Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記


音声ファイルの有料ダウンロード「町山智浩の映画ムダ話」。
庵野秀明総監督『シン・ゴジラ』について。

告知やリクエストの受け付けはツイッターhttp://twitter.com/@info_tomomachiで。



映画秘宝連載中の「男の子映画道場」が単行本になりました。
「狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画」です。


町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。

もうじき連載100回になるサイゾーのコラム『映画がわかるアメリカがわかる』はここで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾がスマホのアプリになりました!
iPhone版 Android版


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


集英社WEB連載「町山智浩の深読みシネガイド」



TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」は復活しました!
特電ポッドキャストVol.1〜67
Vol.68〜80
Vol.81〜95

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2011-10-28 「シビル/私の中の16人」の真相

f:id:TomoMachi:20111028122142j:image:left

TBSラジオ「キラキラ」毎週金曜日午後3時から、町山智浩はレギュラー出演しています。

本日は、16重人格で知られた「シビル/私のなかの16人」(改訂版の書名は「失われた私」)の真実に迫る本『暴かれたシビル』についてお話します。


放送の中で、「ビリー・ミリガンの本はアメリカでは法的に問題で、出版されてない」と言っていますが、これはダニエル・キイスが書いた『ビリー・ミリガンと23の棺』のほうで、『24人のビリー・ミリガン』は普通に売られています。わかりにくくてすみません。


この本の前にフランスの研究家がシビルの本名をつきとめていたという件のソースはこれです。

http://www.startribune.com/lifestyle/132640878.html

The real story about Mason surfaced thanks to two French medical researchers who stumbled on a letter that listed Sybil's real name and address, information that enabled them to determine that she died in 1998 at age 75. Arguing that patient privacy rules no longer applied, they petitioned for her medical records to be unsealed. Late in 2001, they were granted access to the files.

They wrote a book challenging the concept of MPD but devoted only one chapter of it to Mason. Plus, the book has never been translated into English. Nathan felt there was a need for a bigger story, and not just for its sensationalism.