Hatena::ブログ(Diary)

映画評論家町山智浩アメリカ日記


音声ファイルの有料ダウンロード「町山智浩の映画ムダ話」。
庵野秀明総監督『シン・ゴジラ』について。

告知やリクエストの受け付けはツイッターhttp://twitter.com/@info_tomomachiで。



映画秘宝連載中の「男の子映画道場」が単行本になりました。
「狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画」です。


町山智浩の映画解説リストです。
現在約800本の映画が50音順に整理され、解説へのリンクが貼られています。
お探しの映画解説はたいていここで見つかると思います。


週刊文春の連載「言霊USA」はオンラインで読めます。

もうじき連載100回になるサイゾーのコラム『映画がわかるアメリカがわかる』はここで読めます。


町山智浩のWOWOW映画塾がスマホのアプリになりました!
iPhone版 Android版


町山智浩のWOWOW映画塾、YouTubeで観られます!

町山智浩の映画塾2(101〜200)

町山智浩の映画塾3(201〜)


集英社WEB連載「町山智浩の深読みシネガイド」



TBSラジオ『たまむすび』に毎週火曜日午後3時から出演中です。


過去のたまむすび

「キラ☆キラ」はYouTubeに残ってます

ポッドキャスト「町山智浩のアメリカ映画特電」は復活しました!
特電ポッドキャストVol.1〜67
Vol.68〜80
Vol.81〜95

ロフトプラスワンでタランティーノと公開飲み会(無修正)

2004-10-15 チーム・アメリカ」のテーマその2

TomoMachi2004-10-15

「エンターテイメント・ウィークリー」にジリアン・フリンによるトレイとマットのインタビューが出たので結末の部分だけ訳そう。何よりもまず俳優たちへの怒りが「チーム・アメリカ」のモチベーションだったことがわかる。


マット・ストーン 「チーム・アメリカ」はものすごくアメリカ万歳な映画だと思ってるよ。アメリカはたしかにヒドイところもいっぱいあるけど、それを含めたうえで、「アメリカってFucking Cool(クソったれで最高)じゃん!」ってことだよ。あっち側にはブッシュのせいで世界が滅びるって言ってる人たちがいて、反対側にはマイケル・ムーアのせいで世界がダメになるって言ってる人たちがいる。でも、別に世界の終わりじゃないと思うんだよ。そんなにヒドイ事態じゃないと思うんだ。


トレイ・パーカー 最初のシナリオを書き上げたのはイラク戦争が始まる前だったんだ。その段階ではただチーム・アメリカとアレック・ボールドウィン率いる左翼俳優たちが戦う話だったんだ。俳優たちはホワイトハウスを乗っ取ってアメリカを外国に売り渡そうとするんだ。ボールドウィンはバカなことを言ったからだよ。彼は(ブッシュが大統領になったら)フランスに移住するって言ったのさ。その後、イラク戦争が始まって他の俳優たちが出てきたから、こりゃいいや、と思ってね(「チーム・アメリカ」で売国奴として殺される俳優たちはイラク攻撃に反対してホワイトハウスに送られた嘆願書に署名した俳優たちである)。


マット・ストーン 僕らが実際「チーム・アメリカ」でいたぶったのは、テレビのニュース番組に出たことのある俳優たちだ(ボールドウィンはCNNの政治討論番組『クロスファイア』に出演した)。芸能人が反戦コンサートを開いたり、反戦歌を歌ったり、反戦Tシャツを着るのはいいとしてもニュース番組に出るのはかなり違うと思うんだ。でも、MSNBCにジャニーニ・ガロファーロが出演してイラク攻撃について語ったりしただろ。そんなことをしてる俳優は誰かに笑われるのを覚悟するべきだ。僕は言論の自由を否定してるわけじゃないよ。ただ「クロスファイア」には出るなと言ってるだけさ。


トレイ・パーカー ショーン・ペンから抗議の手紙をもらったよ。こんな内容だった。「僕のことを映画の中で笑い者にするのはかまわない。でも、投票に行くななんて言わないでくれ。戦争で罪もない子供たちが殺されてる時に」それにこんなことも書いていた。「君たちがよければ、僕がイラクに連れて行って(アメリカが何をしたか)見せてあげよう」まったく、僕らが映画の中でからかった通りの人だよ、ショーン・ペンは。でも、僕らは彼をもっと怒らせるつもりなんだ。「コナン・オブライエン・ショー」に出演する時、ペンの手紙を1.5メートル四方に拡大して笑いものにするつもりなんだ。バカめ!って感じだよ。もっとバカをさらしてやる。


マット・ストーン 俳優たちはずっと映画に出てる間に、自分たちが貴族かなんかみたいにカン違いしちゃったんだ。自分は何でも知ってるつもりになっちゃったんだ。たしかにハリウッドでスポットライトを浴びるとのぼせ上がっちゃうよね。だってオレらもそうだったもん(オスカーにノミネートされて赤絨毯を歩いた時)。「今のご気分は?」ってマイクを向けられた時「オレってFucking Cool(むちゃくちゃカッコいい)じゃん!」って思ったよ。でも、そんな風にのぼせてたら、誰かに頭をチェックしてもらったほうがいいんだ。「黙ってろ! お前はただの俳優で、何も知らないんだから!」って。だから俳優たちは僕らに感謝するべきだと思うよ。


ちなみに「チーム・アメリカ」でのマット・デイモンの役は「知恵遅れ」。

ハーバード大出で数学の天才、ギャンブルの天才、犯罪の天才、ゴルフの天才、殺しの天才と天才役ばっかり演じてきたジミーちゃんなのに。

2004-10-12 チーム・アメリカ」でマイケル・ムーアへの私怨爆発

TomoMachi2004-10-12

チーム・アメリカ」のパブリシティでトレイ・パーカーとマット・ストーンのインタビューが

あちこちの新聞に出始めた。


内容は基本的に「ローリングストーン」誌と同じで「政治のことをよくわからないなら投票なんか行かずに家にいろ」という主張だ。

「アメリカという国はバカな国だが、アルカイダのようなキチガイよりマシだ」とも言っているけど、『サウスパーク』の「パッション・オブ・ジュー」でアメリカにも狂信的キリスト教徒というキチガイがいるって描いてたじゃん。


それはいいとして、その記事で面白かったのは、マイケル・ムーアのこと。


ネタバレになるから詳しく書けないが、「チーム・アメリカ」のムーアの扱いは特別だ。

そんな大役をもらえたのはトレイとマットの友人だからだと思ったが、真相は違った。

オイラが二年前にやったこのインタビューにその理由がある。

http://www.eiga.com/special/bowlingfor/03.shtml


実際の会話に近い形で再現するとこうだ。


オイラ 『ボウリング・フォー・コロンバイン』であなたは銃社会アメリカの歴史をアニメーションで表現していますが、あれは『サウスパーク』を作ったトレイ・パーカーが学生時代に作ったアニメ『アメリカの歴史』そっくりなんですが……。

ムーア え? 本当に? 

オイラ 本当も何も、内容も絵柄もタッチも演出も何もかもそっくりですよ。

ムーア ……「パクリやがって!」って怒られるかな?……いや、大丈夫さ。だって彼らの『サウスパーク』の映画版はアメリカがカナダを勝手にバッシングしてエスカレートした果てに戦争になるというプロットが僕が作った『ジョン・キャンディの大進撃』にそっくりだから、これでおあいこだ(笑)。


ムーアは最初、知らないフリをしてトボケようとした。「アメリカの歴史」は短編の学生映画だから知っている人はごくごく限られている。オイラはたまたまコロラド大学のイベントで観たのだ。

しかし、シラをきり通せないと観念したムーアは「お互い様さ」と開き直ったというわけ。


でも、いくらなんでもトレイとマットにはこっそり「パクってごめんね」って詫びぐらい入れておいたんだろうな、と思ってたが、ちゃんと話をつけてなかったようだ(ムーアがよく問題にされるのは、そういう気遣いに欠けるところだ)。

カンザス・スター紙他の新聞のインタビューでトレイとマットは「まるでオレたちが作ったアニメみたいじゃん!」とマジで怒っている。

だから「チーム・アメリカ」でムーア(あやつり人形ね)に特別な罰を与えたという。

はっきり書けなくてイライラするなあ。

よし! ここを反転させると読めます。読む人は後で怒らないように。


ムーアの人形を木っ端微塵に爆破するシーンで、人形の中にハム(肉のハムね)をいっぱい詰めておいたんだと。

なんなんだよ、それ。画面を観ただけじゃわかんないじゃん!(笑)


でも、トレイは本当は盗作で訴えれば裁判で勝てたと思う(それほどモロなパクリなのだ)。

それを人形イジメだけで許したんだから、まあ寛大だわな。

2004-10-11 チーム・アメリカ」のテーマとは

TomoMachi2004-10-11

チーム・アメリカ』は投票に行く気をなくさせるための映画か?

ということを書いたけど、本当にそうだった。

今、売ってる『ローリングストーン』誌のトレイ・パーカーとマット・ストーンのインタビューにも、「これは反ブッシュというよりも反(反ブッシュ)俳優映画だ」と書いてある。


「この映画を観た観客はわけわかんなくなってラルフ・ネーダーに投票するんじゃないか?」とマット・ストーンは言う。「この映画はブッシュもバカだけどマイケル・ムーアもバカだと思ってる人のためのものだ。僕は政治がわからないのにわかってるフリはしない」ちなみにマット・ストーンは『ボウリング・フォー・コロンバイン』に出演している。


二人はインタビューで、政治に無関心な若者たちに投票を呼びかけている映画俳優やロック・ミュージシャンたちへの反発をぶつける。その記事が載っているロック雑誌「ローリングストーン」誌はロックファンに投票を呼びかけるキャンペーン「Rock The Vote」を推進しているんだけど。

ストーンはパフ・ダディたちがやっている投票推進キャンペーン「Vote or Die」(投票しないと殺すぞ)のことをバカにする(まあ、これは誰が考えてもバカだ)。

「19歳になって選挙権持ったばかりの何も知らないガキに大統領を選ばせるのかよ」とトレイ・パーカーはカートマンの声で笑う。

「政治についてよくわからないなら、投票に行かなくても何も恥じることはない」マット・ストーンは言う。「投票に行かないくせに政治について文句を言うなと言われるけど、文句を言いたきゃ言うさ。それがアメリカだから」


民主主義というのものは、政治を理解できる自立した「市民」が投票するという幻想の上に成り立っている。

でも、実際は何もわからない「大衆」が大半だから、民主的な選挙でヒットラーが選ばれたり石原慎太郎の支持率が高かったりするわけだ。

そして、ブッシュ政権とイラク戦争というものはまさにそういう「大衆」によって支持されていたわけなんだが。なにしろブッシュの支持基盤は「イラクが911テロをやった」と信じている「新聞を読まない人」や福音派キリスト教徒なのだ。

だから投票率が下がると教会の信者を投票に動員するキリスト教右翼にアメリカを牛耳られるという現実がちゃんとあり、

そうすると「サウスパーク」のようなエログロ表現の自由は弾圧されることになるのだが、それでいいのかね。


ただし「チーム・アメリカ」はその部分以外は傑作だ。

二箇所、観客が本当に文字通り笑い死にそうになった場面がある。

隣に座っていた女の子は本当に文字通り椅子から落ちて笑い過ぎて泣いていた。

だからオチさえ、チーム・アメリカが×××の××を××するかと思わせてやっぱり××を××させちゃって

Ooops, I'm sorry.

But We don't care! 'cause we are Team America!

と陽気に叫んだところでエンディング・テーマAmerica, Fuck,Year!が流れて終わり!

こういうラストだったら右も左も両方バカにする真にアナーキーな映画だったのになあ。

2004-10-10 チーム・アメリカ」には天皇皇后両陛下も人形で出演

TomoMachi2004-10-10

あやつり人形アクション大作「チーム・アメリカ」の先行上映に行った。


これは完全に「愛國戦隊大日本」だ。

(主題歌はパワーレンジャー風)

つまり右翼的戦意高揚映画のパスティーシュである。

「スターシップ・トルーパーズ」のように、戦意高揚プロパガンダ・ドラマの枠を借りて

ナショナリズムそのものをバカにしている作品に……なるはずだった。

少なくとも監督たちは「右も左も両方バカにする」映画だと言っていた。

しかし、どうも、そう見えないのだ。


チーム・アメリカが間違った情報でアラブのテロリストを攻めている間に、

金正日が大量破壊兵器をバラまく、という展開なので、

いちおうは大量破壊兵器を本当に作っている北朝鮮をほったらかしでイラクに攻め込んだブッシュを揶揄するプロットではある。

しかし、金正日は、この映画では結構チャーミングで憎めないキャラクターになっている。

そう、金正日はカートマンと同じ声で、そこにも作り手の愛が(なぜか)感じられる。


むしろ悪役になっているのは、対テロ戦争に反対する映画人たちなのだ。


イラク戦争に反対したティム・ロビンススーザン・サランドンショーン・ペンヘレン・ハントサミュエル・L・ジャクソンが「アメリカの敵」として描かれ、チーム・アメリカに撃たれて蜂の巣になったり、火ダルマになったり、首をもがれたりして皆殺しになる。

マイケル・ムーアだけちょっとカッコいい別格扱い)

でも、これが作り手がかなり本気で憎んでる気持ちが伝わってくる。(監督の友人であるジョージ・クルーニーも登場するが彼はあまりひどい目にはあわない)。


というのも、対テロ戦争を旗印に外国に攻め込んで暴虐の限りを尽くす世界警察ティーム・アメリカは、最初こそロクでもない奴らに見えるが、

途中から、チーム・アメリカはバカだけどバカなりに一所懸命正義を行っているのであって、戦争に反対する側が売国奴である、という展開になり、後半はチーム・アメリカを全然バカにしないで賞賛したまま終わってしまうからだ。


実際、主人公がチーム・アメリカをDICK(チンポ、転じて居丈高な嫌な奴)と呼び、

テロリストたちをASSHOLE(ケツの穴、転じてムカつくバカ)と呼び、

反戦運動家たちをPUSSY(オ×コ、転じて女々しい奴)と呼び、

「PussyはAssholeと似たようなもんだけど、

DickはPussyとAssholeの両方をFUCKできる!」と叫ぶところで

観客席からYES!と声が上がった。


もちろんそれはキャラクターが言ったことで、作り手の意志ではないと監督は言うだろう。

たしかに監督のトレイ・パーカーは『サウスパーク劇場版』で真正面から真摯に反戦を訴えていたのである。

ところが『チーム・アメリカ』は、「アメリカの先制攻撃主義は正しい。反対するのは売国奴」という印象だけを観客に残す。


芸能人の政治的活動はたしかにうざったいところがあるのだが、この映画では彼らをテロリストの味方と言い切ってしまっているので、

「反戦俳優どもをアメリカから追放するために再びアカ狩りを!」と叫んでいるブッシュ支持者は手放しで大喜びするだろう。


マット・ストーンは「この映画にしろ、『華氏911』にしろ、たかが映画を観たくらいで影響されて急に投票に行く気になるようなバカはそもそも投票なんかしないほうがいい」と言っている。

すると大統領選挙二週間前に「チーム・アメリカ」を公開したのは、観客が政治について考えるのがアホらしくなるようにするためだったのか?

2004-09-26 ボンクラ大暴動

TomoMachi2004-09-26

大統領選挙を一ヶ月後に控えて街を行く自動車のバンパーには自分の支持政党を示すステッカーが目立つようになった。

こんなTシャツもある。「私のBUSH(あそこの毛)のほうがいい大統領になれるわ」と書いてある。

男性用には「オイラのDICK(チンポ)のほうがいい副大統領になれるぜ」というバージョンもある。


打倒ブッシュ陣営もラストスパートに入る。


まずブルース・スプリングスティーンがケリー支援のコンサート・ツアー「VOTE FOR CHANGE」を開始する。

参加するのはデイヴ・マシューズ・バンド、ジョン・メレンキャンプジャクソン・ブラウン、それに「ブッシュと同じテキサス出身で恥ずかしい」と発言してラジオから閉め出され、CDを焼かれたディキシー・チックス。

彼らはミシガン、インディアナ、クリーヴランドなどのスイング・ステイツ(民主党と共和党の間で揺れ動いている州)を回る。

ブッシュ打倒をライブや歌やインタビューで表明し、運動をしているミュージシャンは他に、フーファイターズ、グリーンデイ、オジー・オズボーン、REM、ビースティ・ボーイズなど。


マイケル・ムーアは講演と『華氏911』上映のツアー「SLACKER UPRISING」を既に開始している。一ヶ月間でスイング・ステイツ20州の大学を回る強行軍だ。


「SLACKER」というのは「ゆるい人」という意味で、仕事や勉強に真剣ではなく、テレビでビデオ観たりゲームしながらヨタ話してビール飲んでばかりいる連中のこと。日本語にするなら、やっぱり「ボンクラ」だろう。

そして「UPRISING」とは「暴動」だ。

つまり「ボンクラ大暴動」!

これはNON−VOTERS、つまり投票に行かない「非投票層」を投票に行かせるための戦略だとムーアは言う。事前の世論調査の対象になるのは有権者登録した人だけだが、それは全成人の半分でしかない。

「非投票層は貧しい人々、公民権のない人々、シングルマザー、それに若者たちだ。毎日偉そうに昼まで眠ってて、新聞は読むよりも丸めてハエを叩くものだと思ってるバカ学生たちを煽動して暴動を起こしたいんだ。連中は当然シニカルで『ブッシュもケリーもクソだ』と思ってるけど、今年は彼らにこう言わせたい。『どっちもクソだからケリーに入れる!』」

Anyone But Bush(ブッシュ以外なら誰でもいい)!ってやつだ。

ムーアは一ヶ月間このツアーで全米を駈けずり回り、最後は11月2日の投票日、ブッシュ弟が4年前に票のごまかしをやらかしたフロリダに私設選挙監視団を連れて乗り込む。


そして15日には『チーム・アメリカ』が全米公開だ!

2004-08-12 チーム・アメリカ」は「サンダーバード」プラス「愛國戦隊大日本」

TomoMachi2004-08-12

ハリウッドに行ってチーム・アメリカ/ワールド・ポリス』の撮影セットを覗いてきた。

『サウス・パーク』のトレイ・パーカーとマット・ストーンが監督する『サンダーバード』のパロディだ。


チーム・アメリカはサンダーバードの国際救助隊と同じで5人のメンバーが超ハイテク・メカで世界中に出動するんだけど、

「テロリストだ!」とか「大量破壊兵器だ!」とか聞くと、

それだけで他人の国に勝手に乗り込んでバカバカとミサイル発射して、民間人も何も皆殺しにしてしまう。

その後で大量破壊兵器がなかったことがわかるけど「諜報部の情報が間違ってた」と、全然責任取らない。

要するに今のアメリカ政府がやってるのと同じこと。

『愛國戦隊大日本』のノリ、といえば、わかる人にはわかるかな?


でも、これは単にブッシュをおちょくるだけの映画じゃない。

マジで、ひさびさに本当の特撮魂が燃える映画になりそうなんだ!

なにしろ「チーム・アメリカ」の目標は「限りなくCGゼロ」

つまり昔の「サンダーバード」や東宝映画みたいに全部ミニチュアで撮影するんだよ!

それに爆破シーンもCGじゃなくて実際に火薬で吹き飛ばす!

「この映画のために作られたミニチュアとセットはすべて爆破する! トイレでも何でも片っ端から爆破する! いいかい? 『ティーム・アメリカ』はまるでブラッカイマー製作みたいなマリオネット映画なんだ!」

爆破技術のスタッフは胸を張ってそう言った。

あんた、プラモに爆竹仕掛けて遊んでる子供かよ!


でも、ひさしぶりだ! やっぱ特撮はこれでなくちゃ!

本当にぶっ飛ばすからスカっとするんだよ!

スティングレーそっくりのチーム・アメリカの潜航艇と、北朝鮮のミサイル潜水艦のミニチュア見せてもらったけど、東宝特美を思い出して泣けてきたよ。


「サンダーバード」と同じマリオネットと聞くとギクシャクした動きとぎこちない表情を想像するだろうが、

チーム・アメリカ」は違う!

人間の身長の3分の1のマリオネットの頭部はラテックスで覆われていて、その内部には表情を作るメカが内臓されており、セリフに併せて口の動きをシンクロさせるプログラムで動くのだ(ワイヤレス)。

これはすごいぜ。撮影現場見せてもらったよ!

サウスパーク』と同じで、登場人物ほとんど全員の声をトレイとマットが二人だけで演じるんだけど、

トレイは監督しながら、セリフを一人で全部しゃべり、しかもリモコンで人形の表情まで同時に操作してたよ。

(体の動きはマリオネットのプロが操作する。このために全米の人形師が召集された)

トレイがアドリブで何しゃべっても、「あ、間違えた」って言っても、ちゃんと人形の口がそれにあわせて動くんだよ! 

アニメやCGではすでに使われてる技術だけど、人形がそれをやるとやっぱ凄いわ。生きてるみたいで。


それに人形の操り糸も合成で消さない。

そればかりか「CGゼロ」を目指すため、登場人物が撃つマシンガンも

実際に三分の一の大きさで火薬で作動して薬莢を排出するミニチュアが製作された!

でも、重すぎてマリオネットには持てないので、しかたがなく銃火だけは合成になったんだと。

ちなみに食いしん坊のマイケル・ムーアの武器だけはホットドックだ(武器かそれ)。

ムーアの好物はチーズバーガーだが、ブッシュ打倒まで願をかけてチーズバーガー断ちしてるんだよね。


あと、ちゃんと人形に弾着すると血も吹き出ます!


『サンダーバード』と違って手のアップもちゃんと人形で撮っているのも凄い。

この映画で本物の人間が出てくるのは一箇所だけ。

平壌にそびえ立つ金日成の巨大像だ。

これだけはオッサンが全身を金色に塗って、例の右手を挙げたポーズをしている。

なぜ?

だんだん疲れてきて腕がぷるぷるするのが面白いからだと!


この凄すぎる映画はアメリカでは10月15日公開(まだ撮影してて大丈夫か?)。

大統領選挙投票日の三週間前だ!

2004-07-24 「サンダーバード」がマリオネット版「華氏911」として帰ってくる!

TomoMachi2004-07-24

早朝試写で『サンダーバード』観ちゃった。

まあ、完全に『スパイキッズ』の二番煎じなんで色々と文句の付け所はあるけど、

昔のTVを観ていたオジサンとしてはいろいろ面白かった。


今回の映画はTV版の前日談で、末っ子のアランと恋人ティンティンの少年少女時代が描かれるんだけど、

ティンティンって、日本のTVではたしかミンミンだったよね?(改名した理由は明白だけど)。


あと、ぺネロープの愛車スーパーロイスが、ロールスロイスじゃなくてサンダーバードなの(フォードの)。

名前はサンダーバードでも、ロンドン娘がアメ車に乗らないで欲しいなあ。

ぺネロープのアクションは完全に『おしゃれマル秘探偵』のエマ・ピール。

クライマックスでなぜか髪型をアップにして出てくるんだけど、

『ロシアより愛をこめて』のタチアナの髪型だよね? あれは。


オリジナルの『サンダーバード』にはイギリス人のアメリカに対する複雑な気持ちが反映されていた。

兄弟が沢山いるアイルランド系アメリカ人の大富豪トレイシー一家は明らかにケネディ一家を意識していて、

国際救助隊もケネディが始めた平和部隊がヒントになっている(『ケネディ騎士団』という漫画もあった)。

トレイシー家の兄弟の名前はジェミニ計画などの宇宙飛行士の名前がついているが、

宇宙計画もケネディが提唱したニュー・フロンティアであって、『サンダーバード』は実にJFK的世界なのだ。

トレイシー家は世界から集めた富を救助活動で世界に還元しているのだが、それは、

ケネディが、いや、当時の世界中の男の子たちが夢見たアメリカのあるべき姿なのだ。

貧しい国を爆撃するんじゃなくてね。


今回のリメイクの最大の問題点は人形劇、スーパーマリオネーションじゃないこと。

スーパーマリオネーションじゃなきゃ嫌だ! という人のために

チーム・アメリカ/ワールド・ポリス』という「スーパーマリオネーション」が現在製作中。

でも、国際救助隊ではなくて国際警察隊。

実はこれ、極悪鬼畜切り絵風アニメ『サウスパーク』のトレイ・パーカーとマット・ストーンの新作で、

もちろん、今のブッシュの武力外交を皮肉っているのだ。

サウスパーク』の二人組のことだから必ずや『華氏911』よりも凄まじい反ブッシュ映画になるだろう。

きっと子ブッシュが「はいパパ」と中田浩二の声で返事してイスラム教徒を虐殺したりするんだぜ。


トレイとマットとマイケル・ムーアの関係は複雑で、

ムーアは『ボウリング・フォー・コロンバイン』でマットにコロンバイン高校出身者としてインタビューしているが、同時にトレイの学生時代のアニメ『アメリカの歴史』をパクっている。

それをオイラがムーアに指摘したら、ムーアは「でも、トレイは『サウスパーク劇場版』で、僕が作った唯一の劇映画『ジョン・キャンディの大進撃』からプロット(アメリカがカナダとの戦争をデッチ上げる)を流用してるから、おあいこだ」と言っていた。

ちなみにトレイとムーアが初めて会ったのは、今はなき世界貿易センタービルの最上階のレストランだそうだ。


トレイとマットはブッシュ大統領を主人公にしたホームコメディ『ザッツ・マイ・ブッシュ』も作っている。

バカでマヌケなブッシュがうっかり戦争の引き金を何度も引きそうになるのだが、

残念なことにそれが現実になる前に打ち切られてしまった。

ちなみにThat's My Bush!とは毎回、ローラ大統領夫人が言うセリフ「それでこそ私のブッシュよ!」なのだが、

普通に聞くと「そこは私のオマンの毛よ!」という意味である。