Hatena::ブログ(Diary)

撮鳥見鳥 とりどりみどり このページをアンテナに追加 RSSフィード

 月の画像INDEX (月齢掲載ページにジャンプ) > 345678910111213141516171819202122232425262728

2013-02-17 目が痒い〜 スギ花粉襲来

[]隕石衝突

 ロシアの隕石爆発ニュースが世界を駆けめぐっている。死者こそ出ていないが、1000人を超える重軽傷者と多数の家屋被害が報告され、当該地域が厳寒の地であることを思うと気の毒という言葉では言い尽くせぬ惨状だ。ドライブレコーダー監視カメラの映像を見ても「青天の霹靂」なんてものじゃないことが伝わってくる。

 そもそも隕石とは宇宙空間から大気圏を突き抜け、燃え尽きることなく落下した物質の総称だ。
実のところ大気圏に飛び込んでくる天体は0.1mm以下の塵サイズから直径10kmを超える小惑星に至るまで実に多彩で、6550万年前にユカタン半島に落下し白亜紀末の大量絶滅のきっかけとなったとされる小惑星の直径は10-15キロと推定されている*1


 問題はその頻度だが、月面にある数多のクレーター痕を見れば地球でもおびただしい衝突が発生したであろうことは容易に想像できる。とは言え月面クレーターの大部分は38億年以前に生成されたもので、天文学的な時間の経過で考えるならば地球や月への大規模な衝突は十数億年前までにピークを過ぎている。直径1000メートル越えの天体衝突が起こる可能性はかなり低いものだし、過去数万年に遡る現世人類史上でもそれは確認されていないはずだ。*2

 で、今回ウラルの上空高度2万5千メートルで爆発した火球は今のところ直径17メートル前後、質量1万トンクラスの小天体と推定されているようだ。被害のほとんどはTNT500キロトン(広島型原爆の30倍)と推定される空中爆発によって発生したと考えられるが、フライパスによる衝撃波も相当なものだったのではないか。超音速軍用機が音速を突破した際に発生する衝撃波でさえ窓ガラスが割れるほどなのだし、NASAの発表では大気圏突入時の速度は時速6万5千キロと推定している。大気による減速が相当あったはずだが、それでさえ人工物ではあり得ないほどの高速だったことは確かだろう。ちなみに標準大気での音速は時速約1200キロなので、単純換算すると突入時はマッハ50を超えていたことになる。

 隕石爆発で想起されるのは1908年シベリアツングースカで起こった大爆発。分かっている限りでも半径30キロの森林が焼失し、2000平方キロ以上の範囲で樹木がなぎ倒されたという空前の爆発だが、諸説ある中で有力なのが直径60-100メートル質量10万トンクラスの小天体(彗星または小惑星)が高度6-8キロで爆発したとする説。今回の事例よりは規模が大きかったと推定されている。

 2/16未明には昨年2/23に発見され「2012DA14」と名付けられた小惑星(直径46メートル質量13万トン)が地球から27,700キロを通過した。爆発規模は速度や質量より運動エネルギーで決まるので単純には比較できないが、仮にこのクラスの小惑星が衝突するとツングースカ並の規模が予想される。空中で爆発しきらずに地表に届いた場合はさらなる規模の災害も想像できる。なにしろ1908年のツングースカはほとんど無人のタイガだったが、21世紀の人口密集地で同じ爆発が起こればその被害は未曾有の規模となるだろうことは容易に想像できる。

 突入20時間前に発見された僅か2〜5メートル、推定質量8トンの「2008CT3」の事例*3もあるが、現状のスペースガード*4では「2012DA14」クラスの天体が事前に発見できる限界サイズであるらしい。さらに小型の天体をセンシングする技術を開発する必要があることは言うまでもないのだが、見つけた後どうするかこそが生存への最重要テーマだろう。

 さて、人心を煽ってナンボのC級メディアやエセ予言者が、なにやらまことしやかに扇動している。
だがそもそも隕石の落下自体は意外な頻度で発生しているので、来年日本に隕石が落ちてくるという"予言"はサイズや隕石の回収にさえ言及しなければまず的中するはずだ。さらに大気で燃え尽きる宇宙塵の突入頻度たるや一日で億を超え兆に達するレベル。地球に飛び込んで来る天体のほとんどは流れ星として目に映れば御の字というほどのものであることを理解しておきたい。トリノスケール*5によれば局所的大被害が起こりえる衝突は数百年ないし数千年に一度、全地球的被害の起こる衝突は1万〜10万年に一度の発生確率だとか。まず根拠のない流言飛語に惑わされないことが肝心だ。
 

*1インドムンバイ沖にあるシバ・クレーターを形成した天体の衝突が白亜紀大絶滅の原因とする説も有力

*2シュメール人の残した粘土板によれば紀元前3123年に小惑星が地球に突入し大気中で爆発。旧約聖書創世記に名高いソドムゴモラの滅亡を引き起こしたとする研究があり、それによる小惑星の推定サイズは直径1キロ超とされている。

*3:地球と衝突する前に発見された初めての天体で、スーダンにおいて208個、合計約4キロの隕石破片が回収されている

*4:地球に衝突する恐れのある天体やスペースデブリ人為的に打ち上げ寿命の尽きた衛星などのゴミ)を観測し、かつまた、追跡を行うこと

*5:1996年イタリアトリノで開催された国際天文連盟の会議で採択された、地球近傍天体が地球に衝突する確率、及び衝突した際の予測被害状況を表す尺度

iireiiirei 2013/02/17 16:10 宇宙探査機「ハヤブサ」で有名になった小惑星「イトカワ」、数億年後に地球に衝突するそうです。その頃には人類はいないと思いますが、地球が壊れるほどの衝撃が起きるでしょうね。

TpongTpong 2013/02/17 16:43 iireiさん、イトカワの場合はそれ以前に構成物質が流失し小さくなっていると考えられるし、太陽や内惑星に絡み撮られる可能性も高そうです。
仮に10年後の衝突するとしても、ハヤブサの事例で証明できたように無人のロケットブースターを取り付けて軌道を変える程度のことは出来そうですね。

suijun-hibisukususuijun-hibisukusu 2013/02/17 21:27 可愛いですね。
普段はウソを見ない当地でも見てますから、
やっぱり豊作(?)の今季なのでしょう(笑)。

先週の鳥ビンゴではウソやシメが出たのに、
キジバトもコジュケイも出ませんでした。

TpongTpong 2013/02/17 21:57 suijun-hibisukusuさん、天神様のお使いはさすがにひと味違いますね(笑)
「えーっ、ウソだろう?」とか「シメシメ、ビンゴだぜ」なんて会話が聞こえてきそうです(ウソ)

rosa_rojarosa_roja 2013/02/17 22:07 今日は、このウソの首のような色のストールで出かけました。あちらこちらで梅の開花が進み、春は着実に近づいていますね。スギ花粉は未だ大丈夫ですが、そろそろかな?とどきどきしています。

TpongTpong 2013/02/18 00:00 雅詠さん、ウソの赤い首もとはもっぱらオスだけなので、せいぜいネックウォーマーかもしれません(笑)
スギ花粉、これからマスクが手放せませんが、私の初期症状はむしろ目の痒みです。
今朝からばっちり痒いので、あぁ始まったなぁと思いました。

yueyayueya 2013/02/18 00:04 隕石衝突のお話、読み応えのある内容でとても勉強になりました。ロシアが元気になった矢先の出来事だけに、暗澹とした気分になっていました。隕石が落ちてくる確率は高いけれど、隕石が自分にぶつかる確率はすごーく低いということが分かって、少しほっとした気持ちにもなっています。
鷽の歌、やっぱり西行だったんですね。西行の歌は自然と調和しながら、やさしくて素朴!

TpongTpong 2013/02/18 00:23 yueya姐さん、長々と書いた駄文を読んでいただきありがとうございます。
ほぼ一世紀の間に二つもの隕石被害があったとはロシアも不運ですが、それだけ国土が広いと云うことでもありますね。
学生時代から筋金入りの「古文漢文ちんぷんかんぷん」ですが、何故か西行には惹かれています。
すーっとシンクロできるセンチメンタリズムなのですよ。

whitewitchwhitewitch 2013/02/21 00:09  Tpongさんって、月のお写真がお上手だったり、鳥にお詳しいだけでなく、宇宙のことに精通していらっしゃるんですね!ご専門家でいらっしゃるんですか?
 ロシアの隕石のニュースは衝撃的でしたね。でも同時に「SF映画そっくり…映画ってよくできてるんだー…」って妙に感心してしまいました。

TpongTpong 2013/02/21 06:14 白魔女さん、まったく畑違いのしがない技術屋です。
むか〜し、商品撮影など写真関係の仕事はしていましたが、鳥や月など全て趣味。
隕石についても子供の頃に読んだツングースカの探検記や恐竜絶滅など、雑学の範疇に過ぎません。
ただ、ワイドショウなどの取り上げ方がかなり扇動的だったので、自分なりに整理してみたのが↑の駄文です。

tomo508tomo508 2013/02/24 16:51 遅コメすいません!
やっぱウソって新芽を食べまくるんですねー!先日撮ったウソさんも
食べまくってて、悩みました。。。やっぱ樹木にも多少?の影響は
あるのでしょうね!!
あと…ご教示いただきたいのですが…ウソとアカウソを見分けるポイント
って何処なのでしょうか??すいません!!師匠!の里山野鳥図鑑でも
ちょっとはっきりしなかったもので。。。

TpongTpong 2013/02/24 18:42 tomoさん、手元の図鑑に掲載されている亜種アカウソの写真ではオスの胸から腹がピンク色を帯びています。
ですが判断に迷う個体はちょっと赤みがあるかなぁという程度で、図鑑掲載の亜種ウソと亜種アカウソの中間的な印象なのです。
実はウソとアカウソは少々微妙でシノニム(同種の別呼称)とする意見もあるようです。
両者が混じっている群れもあることからハイブリッドもあり得るし、形質のはっきりした個体ならともかくグレーゾーンは亜種ウソと括るのが無難なようです。

tomo508tomo508 2013/02/25 00:04 ありがとうございます♪
微妙なところなんですね。。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Tpong/20130217/p1