まりだった!

厳しい大自然、襲いかかる猛獣、勇敢で手練れの追っ手たち。

君は生き延びることができるか?


製作監督主演のコーネル・ワイルドはアクション俳優からムービーメイカーに転向した

イーストウッドやメルギブのような俳優兼監督の先駆者だ。

そう、メルギブの『アポカリプト』は、この『裸のジャングル』のほとんどリメイクなのだ!

↓この予告編で、人間狩りゲームが始まってすぐに、投げられた槍をつかんだコーネル・ワイルドが追っ手を刺し殺すシーンがあるが、これは『アポカリプト』でそっくりそのまま完コピされている。

D

ちょこっとメルギブの功績を認めておくと、「裸のジャングル」はもともとアメリカ原住民の風習である「ガントレット」をアフリカ原住民のものとして描いたが、「アポカリプト」で再びアメリカ原住民に戻したということかな。

ただ、『アポカリプト』は人間というものの残虐さを告発して終わっているが、この『裸のジャングル』は残虐さを描いて、さらにその先にまで到達しているのである。