Hatena::ブログ(Diary)

撮鳥見鳥 とりどりみどり このページをアンテナに追加 RSSフィード

 月の画像INDEX (月齢掲載ページにジャンプ) > 345678910111213141516171819202122232425262728

2013-02-17 目が痒い〜 スギ花粉襲来

[]鷽(ウソ)♂

スズメ目アトリ科】
先月のエントリーでも触れた通り、今季はウソの当たり年だ。
前回は2006年から2007年にかけての冬季だったので、実に6年ぶりとなる。
その間全く見られなかったわけではないのだが、やはり鳥好きには得難いシーズンと言えそうだ。
地元の里山を歩くと必ずと言って良いほど姿を見かけるか特徴的な鳴き声を耳にしているが、居着いているのは4羽ほどであるらしい。
f:id:Tpong:20130217162807j:image:w640
どうやら梅の芽よりは桜が好みらしく、尾根筋の山桜が格好の餌場であるようだ。
せいぜい花を減らさぬよう念じてみたものの、この心持ちは古の歌人も同じだったと見える。

  桃園の 花にまがへる 照鷽の
         群れ立つ折は 散る心地する

梅でも桜でもなく桃ではあるが、西行法師もウソの食害が心配だったのかもしれない。

撮影データ :Kowa TSN-824M + TSE-14WE(32xアイピース) / CASIO EX-Z850 / 2013年02月 横浜市
>>>既掲載の ウソ エントリーを表示>>>

iireiiirei 2013/02/17 16:10 宇宙探査機「ハヤブサ」で有名になった小惑星「イトカワ」、数億年後に地球に衝突するそうです。その頃には人類はいないと思いますが、地球が壊れるほどの衝撃が起きるでしょうね。

TpongTpong 2013/02/17 16:43 iireiさん、イトカワの場合はそれ以前に構成物質が流失し小さくなっていると考えられるし、太陽や内惑星に絡み撮られる可能性も高そうです。
仮に10年後の衝突するとしても、ハヤブサの事例で証明できたように無人のロケットブースターを取り付けて軌道を変える程度のことは出来そうですね。

suijun-hibisukususuijun-hibisukusu 2013/02/17 21:27 可愛いですね。
普段はウソを見ない当地でも見てますから、
やっぱり豊作(?)の今季なのでしょう(笑)。

先週の鳥ビンゴではウソやシメが出たのに、
キジバトもコジュケイも出ませんでした。

TpongTpong 2013/02/17 21:57 suijun-hibisukusuさん、天神様のお使いはさすがにひと味違いますね(笑)
「えーっ、ウソだろう?」とか「シメシメ、ビンゴだぜ」なんて会話が聞こえてきそうです(ウソ)

rosa_rojarosa_roja 2013/02/17 22:07 今日は、このウソの首のような色のストールで出かけました。あちらこちらで梅の開花が進み、春は着実に近づいていますね。スギ花粉は未だ大丈夫ですが、そろそろかな?とどきどきしています。

TpongTpong 2013/02/18 00:00 雅詠さん、ウソの赤い首もとはもっぱらオスだけなので、せいぜいネックウォーマーかもしれません(笑)
スギ花粉、これからマスクが手放せませんが、私の初期症状はむしろ目の痒みです。
今朝からばっちり痒いので、あぁ始まったなぁと思いました。

yueyayueya 2013/02/18 00:04 隕石衝突のお話、読み応えのある内容でとても勉強になりました。ロシアが元気になった矢先の出来事だけに、暗澹とした気分になっていました。隕石が落ちてくる確率は高いけれど、隕石が自分にぶつかる確率はすごーく低いということが分かって、少しほっとした気持ちにもなっています。
鷽の歌、やっぱり西行だったんですね。西行の歌は自然と調和しながら、やさしくて素朴!

TpongTpong 2013/02/18 00:23 yueya姐さん、長々と書いた駄文を読んでいただきありがとうございます。
ほぼ一世紀の間に二つもの隕石被害があったとはロシアも不運ですが、それだけ国土が広いと云うことでもありますね。
学生時代から筋金入りの「古文漢文ちんぷんかんぷん」ですが、何故か西行には惹かれています。
すーっとシンクロできるセンチメンタリズムなのですよ。

whitewitchwhitewitch 2013/02/21 00:09  Tpongさんって、月のお写真がお上手だったり、鳥にお詳しいだけでなく、宇宙のことに精通していらっしゃるんですね!ご専門家でいらっしゃるんですか?
 ロシアの隕石のニュースは衝撃的でしたね。でも同時に「SF映画そっくり…映画ってよくできてるんだー…」って妙に感心してしまいました。

TpongTpong 2013/02/21 06:14 白魔女さん、まったく畑違いのしがない技術屋です。
むか〜し、商品撮影など写真関係の仕事はしていましたが、鳥や月など全て趣味。
隕石についても子供の頃に読んだツングースカの探検記や恐竜絶滅など、雑学の範疇に過ぎません。
ただ、ワイドショウなどの取り上げ方がかなり扇動的だったので、自分なりに整理してみたのが↑の駄文です。

tomo508tomo508 2013/02/24 16:51 遅コメすいません!
やっぱウソって新芽を食べまくるんですねー!先日撮ったウソさんも
食べまくってて、悩みました。。。やっぱ樹木にも多少?の影響は
あるのでしょうね!!
あと…ご教示いただきたいのですが…ウソとアカウソを見分けるポイント
って何処なのでしょうか??すいません!!師匠!の里山野鳥図鑑でも
ちょっとはっきりしなかったもので。。。

TpongTpong 2013/02/24 18:42 tomoさん、手元の図鑑に掲載されている亜種アカウソの写真ではオスの胸から腹がピンク色を帯びています。
ですが判断に迷う個体はちょっと赤みがあるかなぁという程度で、図鑑掲載の亜種ウソと亜種アカウソの中間的な印象なのです。
実はウソとアカウソは少々微妙でシノニム(同種の別呼称)とする意見もあるようです。
両者が混じっている群れもあることからハイブリッドもあり得るし、形質のはっきりした個体ならともかくグレーゾーンは亜種ウソと括るのが無難なようです。

tomo508tomo508 2013/02/25 00:04 ありがとうございます♪
微妙なところなんですね。。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Tpong/20130217/p2