Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記


音声ファイルの有料ダウンロード「町山智浩の映画ムダ話」。
庵野秀明総監督『シン・ゴジラ』について。

告知やリクエストの受け付けはツイッターhttp://twitter.com/@info_tomomachiで。



映画秘宝連載中の「男の子映画道場」が単行本になりました。
「狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画」です。


町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。

もうじき連載100回になるサイゾーのコラム『映画がわかるアメリカがわかる』はここで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾がスマホのアプリになりました!
iPhone版 Android版


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


集英社WEB連載「町山智浩の深読みシネガイド」



TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」は復活しました!
特電ポッドキャストVol.1〜67
Vol.68〜80
Vol.81〜95

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2017-02-09 税金に詳しい方のお知恵を御貸しください

税金について、わからないことがあります。

お知恵を御貸しいただけますと幸いです。

A氏が、2004年3月の雑誌の記事で

以下のようなことを書いているのですが、どうもおかしいと思ったのです。


1993年から投資を始め、父の10数億円の借金を3年で返済したうえに、その後100億円の資産を築いた

f:id:TomoMachi:20170208161155j:image

これがおかしいと思うのです。

でも、私はど素人なので、とんでもない勘違いをしているかもしれません。

根本的な、非常に初歩的な間違いをしているかもしれません。

間違いがあれば、ご指摘願いたいのです。

以下に自分の計算を記します。


これはつまり、借金返済後の96年から2003年までの8年間で、株投資で稼いで100億円の資産が残ったということになります。

年平均すると、税引き後の純益が12.5億円ずつあったことになります。

つまり税引き前の収入は、税率を45%だとすれば、年平均22.7億円の計算になります。

つまり年平均10.2億円納税していたはずです。

もちろん納税額が少ない年や、多い年もあったでしょう。

それでも、この8年の間に、一回以上は10億円以上納税していたに違いありません。


2004年までは上位百人の高額納税者が公表されていました。

ネットでは98年以降のリストが見つかりました。

1998年 http://sanbou.net/htm/syotoku/n1998.htm

1999年 http://sanbou.net/htm/syotoku/n1999.htm

2000年 http://sanbou.net/htm/syotoku/n2000.htm

2001年 http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Screen/7723/06j/ba.htm

2002年 http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Screen/7723/06j/ba02.htm

2003年 http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Screen/7723/06j/ba03.htm

2004年 http://www.geocities.jp/glay_inui/nouzei.html


ところが、このリストのどこにもA氏の名前は見つかりません。

しかも、10億円以上の納税者(推定年収20億円以上)の人はごくごく少ないのです。

2000年には10人いましたが、

不景気のせいか、2004年にはたった2人まで減ります。


A氏が話を盛っていて、実際の資産額は、そうですね、たとえば半分の50億円だったとします。

すると、税率45%だと年平均の納税額は5億円くらいになります。

(追補:キャピタル・ゲインの税率は20%では?とのご指摘をいただきました。

 すると年平均の納税額は3憶1千万円くらいになります)


たとえ、そうだとしても、このリストにランキングされるはずです。

なぜなら、だいたい納税額2億8千万円以上で100位以内に入るからです。

ところが毎年、100位まで見ていっても、A氏の名前はどこにもありません。


もし、資産100億円が本当だとして、何らかの方法でうまく税金を払わないでいたとします。

高額納税者のトップ20人くらいはソフトバンクの孫氏やマクドナルドの藤田氏、ユニクロの柳井氏などの誰でも知っている大物ばかりが並んでいますが、彼らも毎年納税額が10億円を超えるわけではなく、たいていはそれ以下です。

A氏(31歳)がこの8年間に100億円の資産を築いたなら、柳井氏らよりはるかに凄いことになります。

ところが、先のインタビュー記事以外に、彼の100億円について報道された記事がありません。

また、資産百億円もあるのに、今は、TVのコメンテイターやブログでせっせと稼いでいるのが不思議です。

素人考えですが、以上から考察して、このA氏の「96年から2004年3月までに株投資で100億円の資産を築いた」は事実である可能性が低いのではないか、と思っています。

皆さんのお考えは、いかがでしょうか?

ご意見をお聞かせください。

ツイッター @TomoMachi までお知らせください。