Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記

町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2009-03-08 『マックス・ペイン』と至近距離専用散弾リボルバー

TomoMachi2009-03-08

『マックス・ペイン』観てたら、マーク・ウォールバーグがものすごくシリンダーが長くて銃身の短い奇妙なリボルバーを撃ちまくっていた。


あれはタウルス社製のジャッジという銃で、45口径の普通弾と41口径の散弾が撃てる。

通常、散弾銃の銃身はスムースボアといって、内部がツルツルになっていて、

散弾はただ前方向に押されて飛んでいく。

ところがタウルス・ジャッジは普通の拳銃と同じように銃身内にライフリングが切ってある。

これで散弾を撃つと、散弾は渦を巻くように回転しながら銃口を飛び出し、遠心力でいっきに拡散する。

だから射程距離が極端に短い。

でも、至近距離で襲われた時にきちんと狙わないで撃っても敵に当たりやすい。

なんでも、対カージャック用の護身銃というきわめて狭い用途の銃なんだそうだ。


『マックス・ペイン』は主人公の警察官がものすごいアッパーのドラッグをギンギンに決めて、痛みを感じない無敵状態で撃ちまくるというスカーフェイスな映画だった。

↓マックス・ペイン予告編

D

↓タウルス・ジャッジ

D