カチガワ録音雑記

2005-12-10 づ、どん

オッス、オラ悟空

というわけで行ってきましたよ。


入ってみると、やはりかなりの人人人、しかも予想通りキッズ率高し。

ま、ええけど、来とっても。コラプテッドで地獄を観るだけだでな(悪)





まずはNICE VIEW。

前回、STREETの雪辱戦だね!

と思ったらまたまた音の悪いハコで・・・

こっちの方がだいぶマシか・・・

しかしいまいちノリきれてない感じ、歯車がうまく噛み合ってないというか・・・イキそうでイけないという。

とてももどかしい感じ。

はっきり言って噛み合った時はあんなもんじゃないすよ。

今の所elevenでのライブが最高です。




f:id:UESU:20051210083900j:image f:id:UESU:20051210083957j:image

Corrupted!

PA通すのか・・・ま、前で観る自分にはあまり関係ないね。

轟音一閃!

この音の立ち上がり、これだ!

観る者を瞬時に彼らの世界へと引き込むこの音の圧力!そして瞬発力!

長いイントロを経てヴォーカルが入る、ここから底の底の世界へと連れて行ってくれる・・・!

が・・・・・・ギターの電源が落ちる。

気を取り直して二回目、またも同じような所で!

配線を繋ぎ直し、とりあえず一番デカイ音を出してみよう、とゴァーーーーーーーッとものすごい音をぶちかます。

イントロ2回も聴けるし、こんなんも聴けちゃって得したのかも・・・と思いつつ

三回目、バンド側のモチベーションは否応無しに下がるし、自分は「これで落ちたらライブ終了だろうな」、と冷や冷や。

問題の箇所を過ぎても落ちない!よかった〜。

そこからバンドのテンションが上がって行く。

各々の出す一つ一つの音の重み、音に質量がある。

10年間、研鑽に研鑽を重ね、辿り着いた地。

そこには人が居た痕跡は無く、誰一人、彼らの後に続く者もいない。

そんな場所で鳴らす、感情とか美しいとか暗いとかそういった表現可能なものを超えた所にある、あまりにも圧倒的な”なにか”


1曲もしくは2曲、3,40分くらいかな。




envyですが、びっくりする程薄っぺらい音にしか聴こえず、あまりにウソ臭く感じたので早々に退散。

envyってあんなもんだったか???




その後、居酒屋(もちろん安心のチェーン店♪)にて

ボアダムズ[SUPER ROOTS 3]がいかに重要

・SFPや油や凸に対して、10年以上前山塚アイがやったことを今更、という批判はちょっと違うんじゃないか

吉田スシがいかに素晴らしいか

山本精一がいかに神であるか

・昔のレイヴには宇宙人がいた

という話などをする。




さて今日は、

[第4回 Acid Mothers Temple祭〜AMT結成10周年記念〜]@Tokuzo

ACID MOTHERS TEMPLE + あふりらんぽ + RUINS =

ACID MOTHERS AFRIRAMPO RUINS

です。

観る前から感想が書けそうなこのライブ。

じゃあなぜ行くのかと問われると、それはあのオッサンらがたまらなく好きだから!!