Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記

町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2009-11-20 味の素と協和発酵とマット・デイモンとブルセラ

本日午後3時からTBSラジオ「キラ★キラ」では、『インフォーマント!』という映画の話をします。

f:id:TomoMachi:20090701215150j:image


これは90年代に味の素と協和発酵などが談合でFBIに摘発された事件を基にしています。

彼らの闇カルテルの証拠となったのは、談合の現場を隠し撮りしたビデオだった。

そのビデオを撮影したのは、首謀者であるADMの経営者の一人、マーク・ウィテカーだった。


この映画では、FBIのインフォーマント(内通者)となったウィテカーをマット・デイモンが演じる。

こう書くと、大企業の犯罪を告発するヒーローを描いた、社会派実録映画のようだ。監督は『エリン・ブロコビッチ』のスティーブン・ソダーバーグだし。

実際、ウィテカーを使ったFBIの捜査官たちも、彼をまともな人間だと信じていた。生化学の博士だし、大企業の重役だし。


ところが、ウィテカーは支離滅裂な男だった。


『インフォーマント!』はそのビックリマークでわかるようにビートルズの『HELP!』と同じ、ハチャメチャ・コメディなのだ。

D

この映画で最高にかっこいいのはマーヴィン・ハムリッシュの音楽。

なんちゃってジョン・バリーというか、ふざけた007というか、おちゃらけラウンジで、もう最高。


今、発売中の『サイゾー』にも、この事件について書いてます。

サイゾー 2009年 12月号 [雑誌]

サイゾー 2009年 12月号 [雑誌]

Connection: close