Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記


音声ファイルの有料ダウンロード「町山智浩の映画ムダ話」。
庵野秀明総監督『シン・ゴジラ』について。

告知やリクエストの受け付けはツイッターhttp://twitter.com/@info_tomomachiで。



映画秘宝連載中の「男の子映画道場」が単行本になりました。
「狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画」です。


町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。

もうじき連載100回になるサイゾーのコラム『映画がわかるアメリカがわかる』はここで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾がスマホのアプリになりました!
iPhone版 Android版


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


集英社WEB連載「町山智浩の深読みシネガイド」



TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」は復活しました!
特電ポッドキャストVol.1〜67
Vol.68〜80
Vol.81〜95

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2011-05-09 ブラックスワンonパーフェクトブルー

ダーレン・アロノフスキー監督の「ブラック・スワン」には、今敏監督の「パーフェクト・ブルー」に似たシーンが多く見受けられます。

電車の窓にヒロインが映るシーン

f:id:TomoMachi:20110512101900j:image

f:id:TomoMachi:20110512101901j:image

壁に貼られたヒロインの絵が動くシーン

f:id:TomoMachi:20110512101157j:image

他にも、夜道ですれ違うシーン、鏡の破片で×××というシーン、その他いろいろありますが、このスライドがわかりやすいです。↓

http://www.mythoman.com/post/2858799810/black-swan-vs-perfect-blue

「ブラックスワン」は「パーフェクトブルー」をきれいに裏返した構造になっています。

パーフェクトブルー」では、清純派アイドルが汚れ役を演じる時に「白い」清純派としての自分に苛まれ、演じてるドラマと現実の区別がつかなくなっていきます。ヒロインが人格分裂(以下白字)したのではないかと思わせますが、実は彼女のマネージャーが「白い自分」であることが判明。最後に鏡の破片でマネージャーは倒れます。

ブラック・スワン」では、清純なバレリーナが黒鳥を演じる時に「黒い」代役に追い詰められ、演じる「白鳥の湖」と現実の区別がつかなくなっていきます。(以下白地)やはり鏡の破片を使って代役を倒すと、実はそれは人格分裂した自分だったと判明します。

ダレン・アロノフスキー監督は「パーフェクト・ブルー」のリメイク権を買っているそうです。

↓これは「ブラック・スワン」の予告編に「パーフェクトブルー」の映像をはめたものです。

D

そのほか、「ブラック・スワン」は「赤い靴」「イブの総て」「反撥」などを参照していますが、過去の名作を消化してアロノフスキー自身のオリジナルな作品にまとめあげた傑作なので、礼儀として、先頃亡くなった今敏監督へのリスペクトのある一言さえあればよかったのに、と思います。