Hatena::ブログ(Diary)

Big Head Goes On

2000 | 09 | 10 | 12 |
2001 | 03 | 05 | 06 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 |

Mon-10-22-2007 NOVAに関する幾分勘違いも含まれるかもしれない長文

テナント募集中!

仕事帰り、NOVAに寄ってきた。今日は予約は取っていなかったが、毎週毎週、「月曜日がXデー!」と喜び勇んだ書き込みがネット上には絶えないので、どうせならそのXデーにスタッフから昨今の状況を聞かせてもらえたら、といっちょ前の生徒っぽく振舞ってみたわけだ。

ひょっとしたら電気が消えているんじゃないか、ひょっとしたら受付で誰か怒鳴りまくっているんじゃないか、とか色々物騒な想像に胸躍らせていたのだが、なんのことはない、非常にナイスなNOVAスマイルのスタッフ達が、いつものように明るく迎えてくれただけだ。

大変忙しいだろうに、僕の野次馬話に付き合ってくれたスタッフのA君(名前忘れた)によると、「赤羽校にだけ関して言うならば」、講師達のストライキはなし、無論退職者もなし。日本人スタッフも全員通常通りの勤務状況である、と。つまりなんにも変わらないってことだ。それでも近隣の教室で講師の不足などの問題が発生している為、赤羽校の講師も毎日1人ずつ、当日までフリーにしているらしい。つまり余所の教室の講師が突然バックれたりした時の為に1人空かしているんだと。その分赤羽校では予約が取り難くなる、ということも起こりうるらしい。ふ〜ん。でもじゃあ全然心配ないじゃない。驚くべきことに、ここ1ヶ月の間に新規入学者もいるってんだから。

勿論コレ、100%本当なのかどうかは分かり様が無いし、1日毎にNOVAを取り巻く状況は変わっていくと思うので、とりあえず今日のところは安心ってだけの話である。実際、外国人講師にも日本人スタッフにも、給与遅延が発生しているのだから。だからその中で、更にはどん底に落ち込んで「自主休校」してしまった他教室や、アッチコッチで起きているNOVA批判の声やらに囲まれながらもこうして働き続けている彼等はそれが責任感なのか能天気なのかは別にして、生徒の立場から考えるとやっぱり天晴れとしか言い様が無い、とりあえず今日のところは。

===

実は僕もこのNOVA騒動に関して、あまり正しい情報・知識を持っているわけではない。4月だか5月だかの返金トラブル裁判があって、行政からの指導だかがあって、解約者が続出して、そして金がなくなった、と。多分そんな流れなんだと思うのだけれど。

その程度の知識しか持ち合わせていない人間として思うことを、NOVAが倒産する前に書いておこうと思う。

そもそもあの判決が理解出来ない。

NOVAは月謝制ではなく、「ポイント制」という制度を取っている。「3年間で600回(のレッスン)」とか「3年間で300回」とか、期間と回数を決めて全額前払いする、というシステム。その際に多く買ってくれたら割安にしますよ、というある意味当たり前の旨味がある。回数と金額はちゃんと覚えてはいない(そういう料金表を昔貰った)が、例えば600回だったらレッスン単価が1200円であり、300回だったら1500円になる、とかそういうことだ。税金も分からないのでこの際無視。

今回の裁判では、600回(1200×600=¥720,000)買った人が、300回のみ消化した時点でなんらかの事情で途中解約をして、300回の¥360,000分消化したのだから残金¥360,000を返金しなさい、という主張を裁判所が認めた、ということ(らしい。多分)。でもNOVAの計算方法は違う。300回消化だったら単価は¥1500になるべきであって、¥450,000使った、という計算。つまり返金は¥270,000というわけ。くどいようだが、実際はもっと色々な条件が重なってくるのでこんな単純ではないし、NOVA計算ではもっと安い返金になる(はず)。

ただ問題は、裁判所が認めた判決内容にある。600回を購入して300回消化した人に、¥360,000返したとしたら、300回購入して300回消化した人とレッスンの回数は同じで単価だけが違うという事態が発生してしまうんじゃないのか?同じレッスンに対して、600回/300回の人は¥1,200、300回/300回の人は¥1,500支払っているということじゃないのか?じゃあみんな600回で買うでしょ。それから解約するでしょ。だってローンでもいいんだから。僕の解釈が間違っているのか?

多く買ってくれたら安くする。これは良くある話。だけどやっぱり半分でいいやといったらその割引はなくなる。これは絶対当たり前の話だろう。買った時と同じ単価計算で考える、という判決は、やっぱり絶対、100%おかしい。NOVA自体は色々あると思うんです。経営面の阿呆(広げすぎbut貯金なし)とか、勿論返金する時にもあれこれコスいことをやっているのではないかと思うんです。しかしだからといってこの判決じゃぁ、あっちもこっちも日本中商売が成り立たなくはず。

===

行政から、「いつでも予約が取れる!」とかいい加減なこと抜かすんじゃない。実際取りたい日に取れないって苦情も入ってるぞ。なんて話があった(らしい)。・・・バカじゃないのか?そんなの当たり前の話だろ。取れない日は取れないよ。勿論NOVAもこの点に関してはもっと工夫するべきだったとは思う。ずっと先まで何枠でも取れるようにするとかね。今は確か3つだか4つだかしか取れないはず(何故オレが知らない?)だから。実際僕もしばらく取れない時もあったし。そういうことを野放しにしておくからホラ突っ込まれちゃったという気は確かにする。しかしそれだから消化出来ないっていう程だったのか、とも思うのだ。つまりその人は最初に買いすぎだったんじゃないのか?過去3年間を振り返って、NOVAに行かなかった日の何%がNOVA側の都合によるものだったんだろう?自分が忙しくて行けなかった日、なんとなくヒマだったけど電話もしなかった日、結構あるんじゃないの?本当に計画性を持った買い物をしているのだろうか、とふと勘ぐりたくなる。挙句、自分の都合で1年サボッてた人(正にオレ様)が解約に走ってたりなんてパターン、結構多いんじゃなかろうか。一気に解約者が押し寄せたら、当然経営は破綻するだろう。

ちなみに僕は契約をする際、なんとなくの返金金額の計算方法は教えてもらった。無論こちらから聞いたからだが。そしてなんとなく途中解約は損っぽいなという認識も持っていた。でもそれが商いの常識という認識も持っていた。だから今、NOVAが清廉潔白の美しい企業だとも思わないけど、こんなに叩かれる必要のある、少なくとも倒産の憂き目にあわせる必要もないと思う。だってそれは、その企業だけの話に終わらない、ウン百万人の被害者が発生することを意味するからだ。経済産業省かな?色々と指導してくれたのは、かわいい国民が被害を被っているからであって、その被害を拡大させる為ではなかったはず。ちょっと、デカくなりすぎちゃってるような気がするのだ。あ、国民だけじゃないか。世界中の英語スピーカー達もいるんだ。

他のことにも言えることだが、何でも修練、積み重ねが大事なのだ。その積み重ねを重点をおけば、NOVAのシステム(予約制・安価)は、非常に有効なものだと思う。そのシステムを上手く使いこなす若しくは使いこなした人達は十万、百万単位でいるはず(生徒数が激減したとされる現時点で40万人いる、らしい)で、本当に話せるようになるには自宅でしっかり勉強することも必要になるので必ずしもペラペラになったとは言えないが、そのうちの大多数は少なくともコミュニケーション能力は磨かれたんじゃないかと思う。実際僕もNOVAに通わなかったらインターンシップ時代に相当な苦労を強いられたと思う。勿論ジオスでも良かったんだろうが、当時の勤務状態ではNOVA以外の英会話教室に通うのは100%不可能だった。だから、今僕の英語力が屁レベルなのは、NOVAのアコギなシステム(そういう面もあるんじゃないかなと勝手に推測している)にあるのでもなく、講師のレベルが低い(時と場合によっては事実)からでもなく、単に僕の勉強量が少ないからでしかない。

そういう意味で、僕はNOVAで正解だったと思う。ガイジンと話するのに金払うなんてバカみたいという人もいるだろうが、そういう人はハナっから論外。だって英会話教室って、そういうバカみたいな商売なんだから。そのバカみたいな商売の中で、NOVAって中々いいシステムを取ってるという話だ。

===

今回の騒動で、浮間舟渡校が閉鎖という煽りを喰らい、通学不能に陥るかと思ったけど、今や赤羽まで通っても交通費がかからない&ジム通いという新しい修行により気持ち的にも負担が少なく(NOVAに行く日はほぼ100%ジムにも行く)なったので、いよいよ解約する気は失せた。

あとはひそかに応援するのみだ。少なくともこのポイントが消化できるまでは続いてくれ。経営陣は今すぐ一新してくれて構わないけど。

===

↓結構な時間を費やしてあーだこーだ書いてたけど、ネットを徘徊してたらドンピシャで分かり易く代弁してくれている人がいました。もう手遅れかもしれないけど上の日記は読まなくてもいいです。

http://ameblo.jp/happy-rabbit/entry-10036746284.html

↓さらに追加。これによると、裁判の時にちゃんとNOVAも「みんな600回で買って途中解約するようになっちゃうぢゃん!」と主張しているんですね。それでも負けたんですね。アンビリーバボー。

http://japanlaw.blog.ocn.ne.jp/japan_law_express/2007/04/nova_08bc.html

カゲカゲ 2007/10/25 09:51 同じくNOVAの生徒のカゲと言います。あなたの意見の方が私にとってはどんぴしゃ。全く同じ事を考えてました。mixiに日記を書いてるのですが、引用させてもらってもいいですか?

TotTot 2007/10/25 11:52 こんにちは。引用、どんどんどーぞ。僕の意見も全部あちこちからの受け売りですので。カゲさんもせっせと消化に励んで下さい。
ところで今日は日本人スタッフの給料日。ドキドキですね。

カゲカゲ 2007/10/26 09:03 引用、と言うかこのアドレスを載せました。不都合があるようならこの場で言っていただければ訂正します。コメントチェックしますんで。ところで、今朝NOVAが会社更生法申請しましたね。今は朝の9時なんですけど、今朝って何時だよ〜(涙)今日レッスン予約してたんですけど。。。もう笑うしかありませんね。

TotTot 2007/10/26 10:03 とうとう来ましたね。我々は今、正に「渦中の人」ですよ。
引用でもリンクでも勿論全然どうぞ。むしろ今後別ネタでもお願いします。

katchankatchan 2007/10/27 09:35 思い起こせば、NOVAへ通い始めたのはリタイア後の2001年4月だった。受講時に持参するノートは3冊に及ぶ。6年半、549回のレッスンを受けたことになる。「毎日」とはいかないまでも、週に2度のペースを守り続けた。当初からのレベルは2段階アップして中級クラスに達しており、先を目指して頑張ろうと思っていた矢先の「事件」である。昨日の朝日新聞夕刊は一面トップに「NOVA更生法申請」、更に社会面トップには「お金 ドブに捨てた」と克明に報じている。さて、この「事件」。タダでは済まないと怒っている受講生も多いのでは・・・

TotTot 2007/10/27 11:06 頑張って通い続けた人ほど、憤りも大きいですよね。
ちゃんと復活してくれるといいとは思いますが、なんだか雲行きが相当怪しいような気がします・・・。