Hatena::ブログ(Diary)

道オフ・ナウ! Twitter

2018-04-11

第70回北海道オフ会のお知らせ

すっかり正式告知出すの忘れてました(
いや、覚えてはいたんですけどちょっと思いつきで雑記の方に向かったり
思いだして更新しようとしたらタイミング悪くサーバー落ちてたり(
そんなこんなで3週間前ぐらいまで迫ってしまいましたが
ブログの方でも正式告知を出しておきます(

第70回北海道オフ会告知ページ

5月4日(金曜日)札幌市中央区民センター 2F和室

ルール等は上記リンクから。参加希望はサイトの掲示板で行っております。

一応事前に告知した通りではあります。
ルールは前回と同じでWCS2018ルール(ダブル)と全国シングル。
全国シングルに関してはポケムーバー経由使用可能でレーティングとは異なるルールを採用しております。
クラウンライコウとかうたうイーブイとかの限定技も使用可能となります。
そういえばまだ受け取ってないなあってのを使ってみるのも一興かと思います。

また、QRレンタルでの参加も大歓迎です。
既に今世代では何度かQRレンタルでの優勝例もあります(
ただし、メガリングを受け取るまで進めないとメガシンカが行えないのでその点だけはご注意を。
当然PGLアカウントが無ければ、印刷しなければ当日ログインできる環境が無ければ使えないため
IDやパスワードの管理にはくれぐれもご注意ください。
(幸いPGLにはカンタンログインという機能があります)

なお、今回は中央区民センターでの開催となります。
開催場所が定まらなくて申し訳ありませんが、厚別区民センターではないのでご注意くださいませ。
ちなみに前回と異なり部屋は全日で取っている為撤退に急ぐ必要はなくなりました。

その為今回もNintendo Switchを持ち込んで遊ぶ時間はあるかなと思ってます。
といってもソフトが増える予定はないので実質カービィだけになりますが。
加えて旧世代のバトル(第四世代まで。第三世代は要相談)を行ったり
ポケモンカードもぼちぼち集まったのでまともに遊べるかと思います。
もちろんマルチバトルも新ネタを用意したいなと思ってますが、時間が足りるかどうか・・・(

そんなこんなでオフ会が迫りつつありますが
何卒よろしくお願いいたします。

2018-03-25

第69回北海道オフ会

今回は翌日更新することができました(
直前に『星のカービィ スターアライズ』の発売があり
前日には『名探偵ピカチュウ』が発売されるということで
事前準備が大事だった今回ですが、無事直前に動くこととなりました(

結果はWCS2018ルールでくろいのさんが全勝優勝を達成。
人数が少ないので毎回全勝優勝発生してますね
全国シングルでは竹さんが念願の初優勝達成となりました。
竹さんは元々シングルの参加予定が無く、QRレンタルでの参加を勧めた結果優勝ということで
QRレンタルはやっぱり便利だということが良くわかりましたね(
自分は両ルールとも2勝2敗のイーブンとSM時代の好調が終わってしまいました。
とはいえダブルは準優勝なのでまだ余韻ぐらいは残っているようです。

久々に行う事が出来たマルチバトルはやっぱり楽しかったですね。
SMの初期に大分用意したものの人数が集まらずなかなか出番が無かったポケモンも居ましたが
今回ようやく活躍させることができました。
中でも予想出来ないZワザシリーズのドラゴン技担当だったカポエラー
第四世代限定教え技のたつまきをZワザ化するという実用性皆無なZワザ故マルチでしか使い道はありませんでしたが
今回守っているメガボーマンダに当てるという快挙を成し遂げました。
ねこだまし程度と蚊に刺された程度のダメージでしたが)
実のところそろそろマルチ用ポケモンはネタ切れとなるんですが
ぎんのおうかんの登場もあり準備自体はかなり楽になったので
また色々と考えておこうと思いますので、次回も4人以上でお願いします(


今回は部屋取りの始動が遅かった事もあり厚別区民センターの開催となり
時間も(当日延長の余地はありましたが)5時までと短い工程でしたが
自分の近場ということもありなんとか対応することが出来たと思います。
厚別の方が良い面も多いので(特に飲食店)また開く機会があるかもしれないので
その時はまたよろしくお願いします。
(時間はカードやswitchを考えると全日安定でした)

ゲームのポケモン以外ではくろいのさんとポケモンカードを。
しかし前回会ったときからこちらがほぼほぼ手を付けてなかった反面
あちらはしっかりと続けていた為見事前回の逆で全敗を食らってしまいました。
強化の余地があるメインデッキが炎ということで、炎が強化される次弾のドラゴンストームでしっかり整えないとですね・・・。
その間は持っていったSwitchで星のカービィ スターアライズで場を繋いでました。
あいにくマルチプレイ用のコントローラーが3つしかなかったんですが、残り人数も3人で何とかなりました(
遊びながら色々能書き垂れたりしたいと思ってたんですが、
時間不足で叶わなかったのが残念でした(
この辺りを考えると5時までというのはやっぱり辛かったですね。


次回は前の記事で触れてるように5月4日 中央区民センターとなります。
告知は作ってありますが、参加募集はまだとなっております。
今月中には始動しないと手遅れなので数日中には募集開始しようと思っていますので暫しお待ちを。

以下パーティ。今回は2ルールとも自力で用意しました(

続きを読む

2018-03-10

近況報告

何かの記事のついでで書く内容なんですが、その『何かの記事』が思い浮かびませんでした(
正直なところ第七世代の対戦外の部分って薄いんですよね・・・
対戦メインと言えない自分にとっては記事化できる要素が無くて
ブログの更新が絶賛停止中となってしまってます・・・
そんな感じでポケモン以外に走りまくっているんですが
オフ会モチベーションだけは何とか下がらずに過ごせています。

第70回北海道オフ会告知ページ

5月4日(金曜日)札幌市中央区民センター 2F和室

近年はジャパンチャンピオンシップスの兼ね合いもあってゴールデンウィークの開催を避けていたんですが
前半の開催になることが多いのと、そもそも参加してない人が過半数ということで
今年は思い切ってゴールデンウィークの開催としてみました。
なお、第69回道オフとの兼ね合いもあるので第70回の参加募集はまだ行っておりません。
・・・といっても最近の出方を見るにこの時期に参加希望は来ないと思いますが(
とはいえ告知しない訳にはいかないので、こういった形で発表となりました。
まずは何より第69回道オフをよろしくお願いいたします。

そうそう、ポケモンバンクにて隠れ特性アローラ御三家配信されております。
第69回道オフの時点でこれらは使用可能となります。
特にいかくガオガエンは使用率が激増するかと思いますのでくれぐれもご注意くださいませ。


近況報告というタイトルですが、ぶっちゃけほぼほぼswitchのゲームの話にしかならないので
自重してこの辺で失礼しておきます(

2018-02-05

金銀わざマシン31「どろかけ」

2か月空いちゃいましたこのシリーズ。
元々1か月で全部終わらそうってのが無理だったんですよね。文章作っていたとはいえ(
USUMの発売を挟んだためのろいは追記が発生しちゃいました。
今回もUSUMの影響があり、黄色背景が発生しております(

追記というか、訂正になるんですがUSUMへの文句記事の最後のリストで
VC経由のポケモン隠れ特性入手なのが考慮されてなかったのでリストを更新しました。
PDW限定の隠れ特性は化石中心に9種と考えるとまあまともと言えるでしょうか。
ただし、USUMがクソゲーであることは訂正しません。
後は金銀わざマシンリストの目次化と雑記集入りを予定してますが
今日は力尽きたのでまた後日になります(

そんなこんなで金銀VC関連の記事はこれで一段落。
クリスタルVCの配信で加わるのはゴマゾウのみずでっぽうぐらい。
USUMで記事に出来そうなこともないので正直ネタ切れになってしまいました。
このまま道オフの告知と結果だけ貼り付けるブログにはしたくないので
何かしら更新出来るネタを考えておきたいですね。
ということで本編のどろかけ考察をば。

相手の 顔などに
泥を 投げつけて 攻撃する。
命中率を さげる。
金銀
地面2010010
命中すると必ず相手の命中を1段階下げる。
SM
地面(特殊)2010010
命中すると必ず相手の命中を1段階下げる。
金銀において最初に入手できる技マシン。
威力は20と申し訳程度で命中ダウンがメインの技。
すなかけにダメージが付いた効果に近く
ちょうはつに防がれない反面地面無効に通らなくなる。
覚えるポケモンは比較的多いものの
交代すれば命中は元に戻る事と
飛行タイプや浮遊相手には効果がないことから
対戦環境ではあまり見ない技となっている。

あまり、ということは少しは見る技ではあり
命中ダウンの恩恵を受けられるムラっけとの組み合わせで細々とながら使われることも。
(とはいえ、タイプで無効化されないすなかけの方が採用率は高い)

一方でSMならではの使い方もあり、それがZワザ
Zワザ化すると威力100のライジンググランドオーバーとなり
使いきりのめざめるパワーのような扱いが出来るように。
教え技と異なり、隠れ特性で使うことができるため
エーフィニンフィアと相性が良い。
性質上第四世代の方が用意しやすいが
サンダーとライコウ(というか初代金銀の伝説幻全て)も
どろかけを習得可能であることは表記しておく。
f:id:Travelers:20140616015049g:image
フシギダネ
f:id:Travelers:20160519171127g:image
フシギソウ
f:id:Travelers:20160519171125g:image
フシギバナ
f:id:Travelers:20140616015047g:image
ヒトカゲ
f:id:Travelers:20160519171303g:image
リザード
f:id:Travelers:20160519171304g:image
リザードン
f:id:Travelers:20140616015047g:image
ゼニガメ
f:id:Travelers:20160519171155g:image
カメール
f:id:Travelers:20160519171156g:image
カメックス
f:id:Travelers:20160519171252g:image
ポッポ
f:id:Travelers:20160519171245g:image
ピジョン
f:id:Travelers:20160519171246g:image
ピジョット
f:id:Travelers:20140416133445g:image
コラッタ
f:id:Travelers:20160519171301g:image
ラッタ
f:id:Travelers:20160519171239g:image
オニスズメ
f:id:Travelers:20160519171238g:image
オニドリル
f:id:Travelers:20160519171247g:image
ピカチュウ
f:id:Travelers:20160519171258g:image
ライチュウ
f:id:Travelers:20140616014726g:image
サンド
f:id:Travelers:20160519171312g:image
サンドパン
f:id:Travelers:20160519171227g:image
ニドラン♀
f:id:Travelers:20160519171229g:image
ニドリーナ
f:id:Travelers:20160519171226g:image
ニドクイン
f:id:Travelers:20160519171228g:image
ニドラン♂
f:id:Travelers:20160519171230g:image
ニドリーノ
f:id:Travelers:20160519171225g:image
ニドキング
f:id:Travelers:20160519171250g:image
ピッピ
f:id:Travelers:20160519171249g:image
ピクシー
f:id:Travelers:20160519171255g:image
プリン
f:id:Travelers:20160519171254g:image
プクリン
f:id:Travelers:20160519171116g:image
ディグダ
f:id:Travelers:20160519171115g:image
ダグトリオ
f:id:Travelers:20140416133447g:image
ニャース
f:id:Travelers:20160519171244g:image
ペルシアン
f:id:Travelers:20160519171202g:image
コダック
f:id:Travelers:20160519171139g:image
ゴルダック
f:id:Travelers:20140628182421g:image
マンキー
f:id:Travelers:20160519171235g:image
オコリザル
f:id:Travelers:20160519171234g:image
ニョロゾ
f:id:Travelers:20160519171232g:image
ニョロボン
f:id:Travelers:20160519171329g:image
ワンリキー
f:id:Travelers:20160519171133g:image
ゴーリキー
f:id:Travelers:20160519171152g:image
カイリキー
f:id:Travelers:20160519171146g:image
イシツブテ
f:id:Travelers:20160519171136g:image
ゴローン
f:id:Travelers:20160519171137g:image
ゴローニャ
f:id:Travelers:20140602041840g:image
ヤドン
f:id:Travelers:20160519171331g:image
ヤドラン
f:id:Travelers:20160519171157g:image
カモネギ
f:id:Travelers:20160519171119g:image
ドードー
f:id:Travelers:20160519171120g:image
ドードリオ
f:id:Travelers:20140629092742g:image
ベトベター
f:id:Travelers:20160519171111g:image
ベトベトン
f:id:Travelers:20160519171147g:image
イワーク
f:id:Travelers:20140629092744g:image
クラブ
f:id:Travelers:20160519171201g:image
キングラー
f:id:Travelers:20160519171158g:image
カラカラ
f:id:Travelers:20160519171130g:image
ガラガラ
f:id:Travelers:20160519171121g:image
エビワラー
f:id:Travelers:20160519171313g:image
サワムラー
f:id:Travelers:20160602230710g:image
ベロリンガ
f:id:Travelers:20160519202055g:image
サイホーン
f:id:Travelers:20160519171307g:image
サイドン
f:id:Travelers:20160718034735g:image
ラッキー
f:id:Travelers:20140416133443g:image
ガルーラ
f:id:Travelers:20160718034840g:image
バリヤード
f:id:Travelers:20160519171306g:image
ルージュラ
f:id:Travelers:20160519171122g:image
エレブー
f:id:Travelers:20160519171113g:image
ブーバー
f:id:Travelers:20140524063438g:image
イーブイ
f:id:Travelers:20160519171314g:image
シャワーズ
f:id:Travelers:20160519171310g:image
サンダース
f:id:Travelers:20160519171114g:image
ブースター
f:id:Travelers:20160519171149g:image
カビゴン
f:id:Travelers:20160519171124g:image
フリーザー
f:id:Travelers:20160519171309g:image
サンダー
f:id:Travelers:20160519171123g:image
ファイヤー
f:id:Travelers:20160519171154g:image
カイリュー
f:id:Travelers:20160519171222g:image
ミュウツー
f:id:Travelers:20160519171221g:image
ミュウ
f:id:Travelers:20140416133025g:image
チコリータ
f:id:Travelers:20171122200954g:image
ベイリーフ
f:id:Travelers:20171122200950g:image
メガニウム
f:id:Travelers:20140416133028g:image
ヒノアラシ
f:id:Travelers:20180206002617g:image
マグマラシ
f:id:Travelers:20180206002612g:image
バクフーン
f:id:Travelers:20140416133030g:image
ワニノコ
f:id:Travelers:20180206002607g:image
アリゲイツ
f:id:Travelers:20180206002603g:image
オーダイル
f:id:Travelers:20140416133029g:image
オタチ
f:id:Travelers:20180206002817g:image
オオタチ
f:id:Travelers:20140602041837g:image
ホーホー
f:id:Travelers:20180206002813g:image
ヨルノズク
f:id:Travelers:20140524060522g:image
ピチュー
f:id:Travelers:20140629092745g:image
ピィ
f:id:Travelers:20140602041841g:image
ププリン
f:id:Travelers:20140524063439g:image
トゲピー
f:id:Travelers:20171114175859g:image
トゲチック
f:id:Travelers:20180206003853g:image
マリル
f:id:Travelers:20180206003847g:image

マリルリ
f:id:Travelers:20171110152815g:image
ウソッキー
f:id:Travelers:20160519182655g:image
ニョロトノ
f:id:Travelers:20140523081355g:image
エイパム
f:id:Travelers:20171110175835g:image
ウパー
f:id:Travelers:20171110152553g:image
ヌオー
f:id:Travelers:20160519182651g:image
エーフィ
f:id:Travelers:20160519182650g:image
ブラッキー
f:id:Travelers:20140603234218g:image
ヤミカラス
f:id:Travelers:20160519182656g:image
ヤドキング
f:id:Travelers:20140628204537g:image
キリンリキ
f:id:Travelers:20171110180253g:image
ノコッチ
f:id:Travelers:20160602230919g:image
ハガネール
f:id:Travelers:20140523081354g:image
ブルー
f:id:Travelers:20171114180904g:image
グランブル
f:id:Travelers:20140602041844g:image
ツボツボ
f:id:Travelers:20180206004841g:image
ニューラ
f:id:Travelers:20140523081359g:image
ヒメグマ
f:id:Travelers:20171114180859g:image
リングマ
f:id:Travelers:20171110180353g:image
マグマッグ
f:id:Travelers:20171110164345g:image
マグカルゴ
f:id:Travelers:20171110180528g:image
ウリムー
f:id:Travelers:20171110164337g:image
イノムー
f:id:Travelers:20171110180730g:image
サニーゴ
f:id:Travelers:20140523081404g:image
テッポウオ
f:id:Travelers:20180206005559g:image
オクタン
f:id:Travelers:20140616015046g:image
デリバード
f:id:Travelers:20180206005705g:image
マンタイン
f:id:Travelers:20140603234217g:image
エアームド
f:id:Travelers:20180206010028g:image
デルビル
f:id:Travelers:20180206010026g:image
ヘルガー
f:id:Travelers:20140523081356g:image
ゴマゾウ
f:id:Travelers:20180206010534g:image
ドンファン
f:id:Travelers:20140514193035g:image
オドシシ
f:id:Travelers:20180206010819g:image
バルキー
f:id:Travelers:20180206010816g:image
カポエラー
f:id:Travelers:20140602041843g:image
ムチュール
f:id:Travelers:20140628204538g:image
エレキッド
f:id:Travelers:20140628204539g:image
ブビィ
f:id:Travelers:20140523081405g:image
ミルタンク
f:id:Travelers:20160519182652g:image
ハピナス
f:id:Travelers:20171114181939g:image
ライコウ
f:id:Travelers:20180206011100g:image
エンテイ
f:id:Travelers:20180206011056g:image
スイクン
f:id:Travelers:20171110181330g:image
ヨーギラス
f:id:Travelers:20171110164331g:image
サナギラス
f:id:Travelers:20171110164326g:image
バンギラス
f:id:Travelers:20171114181936g:image
ルギア
f:id:Travelers:20171114181931g:image
ホウオウ
f:id:Travelers:20171122202058g:image

セレビィ
f:id:Travelers:20171110210255p:image:w96
アローラ
ライチュウ
f:id:Travelers:20170212213352p:image:w96
アローラ
ガラガラ
f:id:Travelers:20171114181928g:image
エテボース
f:id:Travelers:20180206011247g:image
ドンカラス
f:id:Travelers:20180206004835g:image
マニューラ
f:id:Travelers:20160519182657g:image
ベロベルト
f:id:Travelers:20160519182659g:image
ドサイドン
f:id:Travelers:20160519182700g:image
エレキブル
f:id:Travelers:20160519182658g:image
ブーバーン
f:id:Travelers:20171114182304g:image
トゲキッス
f:id:Travelers:20160519182704g:image
リーフィア
f:id:Travelers:20160519182701g:image
グレイシア
f:id:Travelers:20160519182705g:image
ニンフィア
御三家準伝説等多くのポケモンがわざマシンでどろかけを覚えるが
現代でどろかけを覚えるポケモン(背景無し)は非常に少ない。
そんな中USUM(SMではない)でノコッチのレベル技にどろかけが追加(黄色背景)
USUMの追加出現となっており、加入から少しレベルを上げたLv13に設定されているため
シナリオ攻略用の技としての意味合いが強いだろうか。
なお、ノコッチ以外にどろかけを新規習得したポケモンは居ない。


ジムリーダーから貰える技マシンということもあり
自力習得できるポケモンは金銀には居ない。
とはいえ、最初のジムリーダーということで
御三家収集がてら周回プレイすることは容易。
ニドラン♂(陸上・怪獣)に覚えさせることで
→カモネギ(飛行)
→コダック(水中1)→テッポウオ(水中2)
          →サニーゴ(水中3)
→ブルー(妖精)
→フシギダネ(植物)
→ヒトカゲ(ドラゴン)
と、孤立グループ以外に流しやすくなる。
ニドラン♂から直接遺伝できるガルーラのどろかけは有名で
おやこあいでの2回攻撃で命中を2段階下げるクソコンボが成立する。
ただ、ORASを経由できない為グロウパンチを積めないのが難点。
教え技だとORAS経由で併用できるため、その点が劣る。
一応せいしんりょくで使えるのが差異になるが
メガシンカが基本となるためメリットにはなり得ないか。

同じくニドラン♂から繋ぐことができるイーブイとも相性が良い。
教え技と異なり隠れ特性となるため、マジックミラーエーフィが扱えるのが魅力。
イーブイのまま送ればフェアリースキンニンフィアで使うことができ
スキンハイボ+Zどろかけの組み合わせは金銀VCが唯一となる。
また、金銀でタマゴ孵化から大量に送り込むことで
めざめるパワーとの両立も現実的になる。
Zどろかけとめざめるパワー炎なんて組み合わせも可能となるが
アイテムがジメンZで固定される点は留意しておきたい。
反面通常特性で使いたいシャワーズやサンダースとの相性はイマイチ。
こちらは教え技のどろかけを用いて用意したいところ。

そして何より、オクタンはムラっけとどろかけの両立が可能に。
自身のどろかけで命中を下げてみがわりに繋ぐ害悪コンボが成立。
特攻が上がりきれば攻撃技として使えなくないのもGOOD。
ただし、水技との相性補完がよろしくないというネックも抱えている。
ムラっけ持ちとしてはビーダルもどろかけを覚えるが
教え技と隠れ特性の関係で併用出来ない為
ムラっけ+どろかけはオクタン(テッポウオ)とドーブル限定となる。
ただし、害悪以外の何物でもない為
これを用いて人間関係が悪化しても責任は負えないので悪しからず(

鉱物は全員が覚えるため誰に覚えさせても遺伝可能。
不定形はベトベター系(原種)が現在自力習得できるため
覚えさせるメリットがあるのはマグマッグ系のみとなる。
アローラベトベターは習得不可)
ただし全員がより威力の高いだいちのちからを覚えるため
ジメンZを持たせて攻撃技として扱い場合はそちらの方が威力が出る。
どろかけとして用いるには辛い面々の為、活かすのは難しいだろうか。

人型グループは♂のみのバルキー系に覚えさせておくことで
♀と預ければ人型グループの各ポケモンに
メタモンと預ければバルキーに遺伝させることができる。
虫はツボツボのみであり、現代でも習得可能なので
ツボツボに使うのは勿体無いと言えるだろう。

また、先述の通り伝説・幻が全員覚えられる。
記録を消す前に技マシン31が残っていたら
使ってみるのも悪くないだろう。

ただし、金銀VCでどろかけを覚える全てのポケモンは
EmPtHGSSでどろかけを覚えることができる。
隠れ特性を活かせない場合はそちらで用意したほうが楽である。
用途に応じて覚えさせるソフトをしっかりと見極めたい。

ちなみにガーディ系、カブト系は金銀VC、Emでは覚えられず
PtHGSSでのみどろかけを覚えることができる。
隠れ特性+どろかけの組み合わせの2系統は存在し得ない。
トサキントも同様に金銀VC、Emでは覚えられず
PtHGSSで習得できるが、DPからタマゴ技となっているため
SMにおいて隠れ特性との両立が可能となる。

2018-01-31

第69回北海道オフ会のお知らせ

今回は流石に早めに告知できました(
ポケモンのモチベが復活してきたのもありますが
オフ会を続ける気力も復活してきたってのが大きいです。
やっぱりポケモンもオフ会もやらないとモチベーションの維持が難しいですね。

第69回北海道オフ会告知ページ

3月24日(土曜日札幌市厚別区民センター 会議室A

ルール等は上記リンクから。参加希望はサイトの掲示板で行っております。

オフ会までモチベーションがほぼ皆無だったという事情もあり
部屋取りに動くのが遅すぎて3月下旬となってしまいました。
加えて3月24日は中央区民センターが取れない日だったため
厚別区民センターでの開催となってしまいました。
追い打ちをかけるように部屋の時間が9時-5時といつもより短い時間に。
とはいえ、最近は撤収の時間が早めなこともあり
後述のフードコートの件を合わせると問題はなさそうです(

今回からダブルヘッダーでの開催となり
ダブルバトル(ポケモンWCS2018)と全国シングルの2ルールを行います。
なお、シングルに関しては第六世代以外のポケモンバンク経由ポケモンも使用可能となります。
金銀クリスタルVCから送り込んだポケモンも使用可能となりますので使われて焦らないよう心の準備をお願いいたします(
また、サトシゲッコウガの使用も可能となります。
もちろんダブル(WCS2018)ではサンムーン、ウルトラサンムーンで入手したポケモンしか使用できません。
こちらではサトシゲッコウガが使用できなくなります。
ルールを混合しないようくれぐれもご注意くださいませ。

QRレンタルを用いての参加も可能となりますが
PGLに登録しないと使用できないという点にご注意ください(
フリー対戦際にQRレンタル使うぞーという事になった場合PGLへのログが必要となります。
IDとパスワードがなければログインできませんので何らかの形で準備をお願いいたします


先の通り、今回は久々(16か月ぶり)に厚別区民センターでの開催となります。
しかしながらリニューアルに伴い休業中が多かった前回の開催時と異なり、新札幌界隈のリニューアルが完了しました。
移転休業中だった飲食店も営業を再開しており
大型のフードコートも出来上がったので5時撤退でも困りません。
(むしろ昨今の道オフ事情を考えると終始フードコートでも良いレベル)
飲食面の懸念は払拭したと言えるんですが
コンビニが無いのが相変わらずで、厚別区民センターには自販機しかないので
会場での飲み物は事前の確保をお忘れなく。
JR新札幌駅2F前にローソンがあります)

今回も旧作(第四世代まで)とNintendo Switchは持っていこうかなと思ってます。
『星のカービィ スターアライズ』の発売後となるため、複数人プレイを体験できるかと思います。
ポケモンカードに関しては相変わらず。うーん、どうしましょ(

そんなこんなでちょっといつもと事情が違いますが
何卒よろしくお願いいたします。