Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記


音声ファイルの有料ダウンロード「町山智浩の映画ムダ話」。
先日亡くなったアッバス・キアロスタミ監督を追悼します。

上記は、STORES.jpのオンラインストアを借りて運営しています。
メールが届かない、表示されない、ダウンロードできない等すべての技術的なトラブルは
「お問い合わせフォーム」ではなく、STORES.jpにメールhello@stores.jpか、
直接電話03-6455-1391(受付時間 平日10:00〜18:00)にお問い合わせください。
告知やリクエストの受け付けはツイッターhttp://twitter.com/@info_tomomachiで。




映画秘宝連載中の「男の子映画道場」が単行本になりました。
「狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画」です。


町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。

もうじき連載100回になるサイゾーのコラム『映画がわかるアメリカがわかる』はここで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾がスマホのアプリになりました!
iPhone版 Android版


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


集英社WEB連載「町山智浩の深読みシネガイド」



TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」は復活しました!
特電ポッドキャストVol.1〜67
Vol.68〜80
Vol.81〜95

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2011-03-20 ZAKZAK反日記事のソースを調べてビックリ

日本時間の午前2時頃、僕のツィッターに@MdMdTmsという人から、以下のような質問がありました。

@TomoMachi この記事にある「反日感情が高まってる」というのは、本当に同情が吹き飛んでる感じなのでしょうか?日本ではオバマさんが大使館で記帳するニュースやってたのに… http://ow.ly/4hfo2 【米“放射能パニック”隠蔽政府にヒラリー激怒「信用できない」】

↓こういう記事でした。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110318/plt1103181529003-n1.htm

これに対して僕は、「アメリカで反日感情など高まっていません。在米の皆さん、そうですよね?」とツィートしました。

すると、在米だけでなく、世界中に住む人々から、以下のように答えが返ってきました。

↓まとめ

http://togetter.com/li/113271


 ZAKZAKの記事は、いくつも問題があります。

 まず、1行目「原発の事故を受け、米国内で『反日感情』が高まりつつある」という書き出しですが、本文、「反日感情」の高まりの例がどこにもない。あるのは以下の1文のみ。

米国在住のジャーナリストは「ホワイトハウスや議会で連日、日本の原発危機に関する会議や公聴会が開かれているが、『日本政府や東電は情報を隠蔽している』『混乱して無政府状態』といった反応ばかり。かなり緊迫している。これを放置すると、反日感情がさらに高まる」と警告する。

「米国在住のジャーナリスト」って誰?

 どこにもソースは示されない。


 次に、こんな文章。「今週に入り、米政府やメディアは総じて日本に厳しい。悲惨な大震災への同情はどこかに吹き飛んでしまった。」

 この文章もまったく例証されていません。

 それに、たとえ厳しい論調があるにせよ、それは日本政府の対策に対する苛立ちであって、それで日本と日本人に対する同情が吹き飛ぶはずがありません。政府の対策がダメで被害を被っているのは国民だからです。


 また、「放射能パニック隠蔽政府にヒラリー激怒」「ヒラリーが菅首相に強い不快感」と書かれていますが、同種の記事は英語サイトで検索しても見つかりませんでした。ヒラリーがテレビで言ったとする発言も「日本の情報が混乱していて信用できない」「米国独自の調査で判断する」だけで、首相への直接批判ではありません。


 要するに、この記事は、現政権を罵倒したいがために、「世界から日本が嫌われてるぞ」と孤立感を煽り、反米意識も煽っているだけなのです。しかし、たとえ弱いキャプテンであっても今はみんなチームとなって彼を助けて危機を乗り切らなければならない時です。それを、このような記事で、チームワークを引き裂き、日本を助けようとしている世界に対する疑心暗鬼をばら撒いて何になるのでしょう。これこそ反日行為以外の何物でもありません。


このZAKZAKの記事のなかで唯一ソースが示されているのは、↓この部分だけです。

「日本の指導者の欠陥が危機感を深める」

 ニューヨーク・タイムズ紙は16日、こんな強烈な見出しで、菅首相が臨機応変の対応力や官僚機構と円滑な協力関係に欠けるため、国家的危機への対処を大幅に弱くしている、と指摘した。

 これだけ読むと、アメリカ国内で、首相への批判が高まっているという内容の記事だと思うでしょう。

 ところが、この記事の原文はこれです。↓

http://www.msnbc.msn.com/id/42114871/ns/world_news-asia-pacific/from/toolbar

http://www.nytimes.com/2011/03/17/world/asia/17tokyo.html

 これは、東京在住のヒロコ・タブチ、ケン・ベルソン、ノリミツ・オーニシという三人の記者が、日本国民の間で政権に対する不満が高まっていることを日本から報告した記事なのです!

 つまりZAKZAKは、「日本国民の間で政権への不満が高まっている」という日本からのレポートの見出しを「アメリカで反日感情が高まっている」ことの例に使ったのです。

 ここまでやっても犯罪にはならないんですね。

さらに、読売の「首相がヒラリーからの冷却剤断った」という報道もデマでした!

小飼弾さんの検証 http://bit.ly/hSoTGv

ロイターの記事には「首相が断った」とはどこにも書いてません。「必要としなかった」と書いてあるだけです。 http://reut.rs/eGVYnO

必要としない理由は、福島原発の冷却剤はただの水だからです。アメリカから送る意味ありません。

では、ヒラリーが提供しようとした「冷却剤」とは何か? 疑問が残りますが、冷却剤に混ぜるホウ酸の支援は断らずに各国から受け付けています。