Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記


音声ファイルの有料ダウンロード「町山智浩の映画ムダ話」。
庵野秀明総監督『シン・ゴジラ』について。

告知やリクエストの受け付けはツイッターhttp://twitter.com/@info_tomomachiで。



映画秘宝連載中の「男の子映画道場」が単行本になりました。
「狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画」です。


町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。

もうじき連載100回になるサイゾーのコラム『映画がわかるアメリカがわかる』はここで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾がスマホのアプリになりました!
iPhone版 Android版


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


集英社WEB連載「町山智浩の深読みシネガイド」



TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」は復活しました!
特電ポッドキャストVol.1〜67
Vol.68〜80
Vol.81〜95

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2015-11-13 川本三郎先生と文春トークライブ「アメリカ映画が最高にエキサイティ

私、町山智浩が映画評論で多大な影響を受けた川本三郎先生とトーク・ライブを行います。

f:id:TomoMachi:20151113011103j:image:w360:left

〈文春トークライブ〉川本三郎×町山智浩

「アメリカ映画が最高にエキサイティングだったころ」

1967年「俺たちに明日はない」から「卒業」「ワイルドバンチ」「イージー・ライダー」「M★A★S★H」「激突!」「ゴッドファーザー」「ダーティハリー」そして76年の「ロッキー」「スター・ウォーズ」「タクシードライバー」まで、映画史に残る傑作が次々に公開されていたアメリカ映画最高の10年間について、当時子どもだった町山が、川本三郎先生にその体験をうかがいます。

日時 12月21日(月)開場18:00/開演19:00

場所 文藝春秋西館地下ホール(定員300名)

〒102-8008 東京都千代田区紀尾井町3番23号(地図)

入場料 [前売]4,400円(税込)(全席指定)

申し込みはここから↓

https://form.bunshun.jp/webapp/wish/org/showEnquete.do?enqueteid=228&clientid=16001&databaseid=lrx


値段が4400円と高めなのは、ふだんの文春トークライブ↓の値段よりも破格に安くできなかったからだそうです。

http://www.bunshun.co.jp/info/150807/


申し訳ないので、当日は入場者全員の方にプレゼントすることにしました。

町山智浩文藝春秋社から出した著作(下記リストをご参照ください)のなかからどれか1冊を会場で差し上げます。

どの本がいいか事前に選んでおいてください。会場で入場券とお引き換えになります。ご希望の方には町山がサインもさせていただきます。

キャプテン・アメリカはなぜ死んだか (文春文庫)

キャプテン・アメリカはなぜ死んだか (文春文庫)

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない (文春文庫)

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない (文春文庫)

知ってても偉くないUSA語録

知ってても偉くないUSA語録

車椅子のお席もご用意いたします。お申込み時にその旨お書きください。

イベント当日、開場時から若干数の当日券=4,800円(税込)を販売する予定です。