Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記


音声ファイルの有料ダウンロード「町山智浩の映画ムダ話」。
庵野秀明総監督『シン・ゴジラ』について。

告知やリクエストの受け付けはツイッターhttp://twitter.com/@info_tomomachiで。



映画秘宝連載中の「男の子映画道場」が単行本になりました。
「狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画」です。


町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。

もうじき連載100回になるサイゾーのコラム『映画がわかるアメリカがわかる』はここで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾がスマホのアプリになりました!
iPhone版 Android版


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


集英社WEB連載「町山智浩の深読みシネガイド」



TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」は復活しました!
特電ポッドキャストVol.1〜67
Vol.68〜80
Vol.81〜95

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2016-11-11 追悼レナード・コーエン「ザ・フューチャー」訳詞

ドナルド・トランプ当選の翌日、歌手レナード・コーエンが亡くなった。

ナチュラル・ボーン・キラーズ』のエンディングに流れる彼の「ザ・フューチャー」の歌詞はトランプ当選の夜を予言する黙示録のようだ。

D

あの砕かれた夜を返せ

私の鏡に映った部屋を

私の秘密の生活を

ここは孤独だ

拷問する者すら残っていない

生きとし生ける魂の

完全なコントロールをくれ

そして私に添い寝してくれ 愛する人よ

これは命令だ!


私にクラック・コカインとアナル・セックスをくれ

一本だけ残った木を取って

お前の文化の穴に

それを突っ込んでくれ


ベルリンの壁を返せ

スターリンと聖パウロを返せ

私はずっと未来を見てきたんだ 同胞よ

未来は殺人だ


地すべりしていく あらゆる方向にすべっていく

何もできない

もはや何も判断できない

ブリザードだ 世界のブリザードは

すでにその域を越えて

魂の秩序をひっくり返してしまった


悔い改めよ、悔い改めよと彼らが言っても

彼らが何を意味しているのかわからない

悔い改めよ、悔い改めよと彼らが言ったが

彼らが何を意味しているのかわからない


風に聞いても、君には僕を理解できない

これからも 今までも

私はただのユダヤ人だ

聖書を書いただけのね


私はさまざまな国家の興隆と滅亡を見てきた

私は彼らの歴史を聞いてきた すべてをね

だが、愛だけが生き残るためのエンジンなんだ

私は君のしもべだ 年老いてしまったが


はっきり言ってしまえば 冷たく言ってしまえば

すべては終わってしまった

この先は行き止まりだ

今、天国の車輪は止まった

悪魔の群れが駆けてくるのを感じるだろう

未来に備えるんだ

それは殺人だから


地滑りは続く

古の西欧の慣習は破られる

人々の私生活は突如、破壊される

亡者どもが現れ

道路が炎に包まれ

白人は踊り狂う


一人の女性が逆さに吊られているのが見えるだろう

彼女の顔は垂れ下がったガウンで隠されている

汚く小さな詩人どもが集まって

チャールズ・マンソンのように歌い

白人は踊り狂う


ベルリンの壁を返せ

スターリンと聖パウロを返せ

キリストを返せ

ヒロシマを返せ

またひとつ胎児を破壊しろ

なぜか子どもは嫌いなんだ

私はずっと未来を見てきた

それは殺人なんだ

2016-09-14 映画ムダ話で『シン・ゴジラ』

f:id:TomoMachi:20160902200534j:image:w260:left町山智浩の映画ムダ話35 庵野秀明総監督『シン・ゴジラ』(2016年)。 構想なんと33年? さらにその原点は1971年7月? 「スクラップ&ビルド」で終わるもうひとつの特撮映画とは? 牧博士はなぜ『春と修羅』を遺したのか?

「総監督」という言葉が日本映画史を変える?

\200 税込

https://tomomachi.stores.jp/items/57cc3f1000d33165490099ec

2016-08-30 映画ムダ話で『パリ、テキサス』解説

f:id:TomoMachi:20160829134547j:image:w360:left

映画ムダ話ヴィム・ヴェンダース監督『パリ、テキサス』(84年)。

https://tomomachi.stores.jp/items/57c6d0a0a458c054d90021bc

荒野に突然現れた男(ハリー・ディーン・スタントン)。4年間疾走していた彼は一人息子を別れた妻(ナスターシャ・キンスキー)に届けようとする……。

なぜ、あのような結末になったのか?

なぜ、夫婦の再会の場がのぞき部屋なのか?

『ベルリン天使の詩』(87年)はこの映画へのアンサーだった!

スピルバーグの『宇宙戦争』との共通点は?

トラヴィスは4年間どこにいたのか?

トラヴィスは幽霊か宇宙人に拉致されたのか?

2016-08-29 町山智浩 WOWOW映画塾! 9月19日(月・祝)

町山智浩 WOWOW映画塾!9月19日(月・祝)13:30 開場

アクション映画ヒーロー特集

マックィーン、ベルモンド、ブロンソン、アラン・ドロン

60年代生まれの映画少年を熱狂させたアクション映画ヒーローたちへの思いを語ります!

f:id:TomoMachi:20160828134449j:image:w300f:id:TomoMachi:20160828134447j:image:w290:left

チャールズ・ブロンソン『狼の挽歌』(1970年)

─うーんマンダム! ブロンソンの純情バイオレンス!

アラン・ドロン『サムライ』(1967年)

─巨匠J・P・メルヴィルが描く無口な殺し屋の美学!

f:id:TomoMachi:20160828134445j:image:w300f:id:TomoMachi:20160828140940j:image:w300:left

ジャン=ポール・ベルモンド『リオの男』(1964年)

インディ・ジョーンズの原点はこれ! 全編スタントなしの次から次のアクション、またアクション!

スティーヴ・マックィ―ン 『ハンター』(1980年)

─スティーブ・マック―ンが挑んだ現代の賞金稼ぎ!

料 金

(当日券・前売券ともに)=一般2,500円/学生1,900円/高校生1,000円/ユーロスペース会員2,200円

◆会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員 ◆当日券は開演1時間前より販売◆全自由席(178席) ◆券面記載の整理番号順に入場

http://eurolive.jp/

2016-07-31 1コマでわかるトランプとヒラリーの現状認識の違い

f:id:TomoMachi:20160731101410j:image:left

“Two Views” by Joe Heller

二人の大統領候補の指名受託演説から、1コマでわかるトランプとヒラリーの現状認識の違い

上から読むとトランプの現状認識

事態は悪化している

説得しようとするな

アメリカの未来は明るいなんて

世間をよく見れば

怒りと憎しみに満ちている

たとえ

我々はそんな国では

ないとしても

恐れるべきだ

犯罪とテロと不法移民問題を

対処しなければならない

信じてほしい

恐怖は

強大だ

希望よりも

なぜなら

我々は楽観できない

だから私は決して口にしない

「アメリカには壁ではなく橋こそが必要だ」などと。

下から読めばヒラリーの現状認識

アメリカには壁ではなく橋こそが必要なのです

だから私は決して言いません

楽観的になるな、などとは

なぜなら

希望は

偉大なものです

恐怖よりも

信じてください

対処しなければなりません

犯罪とテロと不法移民問題を

恐れるべきでしょう

でも

我々はそんな国ではありません

たとえ

状況が怒りと憎しみに満ちていても

状況をよく見てください

アメリカの未来は明るいのです

だから私を説得しようとしないでください

事態は悪化しているなんて

2016-07-18 映画ムダ話でアッバス・キアロスタミの虚実皮膜

f:id:TomoMachi:20160717112802j:image:w360:left

有料音声ファイル「町山智浩の映画ムダ話」、今回は先日亡くなったイランの映画監督アッバス・キアロスタミの『10話』と『クローズ・アップ』を中心にドキュメンタリーとフィクションの境界線をもてあそぶキアロスタミの虚実皮膜の世界について解説します。

https://tomomachi.stores.jp/items/578c467041f8e863730058a2

D

2016-07-12 たまむすびで『ゼロ・デイズ』

f:id:TomoMachi:20160711125608j:image:w360:left

TBSラジオ「たまむすび」、本日午後3時からの「町山智浩アメリカ流れ者」では、アメリカのサイバー秘密兵器「スタックスネット」の恐怖を描くドキュメンタリー映画『ゼロ・デイズ』を紹介します。

D