Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記

町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2009-03-21 『小説すばる』でケン・ラッセルの『肉体の悪魔』

TomoMachi2009-03-21

小説すばる』に「町山智浩のトラウマ映画館」という連載をしてるんですが、

今、発売中の号でケン・ラッセルの『肉体の悪魔』を扱っています。

[rakuten:book:13157154:detail]


『肉体の悪魔』の原作はオルダス・ハクスレーの『ルーダンの悪魔』という歴史研究書。

『ルーダンの悪魔』はルイ14世時代のフランスの修道院で実際に起きた悪魔憑き事件を、20世紀の視点で冷静に分析した本。

 田舎町ルーダンにやって来たセクシーな司祭(オリバー・リード)は町中の女たちを熱狂させた。

 その熱狂は男子禁制の修道院内にも感染し、なかでも修道院長(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)は一度も会ったことのない司祭に恋焦がれ、彼に犯される淫夢を見るほどだった。

 ところが司祭は極秘にある女性と結婚してしまった。司祭のファンたちは嫉妬に狂い、精神の均衡を失う。

 中央政府は、それが女性たちの性的欲求不満による集団ヒステリーだと知っていたが、権力を持ちすぎた司祭を葬るために政治的に利用する。

 司祭が悪魔に魂を売って、修道女たちに悪魔を取り付かせたのだと。

 そして、政治ショーとしての悪魔祓いと魔女狩り裁判が始まる。


ヴァネッサ・レッドグレーヴの淫夢シーン

D

いわゆる「聖痕」がどのようにしてできるのかを見事に表現している名シーン。


先日、スキー事故で亡くなったナターシャ・リチャードソンは、このヴァネッサ・レッドグレーヴと、映画監督トニー・リチャードソンの娘。トニー・リチャードソンはジャンヌ・モローと浮気したことでヴァネッサから離婚された。でも、リチャードソンはバイセクシャルでもあって、エイズで死亡した。レッドグレーヴはその後、フランコ・ネロと結婚した。

ナターシャはケン・ラッセル監督の『ゴシック』で『フランケンシュタイン』を書いたメアリ・シェリーを演じて売り出した。


『肉体の悪魔』は08年にワーナー・ブラザーズからノーカット版のDVDが出る予定だったが、

直前になって、内容が反カソリック的であることにビビったワーナーが発売を中止した。

(劇場公開用にカットされたバージョンはVHSで過去に発売されています)


小説すばる』の連載では、同じルーダンの悪魔憑き事件を元にしたポーランド映画『尼僧ヨアンナ』および、明らかにルーダンの史料を基にして書かれた『エクソシスト』の関連について分析しています。

『尼僧ヨアンナ』の悪魔祓いシーン。ルーダンでも実際に観客を呼んで「見世物」として行われた。

D