Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記


音声ファイルの有料ダウンロード「町山智浩の映画ムダ話」。
先日亡くなったアッバス・キアロスタミ監督を追悼します。

上記は、STORES.jpのオンラインストアを借りて運営しています。
メールが届かない、表示されない、ダウンロードできない等すべての技術的なトラブルは
「お問い合わせフォーム」ではなく、STORES.jpにメールhello@stores.jpか、
直接電話03-6455-1391(受付時間 平日10:00〜18:00)にお問い合わせください。
告知やリクエストの受け付けはツイッターhttp://twitter.com/@info_tomomachiで。




映画秘宝連載中の「男の子映画道場」が単行本になりました。
「狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画」です。


町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。

もうじき連載100回になるサイゾーのコラム『映画がわかるアメリカがわかる』はここで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾がスマホのアプリになりました!
iPhone版 Android版


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


集英社WEB連載「町山智浩の深読みシネガイド」



TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」は復活しました!
特電ポッドキャストVol.1〜67
Vol.68〜80
Vol.81〜95

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2009-06-21 戦争煽動を認めたメディア王ルパート・マードック

毎週日曜夜11時からTokyo Mx テレビ「松嶋×町山 未公開映画を観るテレビ」、

今夜は、世界を支配するメディア王ルパート・マードックのプロパガンダTV「FOXニュース」の世論操作の実態を暴く「アウトフォックスト」の後編です。

http://en.wikipedia.org/wiki/Fox_News_Channel_controversies


マードックがFOXニュースを使って国民にブッシュ政権を支持させ、イラク戦争を煽動したことは陰謀論でも何でもなく、マードック本人が認めた事実です。

2007年のワールド・エコノミック・フォーラムで本人が「イラク戦争賛成の世論を形成しようとした」とはっきり認めたときのビデオがこれです。

D

アニメ「ザ・シンプソンズ」ではマードックのコネを使ってイギリスのブレア首相(当時)に本人の声をアテさせ、ブレアへの影響力を示しただけではなく、マードック自身が自分の声をアテて「私がメディアの世界支配を企むマードックじゃー」というセリフを言っています。


「007トゥモロー・ネバー・ダイ」の悪役は、中国に衛星テレビで進出するために中国と英国の間に戦争を起こさせて、それを中継しようとするメディア王ですが、あれはマードックがモデル。

実際にブレアとブッシュにイラク戦争を起こさせて、それを中継することでFOXニュースはCNNを抜いて視聴率ナンバーワンの座を奪うことができた。

ブッシュ政権に都合のいいニュースしか流さなかったように、現在は中国政府に都合のいいニュース以外は流さないことで、世界最大の市場中国のテレビを支配しようとしている。


また、2008年の大統領選挙時にはFOXニュースで激しいオバマ批判を繰り返した。オバマはテロリストだのイスラム教徒だの非アメリカ国民だの反白人主義者だのデマばかり流した。

そのいっぽうでマードックはオバマに対してインタビューを申し込み、反論ができる場を与えようと説得した。オバマが出演すればFOXニュースは圧倒的な視聴率を獲得できるし、オバマが当選すれば恩を売ることもできるからだ。オバマはマードックと極秘に直接面談し、出演の気があることを示した。すると翌日からFOXニュースはオバマへの誹謗中傷が突然ストップした。これはFOXニュースが公平で独立したメディアではなく、マードックの意向どおりに動く世論操作マシーンであることの証明だった。

オバマは結局、FOXニュースには出演せず、現在FOXニュースは激しいオバマ攻撃でブッシュ支持率と共に失った視聴率を取り戻した。


マードックはヒラリーの上院議員選挙時にNYポストを使ってヒラリーを支持したこともある。

つまり勝ちそうな方、権力を握りそうな方に、左右を問わずに近寄って自分の懐に抱え込もうとするのだ。たとえばブレア首相は当初リベラルで反サッチャーで、マードックが所有するタイムズ紙やサン紙と反対のポリシーだったが、マードックに懐柔されていっきに右傾化した。

だからマードックは単なるメディア王ではなく、世界の政治を実際に操る男の一人なのだ。