ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

成り歩ごのみ

2018-09-14

大いなる愉しみ


曇りときどき雨。24度。
六時に起きる。
朝餉は、キャベツとパプリカ、玉葱、キュウリ、カニカマのサラダ、ハムとスクランブルエッグ、みそ汁(人参、玉葱、ジャガイモ、豆腐、油揚げ、長葱)、トースト、バナナミルク。
女房の出勤日でいつもの弁当を。
出社して仕事。
昼餉は、弁当おかずの残り、食パン、ミルク。
ドラマ『Better Call Saul』のシーズン4・6話目を見ながら切なくなっていく。主人公がいかにして転落したか、そういった経緯を淡々と撮っている。返す返すも脚本が見事だ。
誰もが転落している。その後の様相は人それぞれだろうが、転落という経験は等しくある。それを追体験するのは、なぜか切ない。
夕餉は、鯖の味噌煮、マッシュポテトのサラダ、隣のおばちゃんからいただいた卯の花煮、みそ汁(人参、カボチャ、豆腐、玉葱、長葱)、玄米ご飯。食後にコーヒー。
いつのまにかけっこう厚手の布団を掛けている。窓を閉めて寝るようになってずいぶん経っている。
そういえば、『Better Call Saul』はシーズン5の制作が発表されている。最後になるシーズンでこのスピンオフ・ドラマは名作『Breaking Bad』とクロスする可能性が大きいという。