Hatena::ブログ(Diary)

読書でひぐらし このページをアンテナに追加

2017-02-10

「涙香迷宮」からちょっと寄り道

「涙香迷宮」からちょっと寄り道を含むブックマーク

 ”このミステリーがすごい”でトップを取った「涙香迷宮」を読み始めた。まず、話の中心に据えられた黒岩涙香その人が気になってしまい、あわてて本棚をあさる。ひとまず「涙香迷宮」を中断して、「まむしの周六」を読むことにした。これが名著。涙香が万朝報で成したことの数々が、涙香の目線で小説風に描かれていて抜群に面白い。明治三十六年十月十三日の万朝報に、「内村幸徳堺の三氏、非戦論を唱えへて朝報社を去る、朝報は戦を好むの主義なる乎」で始まる涙香の名文が載った背景もわかってすっきりした。涙香のミステリ翻訳本もあるが、またの機会にとっておいて、「涙香迷宮」に戻るとしよう。

涙香迷宮 まむしの周六―万朝報物語 (中公文庫 A 35-3)

2017-01-02

今年もよい年に

今年もよい年にを含むブックマーク

 元旦の朝。空はすっきりと晴れわたり、読書をする部屋にあるベランダから富士山を拝むことができた。

 今年もまた読書と音楽を楽しんでいこうと思います。

 本年もよろしくお願いします。

2016-12-30

来年もよい年に

来年もよい年にを含むブックマーク

 今年最後の読書は「暗殺者の反撃」。上下巻あるが、すでに下巻のラスト。

 大詰めに差し掛かり、気づくと朝の3時を回っていたので、ぐっとこらえて本を閉じて眠りについた。

 こういう読書は体にはこたえるが、たまらない。

 読書はミステリ、メタルはBABYMETAL。初めて首にコルセットを装着するという刺激的な一年だった。

 さあ、年越しまであと少し。来年もよい年になりますように。

 暗殺者の反撃〔下〕 (ハヤカワ文庫 NV) LIVE Blu-ray 「LIVE AT WEMBLEY」 BABYMETAL WORLD TOUR 2016 kicks off at THE SSE ARENA, WEMBLEY

2016-12-04

CDを買い直す

| CDを買い直すを含むブックマーク

 BABYMETALは古参メタラーの忘れかけていた情熱を呼び覚ますという噂話は本当だった。

 1980年代からメタルに夢中だった私も、いつの間にか熱意を失い、雑誌の立ち読みやタワレコの試聴で細々と新譜を確認する程度になり果てていた。もちろん、代わりに多く得たものがあるので、それを後悔しているわけではない。ただ、また、これほどメタルの血が騒ぐことがあろうとは想像していなかった。

 記憶を頼りに、ネットでアルバムを検索しているが、音質的、かつ本質的に、You Tubeじゃぜんぜん物足りないので、手放したことのあるCDも含めてビシバシ買い直している。それが楽しくてしょうがない。当時、渋谷新宿池袋に豆に通って掘り出さないと買えなかったアルバムが、今じゃネットでぽちっと買えることに愕然しつつ。

 半ば埃をかぶっていたオーディオシステムに、もうひと踏ん張りしてもらおう。

D

 

2016-11-24

SFの古典

SFの古典を含むブックマーク

 ジュール・ヴェルヌの「海底二万里」を読む場合、潜水艦や海底の様子を映画やテレビで見た経験と知識が、自由な想像の邪魔をしてしまうので注意が必要だ。

 古いSFでもスタニフワム・レムの「ソラリス」に準備は不要。人の深層意識にふれる主題を扱っており、古びることがないためだろう。

海底二万里 (創元SF文庫) ソラリス (ハヤカワ文庫SF)