Hatena::ブログ(Diary)

新社会人は恋知らず(ex-苦学生は恋知らず)

2011-12-31 2011年私的ベストアルバム10枚

年間ベストアルバムを決めるほど多くの音楽を聴いたわけでもないし

世に出てるアルバムを全てチェックなんてしてないのだから

いったい何を持ってベストなのか,ただ自分が偶然聴いたアルバムだけのベストではないのかと

それで偉そうに語ってしまって良いのかと,ひねくれて考えてしまう年頃なのですが

やっぱり,決めたい.そして2011年を楽しんでいたのだと実感したい

と大晦日の夜に目覚めた私は

今年のベストアルバム10枚を決めていくのです

もはや年間ベスト50とかされると10位以降はただ並んでいるだけで

おもしろくないので,ベスト10にします


1.思い出 / ひらくドア

思い出

おそらく今年一年,一週間に一度以上は聴いていたミニアルバム

3月にタワレコで出会い,彼らの初ワンマンにまで足を運ぶほど気に入ってしまっています

どこかタカユキカトーの作るポップでありながら

世間との関係を上手く築けずに,内省的になってしまう音楽に

共感しているのかもしれません


2.Kaputt / Destroyer

Kaputt

昨年のArial pink,いや私的にはMGMTの頃からソウルファンクのような

極めることがカッコいいとされる音楽をそのまま演奏するのではなく

インディー感をほどよく含んで改めて作るところに魅かれていたのですが

今年はAORという新たな未開の地の良さをDestoryerから知る事ができました

この流れでOgre you assholeの新譜のAOR感もすんなりと受け入れられた気がします

何にせよ,音楽の新たな良さに気付けた作品


3.僕たちのソウルミュージック / 透明雑誌

僕たちのソウルミュージック

ナンバーガール銀杏ベボベ好きなら嫌いな人はいないと思われる台湾のバンド

USギターバンドの要素もありながら,それだけじゃ生まれてこない日本のロックを吸収した音に

大変,心躍らされました

台湾からこんな良いバンドが出てきたので,

中国韓国アジアのロックにも目を向けてみようかと思うきっかけにもなっています


4.Euphoria / Devon Williams

Euphoria

これもAOR的な要素を含んでいると言える作品だと思うけど

チェンバーポップの高揚感もあって

温かい気持ちとしんみりと心に染みてくるメロディに胸キュンでした


5.Year of Hibernation / Youth Lagoon

ザ・イヤー・オブ・ハイバーネイション

いかにも2011年のアルバムとも言えるんでしょう

けど,Washed OutやToro Y Moiのチルウェイブだけでは満たされなかったものが含まれている気がするのです

寂しさや郷愁といった普段の生活で感じる気持ちが鳴らされてるところに

なんだかリアルを感じて好きになるのかもしれません


6.Zeroes Qc / Suuns

Zeroes Qc

これは去年のアルバムではないのかと思っていたのですが

NMEが2011年ベストアルバムに入れていたので,ならば今年の作品なんだろうと言うことで入れました

BlurPrimal ScreamUKらしいポップさが含まれていながら,The XXのようなダークさもあって

CD流しながらビートに合わせてゆらゆらと体を乗せて聴くと素敵に脳内トリップ!


7.Ducktails III: Arcade Dynamics / Ducktails

Ducktails III: Arcade Dynamics

普通はReal Estateなんかを選ぶところなんだけど

Ducktailsのこのアルバムが良すぎてReal Estateを聴く気になれずに

ベスト入りです

このアルバムを鳴らしながら夏の夜の景色を思い浮かべて楽しんでいました


8.Dye It Blonde / Smith Westerns

Dye It Blonde

今年一発目に衝撃を受けたバンド

甘いメロディと歪んだギターロックは青春そのもの

そんな良い青春過ごしていないけど,

だからこそ音楽でそんな甘酸っぱい経験を求めてしまうのかもしれません


9.Smoke Ring for My Halo / Kurt Vile

Smoke Ring for My Halo

独特な籠もった音が印象的で

フォークなのにベッドルームミュージックみたいなところに

好かれたのかもしれません

ジャケにも雰囲気が合って良いのに

それをどう解釈し間違えたのか日本のジャケは大変にダサくなっているので残念

↓日本版ジャケ

スモーク・リング・フォー・マイ・ハロー・デラックス・エディション


10.THE (OVERUSED) END OF THE WORLD and I MISS YOU MUH-FUH / SuiseiNoboAz

THE (OVERUSED) END OF THE WORLD and I MISS YOU MUH-FUH

ナノボロフェスタで何の前知識も無く知ったバンド

曲はロックンロールで激しいけど,飛び跳ねたりして聴くというよりは

心にドーンと大きなものを突きつけられて,動けないような衝撃でした

大衆に媚びて作る.そんな音楽はいらないのです


と,順位を決めて見たけどあまり関係ありません

とりあえず良く聴いて気に入った作品を選んでいます

こう見ると歌物が好きなのかとも思います

でもギターロックも好きで,胸ときめけるバンドが好きなんですね

それではこれにて今年の更新を終えます

よーーーーー,ぽん

Connection: close