Hatena::ブログ(Diary)

超隙間産業ブログ

このページは超隙間産業のコンテンツの一部です、
どうでもいいようなコンテンツを掲載しております、よろしければこちらもどうぞ。
といいたいところですが更新休止中

2009-12-19

M-1の感想

18:59 | M-1の感想 - 超隙間産業ブログ を含むブックマーク M-1の感想 - 超隙間産業ブログ のブックマークコメント

2005年のだけどな!


94 ブラックマヨネーズ

93 南海キャンディーズ

85 笑い飯

85 品川庄司

81 アジアン

78 千鳥

76 タイムマシーン3号

75 チュートリアル

75 麒麟


順番と点数つけるならこんな感じかなー

基準はどれだけ笑えたか、面白かったか

基準点はシンスケと同じく、1番手笑い飯の85点に設定。

(1番手は70点あたりにとりあえず固定しちゃえばいいと思うんだけれどなあ

中田カウスとか95点つけちゃって・・

笑い飯より後の人の方が全員面白かったらどうするつもりだったんだろうか)

上手さとかって笑いに直接影響してくるから

わざわざ考慮する必要もないかなと思うのです。


ちなみにM-1審査員の平均点と順位は

94.1 ブラックマヨネーズ 最終4票

92.3 麒麟 0票

90.4 笑い飯 3票

89.4 品川庄司

88.9 チュートリアル

86.7 千鳥

81.6 タイムマシーン3号

80.6 アジアン

78.9 南海キャンディーズ


気になった点とか


ブラックマヨネーズ

ずっと笑わせてもらった。

特に吉田の主張のほうがたまに正しくなるのが面白い

小杉はちゃんと解決策を示しているから常識から徐々に外れてきていても一見正しくて

吉田がどんな理屈で反抗してくるのかばかりに注目してしまうから

納得できる常識的な理屈で観客まるごとカウンター喰らう感じ

突っ込みって素晴らしいって思っちゃう。

大竹さんのいうようにオーソドックスな漫才だ、とは思わない。

あと小杉やせてるなあ。


南海キャンディーズ

ボケの数の少なさとスローテンポと間が審査に響くのかなあ・・

いやでも前の年は2位だったはず

ブレイクして慣れられたからインパクトの分が薄くなって昨年と一緒じゃだめってこと?

すっごい面白いと思ったんだけれどなあ

シュワシュワジャバジャバとかM-1中に思い出し笑いした。


品川庄司

メスとかしつこかった部分が結構あったと思ったけれど

面白かったなあ

この人たちこんなに面白かったっけかw

あらびき団に出てきた庄司はとんでもなく面白かったけれど。

品川さんがちょっとワッキーっぽかった


アジアン

前半かなり面白かったけれど少しづつ失速しちゃった感じ

つかみが上手いんだろうなあ


チュートリアル

売れすぎたせいで徳井のキャラになれちゃってるから比較的面白く感じないのかな?


こんなもんかなー

上手さとかそんなのを入れるならチュートリアルとか麒麟とかは上げざるを得ない

まあ2009年に2005年の漫才を評価したら審査結果と差が大きく出るのは当たり前だよね。


決勝はどうかなー

笑い飯ブラックマヨネーズで悩むけれど笑い飯かなー

麒麟も予選とは違ってかなり面白かったけれど。