Hatena::ブログ(Diary)

別館TUV このページをアンテナに追加

2014-04-17

お湯を溶かしました。

凍結解除のうえ移転した先はこちらになります。→http://tsukubaunitedsungaia.hateblo.jp/

2013-04-08

別館更新を凍結します。これからの○○を願っています。

○○に入れるべきが「発展」なのか「昇格」なのか、それとも「存続」なのか…まだまだこちらにも整理がつかない。2年連続のチャレンジマッチ進出、そして、精一杯の戦い、ほんとうにおつかれさまでした(これはチームに関わった全ての方々に対して)。

物理的心理的論理的全ての意味で、現在の自分が、現在のサンガイアについて既に語っていいことばをちゃんと持てないような感がある。昨シーズンはいちども見に行けず、ことし見られたのも1度だけだった。

いや、回数の問題…でもないのかな、と思っている。

応援しなくなるとかこれから相手を応援するからぷぃっ、ということではなくて、ここ別館のありようについては、何となくどこかで一区切り、とは思っていた。

まだ「○○」に入れることばを決めかねているのだが、リーグ(学生さんにとってはもうすぐ)に黒鷲に、まずはしっかりやり遂げていただけることを、(まだ鞭を打つのかと言いつつも)心密かに祈るばかりではある。

ここは閉じないので、万が一ここに書いてあることを見たいという方があればいつでもどうぞなのである。そして、中の人の今後の更新は(気が向いたら)こちらでやってまいりますゆえ〜→/ja あやつる YmrDhalmel

以上!解散!おつかれさまでしたっ。

2012-03-04

V・チャレンジリーグ優勝記念・つくばユナイテッドSun GAIAまとめ?(続編)

後編が書けぬまま2年半が経ちましたが、そういうこともあるわけで。

ここまでこのチームに関わったすべての方におめでとうございますの意を込めて、続きを書くこととします。

(創立から2009年7月まで→つくばユナイテッドSun GAIAまとめ?(前編:沿革編) - 別館TUV)※文中敬称略

2009/10(つづき)

2009年8月
  • つくばを主体とし、当時大学生の平野(現・大同特殊鋼。新人賞おめでとう!)などを加えた茨城選抜として国体予選に出場したが、関東予選緒戦で敗れた。
2009年10月
2009年11月
2010年2月
2010年3月
  • V・チャレンジリーグは最終戦のジェイテクトにも敗れ、3位で終了する。

2010/11

2010年5月
  • 黒鷲旗には出場せず(繰り上がって東京ヴェルディが出場)。
  • 小橋口退団。鹿児島で教員に
  • チーム公式発表を待たずして、監督の交代(加藤陽一監督就任)と上場のFC東京移籍が明らかになる。その後、6月に入ってから移籍に関するリリースはおこなわれた。
2010年6月
2010年7月
  • 新体制が発表された。加藤が監督兼主将となった。松田前監督はクラブの運営自体から外れた。→?p=5077 に何も見つかりません
  • 東京ヴェルディから吉野淳、デンマークから高橋賢行が加入。またこの年筑波大学に入学した出耒田敬、久原大輝、前田一誠、田城貴之が新たに登録された。
  • サマーリーグ一次リーグ(兵庫県あわじ市)でBグループ2位に入り、決勝リーグ進出を決めた。また、この大会で加藤が初めてセッターを務めた。
2010年8月
2010年9月
2010年10月
  • 茨城県予選を勝ち抜いた筑波大学とともに、地元・茨城県ひたちなか市で開催された天皇杯関東ブロックラウンドに出場。この年初出場のアザレア(埼玉)に勝利するも中央大学に敗れ、ファイナルラウンド出場ならず。
  • デンマークリーグでプレイしていたセッター高橋寛記が加入。
2010年12月
2011年3月
  • 11チーム2レグ開催が予定されていたV・チャレンジリーグは、ジェイテクトと富士通に1敗ずつを喫し14勝2敗となったところで、つくばカピオでのホームゲーム開催前日、3月11日に東日本大震災がおこる。リーグは打ち切りとなり、消化試合数の少ないつくばは勝率の差で3位となる。
  • 出耒田がスパイク賞と新人賞を受賞する。
  • つくば市内の被災ダメージも少なからず、練習場所を確保するのが難しい中、チームは着々と前を向き歩む。

2011/12

2011年4月
  • 黒鷲旗出場を前に公開練習、イベントを精力的に実施。
2011年5月
  • 黒鷲旗に出場する。サントリー、FC東京に敗れ、順天堂大学に勝利し1勝2敗で大会を終える。
2011年7月
  • チーム創設時からのメンバーを含め7選手が退団。のちに安井はジェイテクトへ、高橋マサは東京ヴェルディへの移籍が発表される。
  • サントリーから柴田恭平(2003年筑波大学主将)が移籍、また筑波大学在学中の李博が新たに登録される。
2011年8月
  • ひたちなかでおこなわれた国体関東予選につくば・筑波連合の茨城チームが出場、山口国体への出場権を得る。
2011年10月
  • 山口国体、茨城県は準々決勝で山口県に敗れ、5位決定戦で長崎県に勝って5位。
  • 天皇杯関東ブロックラウンドは昨年に続いて筑波大学とW出場。大学の秋季リーグ後半に出場機会が多かった田城以外の学生は大学チームから出場していたが、サンガイアは代表決定戦で富士通に敗れファイナルラウンド出場できず。筑波大学はブロックラウンドを突破し、ファイナルラウンドへ。
2011年12月
  • 例年より早く、V・チャレンジリーグ開幕。
2012年2月
  • レギュラーラウンドでは富士通に敗れるもジェイテクトに勝利し、ジェイテクトに次ぐ2位で終了。
2012年3月
  • 上位リーグ開幕から4連勝で、最終日を待たずに2位以内を確定させる。最終日は2セットを先取し、結局フルセットで敗れるも、V・チャレンジリーグ初優勝を決める。3/31-4/1に大和でおこなわれるチャレンジマッチ(VS大分三好ヴァイセアドラー)にて、V・プレミア昇格を賭けて戦う。

2011-06-02

これまでも、そしてこれからも、すこしでも前に

お久しぶりです。別館更新はすっかり途絶えておりましたが、そこそこに。

さすがに、昨日チームから発表された「7選手の退団」という報せは、堪えた。

それぞれに思い出すことが多すぎて、何から書いていいのか、よくわからない。

ようやく、大学生がチームに合流できない時期でも、割とゆとりのある編成でチームができるようになったと思ったところだったが、(なんどか繰り返しているけれども)またたいへんな状況に戻る。

これだけは言わせてください。

今までもV昇格を目指し、道半ばで辞めていった選手やスタッフがいることを。

花に嵐のたとえもあるぞ、さよならだけが人生だ。 - 小川プロデュース ?ビーチバレー選手 小川将司のブログ?

昨日、いろいろな記事を見るために巡回していて、いちばん響いてどうしようもなく響いてどうしようかと思った一節だった。

それこそ、いろいろなところでの、いろいろな試合を思い出した。順不同。

外は雪降る池尻の緒戦とか。

いくつかのカピオとか。

ギリギリの布陣で臨んだ天皇杯とか。

親善試合とはいえど、総力戦でブレイザーズにフルセット粘り勝った福井とか…

シーズンの度にいろんなことが変わって、見ている側は上がったり下がったりした。

それでも、やっぱり、根っ子に流れ続けていることは変わらないし、変わってはならない。

このチームが幸せにならなければ、この競技のどこがどう幸せになるんだ。

ある意味不遜なのかもしれないが、どんなに中の人が変わっても、ずっと同じことを考え続けている。

また、どこかの試合会場で。

ここでこそ繋ぎの神髄 20110313 | Flickr

2010-08-31

クロスします

Vリーグ公式サイトに、つくばユナイテッドSun GAIA関連の「登録有効」と「登録抹消」のお知らせが、並んで掲載された。

2010/08/30 登録抹消 6 大木 貴之
2010/09/09 登録有効 25 高橋 賢行
http://www.vleague.or.jp/team_reg_player_list/id=271&season_id=486

「登録有効」は、既に今シーズンの新戦力として発表されていた高橋賢行(まさゆき)。東海大からFC東京を経て、アイスランドデンマークのチームで活躍の後、今シーズンからつくばに加入することとなった。左利きで194cmの大型選手。おそらく夏の諸々の兼ね合いから(?)登録がこの時期になったのだろう。登録有効が9/9なので、サマーリーグ決勝には出場可能である。

サマーリーグ決勝は、大学の秋季リーグ開幕と重なって学生を帯同させられない状況であり、いきなり活躍することになる可能性は高い(けど…見られん)。

さる週末は、伊豆大島のバレーボール教室に行っていたようで(去年の写真に細い方が…。あっ…)。シャツネームは「MASA」。

一方、「登録抹消」だが…正直驚いた。暮れまでは大学のスケジュールが目白押しで…というのは例年どおりのことだと思っていたので、いきなりこの時期にその報せを聞くとは思わなかった。詳細のところを何ら把握していないので、また改める。まずは、大学生最後の秋リーグと全日本インカレを、この密度の濃い4年間の総決算として、精一杯の力を出し切れることを切に願うばかりである。サンガイアにとって、大きすぎる3シーズンであったことを、しみじみ思いつつ。

いろいろな選手の、いろいろなバレーボールが、ここでクロスしているということを、改めて感じる、この2行のお知らせであった。

サマーリーグ決勝は、愛知県春日井市にて9月11日/12日に行なわれる。そして、同じく9月11日、関東大学秋季リーグ戦も開幕を迎える。