Hatena::ブログ(Diary)

撮鳥見鳥 とりどりみどり このページをアンテナに追加 RSSフィード

 月の画像INDEX (月齢掲載ページにジャンプ) > 345678910111213141516171819202122232425262728

2013-10-14 イベリアの風に吹かれた夜

[]嘴細鴉(ハシボソガラス)部分白化

スズメカラス科】
このところアルビノバンだの黒変コサギだの、何の連鎖か色素変異の鳥を見る機会が多い。
だがこのハシボソガラスは事前情報で探したわけではなく、出会い頭の不期遭遇。
聞けば地元のバードウオッチャーには知られた個体らしいのだが、知らぬはヒゲボウズばかりなり。さすがに興奮したともさ。
f:id:Tpong:20131014222312j:image:w640
カラスの場合は全身白化だとニュースになるようだけど、部分的な白化はさほど珍しくはないらしい。
全く異なる場所でだが、2008年にもそれらしきカラスと遭遇している。http://d.hatena.ne.jp/Tpong/20080131/p1
あのときは確信が持てなかったけど、今回は写真も撮れたしラッキーの一語。
鳥見は文字通り「犬も歩けば棒に当たる」のだ。
撮影データ Canon EOS 7D + EF400mmF5.6L USM /2013年10月 多摩川
>>>既掲載の ハシボソガラス エントリーを表示>>>
 

kurokoshusarukurokoshusaru 2013/10/15 05:25 カラスって3,000mにも居ますものね。
凄いことだと思います(^o^)

TpongTpong 2013/10/15 06:21 河童さん、水平垂直三次元展開ですね。
高山にも姿を現すのはおそらくハシボソでしょう。元来北方種なので気温変化にも強いようです。
その点ジャングル出自のハシブトは人の営みに直結しているように見えます。

JIMMYJIMMY 2013/10/15 07:33 彼の場合、羽を広げないと目立たないしいつもいるのでお知らせもしませんでした。というか忘れていました。
ハクセキレイの白化個体もあの辺に長いこと居ついていました。
アルビノバンの2世誕生もビックリでしたが、最近ではコサギの暗色型
(どうも黒化ではなく暗色型とする意見が優勢のようです)も地元の白い仲間たちと仲良くやっているようです。
白だとか黒だとか、カラスだからとか何時の間にか差別しているのは我々
人間の勝手な行ないなんだなと鳥さんたちを見ていると感じます。

rosa_rojarosa_roja 2013/10/15 07:43 大きく羽を広げた様に、ジュディオングを思い出しました。たかが・されどの勇姿。

iireiiirei 2013/10/15 14:34 これはこれで、鷲のような風格がありますね。かっこいい烏!!

umryuyanagi104umryuyanagi104 2013/10/15 18:19 お嬢さんがバイトでこのチケットを買ってくださったというのが何にもまして嬉しいですよね。素敵なお嬢さんですね。

ところで又夜生活ですか?
前回月の写真がでていたので・・・・。
夜はめっきり冷え込みます。
御自愛ください。

TpongTpong 2013/10/15 19:27 JIMMYさん、ノビタキの情報感謝します。
カラスの白化個体、数年前も見かけたことがあったのですが、今回ははっきり確認できてラッキーでした。
アルビノバンの繁殖で思ったのですが、鳥が異性を認識する上で、視覚はさほど重要ではないのかもしれませんね。
一般に鳥は嗅覚が弱く、視覚の生き物だと認識していたので意外な気がしました。

TpongTpong 2013/10/15 19:27 雅詠さん、そうなんです。たかが・されど。
ジュディーオングですか。さらに古い布施明(愛の不死鳥)と言っておきます(笑)

TpongTpong 2013/10/15 19:28 iireiさん、部分的に白いだけで印象が変わるものですね。
カラスの仲間には白黒ツートーンのコクマルガラスとか、カササギ(カチガラス)など、格好いい種類が居ます。

TpongTpong 2013/10/15 19:28 雲竜姐さん、実は数日前にチケットを紛失し、大探しした経緯があります。
幸い見つかったから笑い話で済んでいますが、下手をすると数週間は口をきいてもらえなかったかもしれません(笑)
ご心配いただきありがとうございます。
今週末は徹夜予定がありますが、概ね昼の生活が続いています。やはり太陽光線を浴びる生活に限りますね。

mikumiku 2013/10/15 20:39 「犬も歩けば棒に当たる」
歩く私にみつからないはずがない?
がんばろう(^_^;)

mursakisikibumursakisikibu 2013/10/15 20:45 しっかり聴いてしまいました。
素敵なギターの音色、素晴らしいです。
生で聴けたなんて羨ましいです。
お嬢さんに感謝ですね。

TpongTpong 2013/10/15 20:46 mikuさん、歩くことは発見への必須行為。
鳥にヒコーキ、夜空が好きなので、なにかに付け上ばかり見上げて歩いています。
足下が危ないとじゃ思うのですが、こればかりは癖ですね。

TpongTpong 2013/10/15 20:51 mursakisikibuさん、貼った曲はスローですが、パッションの迸る激しい演奏も素晴らしいですよ。
娘にはもちろん感謝です。
チケットのプレゼントも嬉しかったけど、オヤジの趣味に敬意を払ってくれていることがもっと嬉しいのです。

suijun-hibisukususuijun-hibisukusu 2013/10/15 21:59 ビセンテ・アミーゴ公演のチケットって何とも素敵ですねぇ。
例えエグザイルのチケットであってもお父上はきっと喜んだでしょうが(笑)。

ジプシー・キングス、チコ&ザ・ジプシーズ、トマティートをかじったくらいですが、
ロマとラテンヨーロッパとイスラムの文化が結合したフラメンコは結構好きです。

TpongTpong 2013/10/15 22:08 瑞閏さん、ありがとうございます。
娘と一緒に聴くのであれば、彼女の趣味に付き合うのも一興かと思います。
ですが、一人で聴きに行くのであれば、自分の世界に漂いたいですね。
幸いなことにオヤジの趣味は音楽のみならず理解してくれているようです。
ジプシーキングスやパコ・デ・ルシアには北アフリカを彷彿する曲がありますね。
ビセンテは先達のパコやジプシーキングスに比べるとアーバンな印象かもしれません。

tomo508tomo508 2013/10/15 23:18 カラスにもそんな個体が出るんですね!
未だ見たことはないですが、注意して見てみますね!
たまに行く、八曽山の付近はカラスだらけ。。
あ、今回行ったキャンプ場にもけっこういたし。。。
そのうち見つけられたらいいな!と、思います。

TpongTpong 2013/10/15 23:59 tomoさん、カラスの白化個体ですが、はっきりそれと分かるのは今回で2例目です。
ただ、錯覚かと思い確認しきれなかったケースは数回あり、小さな白斑やグレー斑は見落としている可能性がありそうです。

whitewitchwhitewitch 2013/10/16 00:27  普段は良い印象のないカラスですが、こうして翼を広げて飛んでいる姿はかっこいいですね。
 バイト代でコンサートチケットをプレゼントしてくださるお嬢さん、なんて素敵なんでしょう。Tpongさんのお誕生日か何かだったのですか?

TpongTpong 2013/10/16 07:53 白魔女さん、ありがとうございます。
カラスはさすがに新鮮でした。
誕生日はまださきですが、私の大好きなビセンテ来日を知り手配してくれました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Tpong/20131014/p1
リンク元