Hatena::ブログ(Diary)

道オフ・ナウ! Twitter

2015-06-30

ポケモンコンテストライブ!解説 対CPU編その1 基礎知識編

どれほどの方が待っていたかは分かりませんが、技解説に続いて対CPUの解説。
こちらを6回行った後対人戦の解説記事を予定しております。
もちろん、対CPUもいつまでかかるかは分かりませんので、気長にお付き合いください。

以前も説明しましたが、今作では全部門のマスターランクを制覇すると『コンテストスターリボン』が貰えます。
通信対戦でもエフェクトが出るということで、ジャパンカップのポケモンに付けたという方もいるのではないでしょうか。
(自分はギリギリの育成だったので付ける暇がありませんでした)
また、ポケモンミュージカルを元祖とする(ここ重要です)『ファン』のシステムがあり
マスターランクでは孵化で必須のあかいいとや、入手手段の少ないいわゆる半減実等を貰えます。
もちろん他ランクでも貰えますが、有用なアイテムはハイパーランクのハートのウロコぐらいかなと思います。

ということで対CPUの攻略ですが、実のところコンディションオールマックスを用意できれば攻略は極めて楽。
連続技とはいえ、技が1つしかないアンノーンメタモンにコンテストスターリボンなんて画像も良く上がってますね。
元も子もない事を言えばルチアが居なくなるまでリセットしてオールマックスで挑めば9割勝てます(
とはいえ、それじゃ楽しくないし何よりコンテストの技術が向上しないということで
ルチアを含めた対CPU攻略を載せてみようという記事です。
解説のメインは部門別ですが、初回は基本的な動きから書いてみます。

基本戦術
対人戦でも言えることですが、基本的に
・部門一致技を2つ以上採用する(連続使用技以外はペナルティがある為2つ揃えないとライブアピールが取りにくい)
・部門不一致技を1つ以上、出来れば対角部門の技を採用する(ライブアピールが取れない際のエキサイト調整)

この2点の鉄則を守ることが重要となります。
CPUにライブアピールを取られると厳しいと書きましたが
逆に言うとこちらがライブアピールを取れば確勝状態。
対人戦にも言えますが、エキサイトの管理が非常に重要ですね。

技の効果としては、基本技(エキサイト下げ技)で揃えるのが一番楽でしょう。
もちろんアピールコンボなりがあると良いんですが
対戦用のポケモンにそれを求めるのも酷と言えます。
幸い今作ではマシン技や教え技も多くが基本技となっている為
多くのポケモンで5部門とも揃えることが出来るでしょう。
特にかわいさ部門ではおんがえしといびきという汎用技がある為
いざとなったらこの2技を揃えれば良いですね。

効果別 対CPUに有効な技、イマイチな技
基本技を揃えればいいとは書きましたが、それ以上に使いやすい技もいくつかあります。
逆にCPU相手には対人よりも使い難い技もある為ピックアップしてみます。
まずは対CPUにおいて使いやすい技から。

エキサイト固定技◎◎◎このアピールの後 会場が
しばらく 盛り上がらなくなる
-アイスボール
うずしお
こごえるせかい
プラズマシャワー
ほのおのうず
このゆびとまれ
まとわりつく
いかりのこな
かいふくふうじ
すなじごく
ふういん
フェアリーロック
マジックルーム
からではさむ
しめつける
フリーフォール
まきつく
マグマストーム

対CPUにおいては極めて強力な技。
どれぐらい強力かというとポケモンバトルでいうとメガガルーラとかガブリアスとかそんなレベルです(
コンディションオールマックスで挑んだ場合ほとんどの相手はこちらのコンディションの半分ほどしかありません。
アピール審査の得点で多少上回られても普通に勝てるほど余裕があります。
つまり、相手が大きく得点を稼ぐ手段であるライブアピールを潰せば勝ち筋が無くなるということですね。
ルチアのチルルはメガシンカしますが、ライブアピールが行えなければ無用の長物と化します。
部門一致だと自分だけがエキサイトボーナスを得ることが出来、
対角部門だとエキサイトを下げながら固定できるということで非常に使いやすいです。
何より、コンディションマックスだと初手が1番手で確定ということで
1ターン目から有効に使えるというのは心強いです。
同様の理由で先手技と一緒に使うと使いやすいですね。

ただし、弱点も3点ほどあります。
1点目はエキサイト固定技のメタであるエキサイト技。
該当記事でも挙げたように、かっこよさ部門及びたくましさ部門に登場する
ケッキングのジャインがなしくずしを覚えています。
幸いジャインは稼ぎに乏しいのでライブアピールを取られても脅威にはなり得ないんですが
エキサイトの調整が狂って次のターンのチルルがライブアピールを取ってしまったなんて展開は避けたいところ。
2点目は部門によってはチルルの稼ぎに追いつけないという点。
かっこよさ部門及びかわいさ部門のチルルは毎ターン7ポイント近く稼ぐ為
エキサイト固定技だけでは得点負けしてしまう場合があります。
上手く調整してライブアピールを取るなり、アピールコンボを絡めるなり
戦略的に使っていきたいところですね。
3点目は単純に覚えないポケモンが少なくないという点。
マシン技2つに教え技1つとはいえ、専用技も多く使えないポケモンは使えません。
こればっかりは諦めるしかないですね。

1番手技◎◎1番 はじめに アピールすると
アピールが すごく 上手くいく
きりばらい
スピードスター
つばめがえし
でんげきは
ファストガード
マグネットボム
クリアスモッグ
はどうだん
マジカルリーフ
タマゴうみ
チャームボイス
ミルクのみ
シャドーパンチ
だましうち
ミラクルアイ
おたけび

初手が1番手で確定、ということはこちらの技も非常に強力。
部門一致の場合は初手から7ポイントを稼ぐことができます。
不一致でも部門一致の基本技と同じ5ポイント。
エキサイトの問題もありますが、十分な得点を稼げます。
こちらも先手技との相性はバツグンですね。

弱点としてはかっこよさ部門以外マシン技、教え技がなく
覚えるポケモンが少ない技が並ぶという点。
多くのポケモンはつばめがえしやでんげきはを各部門で使うということになるでしょうか。
もちろん1番手技を一切覚えないポケモンも居る為
そういったポケモンでは別の戦術を使う必要があります。

似たような効果の初手エキサイト技は部門一致で獲得できる得点がエキサイト込みで5ポイントとイマイチ。
ライブアピールが取れる場面で使えれば強力ですが、初手から使ってしまうと逆に取られかねません。
先手技と組み合わせて2ターン目以降に使っていきたい技なので、使い勝手は全く異なります。

直前部門技◎◎1つ前の ポケモンのアピールと
タイプが 同じなら 気に入られる
-テクスチャ
テクスチャー2
ベノムショック
りんしょう
-じこあんじ
じこさいせい
シンクロノイズ
パワートリック
ミラータイプ
みらいよち
ゆめくい
-

直前部門技というか、ぶっちゃけりんしょうですね。
ほとんどのポケモンが覚える事に加えてうつくしさ部門のCPUはうつくしさ技が非常に多いです。
うつくしさ技のみのポケモンも居る為、りんしょう+基本技でも十二分に戦えます。
かしこさ部門は少し部門一致が減りますが、それでも十分強力な効果。
じこあんじやゆめくいを覚えるポケモンは積極的に採用したいところですね。

行動不能技◎◎◎◎
◎◎◎◎
すごいアピールに なるが このあと
最後まで なにも できなくなる
-いやしのねがい
じばく
だいばくはつ
みかづきのまい
-みちづれいのちがけ
おきみやげ

アピールコンボの+11が極めて魅力的ですが、コンボなしでの+8でも十分な得点。
特定部門のチルルを除いてそこまでポイントを稼いでくる訳でもない為
隣接部門での使用も視野に入るレベルですね。
かっこよさ部門、たくましさ部門では最終ターンに究極技が飛び交うため
この技での行動不能中は妨害を受けない効果を狙って4ターン目に使うのも悪くないでしょうか。
もちろんネックなのは覚えるポケモンが多くない点、ですね。


続けては対CPUにおいてイマイチな技。
元の性能がイマイチで使い難いという技は個別に酷評したので要らないでしょう(
もちろん、該当する直前妨害技や直前参照技は対CPUでも使い難いです。

反動技◎◎◎◎
◎◎
とても アピール できるが
このあと 驚きやすくなる
げきりん
じごくぐるま
とびげり
とびひざげり
Vジェネレート
フレアドライブ
ブレイブバード
ボルテッカー
あくうせつだん
オーバーヒート
ガリョウテンセイ
シードフレア
しおふき
はなびらのまい
ふんか
リーフストーム
りゅうせいぐん
はらだいこサイコブーストアームハンマー
あばれる
アフロブレイク
インファイト
ウッドハンマー
すてみタックル
とっしん
ばかぢから
もろはのずつき
ワイルドボルト

対人戦では妨害技の採用率の低さから1番手で使うなんて暴挙も可能ですが
マスターランクでは妨害技を持っていないCPUしか居ないなんて光景がまずありません。
後手技で4番手に下がって使うといった用法なら良いんですが、基本技代わりになんて使い方はNGですね。

防御技◎◎ほかの ポケモンに 驚かされても
一回 くらいは がまんできる
-しんぴのまもり
ダイビング
ひかりのかべ
あまいかおり
からにこもる
まもる
まるくなる
みがわり
リフレッシュ
かぎわける
くさぶえ
そらをとぶ
ぼうぎょしれい
リフレクター
あなをほる
かたくなる
のみこむ
完全防御技ほかの ポケモンに 驚かされても
がまんできる
キングシールト
ゴーストダイブ
シャドーダイブ
テレポート
バリアー
みきり
いやしのすず
しろいきり
フラワーガード
コットンガード
ちいさくなる
てをつなぐ
とびはねる
ドわすれ
ねむる
アロマセラピーてっぺき
とける
ニードルガード
ワイドガード

妨害技が多いなら防御技なり完全防御技で防げばいいじゃない、とはなりません。
この2技で防ぎたいほど厄介な妨害技はかっこよさ、たくましさ部門の究極技ぐらい。
それ以外の妨害技は防ぐよりもポイント稼ぎで上回ったほうが遥かに楽で効率的です。
かっこよさ部門は防御技がなく、完全防御技も6つ中2つが専用技という有様。
マシン技は1つもない為扱えるポケモンはかなり限られてしまいます。
たくましさ部門はあなをほるがマシン技ではありますが
自分以下全員が妨害技で終わる事が良くある魔窟の為心許無いです。
教え技のてっぺきが完全防御技なので採用の余地がありますが
それ以外は使い手が少ないということでイマイチ。
逆にせっかく使ったのに誰も妨害技を使ってこないなんていうマーフィーの法則もある為
使いどころは最終ターンぐらい・・・と考えると素直に行動不能技で良いんですよね。


もちろん、これはあくまでも対CPU戦においてのポイント。
対人戦となるとまた違ってくるので、その点にはくれぐれもご注意を。