Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記

町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2015-04-11 映画ムダ話で『ジャッキー・ブラウン』

f:id:TomoMachi:20150411083732j:image:w360:left

音声ファイル「町山智浩の映画ムダ話」、今回は、クエンティン・タランティーノ監督の『ジャッキー・ブラウン』(97年)です!

https://tomomachi.stores.jp/#!/items/552935af2b3492e0f8002da0

f:id:TomoMachi:20150412024308j:image:medium:left

44歳のスチュワーデス、ジャッキー・ブラウン(パム・グリア)は、銃密売人オーディルの金をメキシコからロサンジェルスに運ぶ運び屋をやっていた。ATF(酒・たばこ・銃器取締局)に逮捕された彼女は、減刑の代わりにオーディル逮捕に協力することになる。オーディル(サミュエル・L・ジャクソン)が次にジャッキーに命じたのは50万ドルの大金を運ぶ仕事だった。


レザボア・ドッグス』『パルプ・フィクション』の大胆な時間軸の再構成と血みどろのバイオレンスで世界的に注目されたタランティーノは、この三作目で、その二つを自らに禁じて、渋い大人のドラマを作り上げた。

何が彼をそうさせたのか?

彼はこの映画で何をやろうとしたのか?

その鍵は、ジャッキー・ブラウンという名前と、『パルプ・フィクション』のステーキに隠されている。

70分 200円

D