Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■移転しました YOの玩具箱(はてなブログ版)←こちらへお願いします。

2009-06-14

海洋堂 リボルテックヤマグチ エヴァンゲリオン2号機 [新劇場版:破] エディション レビュー

f:id:UNOYO:20090614153409j:image

新作映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」より、新デザイン・新装備の

エヴァンゲリオン2号機のリボルテックが登場!




エヴァンゲリオン2号機

f:id:UNOYO:20090614141559j:image f:id:UNOYO:20090614141712j:image

赤い機体色が特徴のエヴァンゲリオン2号機。

今作での正式名称は「汎用ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン

正規実用型 2号機(先行量産機)」でありパイロットは「式波・アスカ・ラングレー」。





f:id:UNOYO:20090614141857j:image

f:id:UNOYO:20090614142005j:image

名称や設定とともに細部のデザインやカラーリングがTV版から変更されています。





頭部

f:id:UNOYO:20090614142200j:image

f:id:UNOYO:20090614142308j:image

特徴的な四つ目はそのままに、額に小さなツノが追加されました。

鬼のイメージだと思うんですが、どうしてもコクワガタという単語が頭に浮かびます。





可動など

f:id:UNOYO:20090614142356j:image

f:id:UNOYO:20090614142504j:image

首には2連リボ球。

上下左右に大きく動かすことが出来ます。





f:id:UNOYO:20090614142653j:image

f:id:UNOYO:20090614143049j:image

肩装甲は従来の肩に固定するタイプから、ボディへ接続するタイプ変更になりました。





f:id:UNOYO:20090614142828j:image

これにより肩装甲を気にせず肩を動かすことが出来るようになりましたが

動かし方によっては装甲が肩から離れて浮いてしまい、ポージングに制限が出るため

動かしやすさとしては一長一短な感じです。





f:id:UNOYO:20090614143158j:image

肩と肘はリボルバージョイント。

手首はモノシャフト可動です。

手首は非常にポロポロします。





f:id:UNOYO:20090614143308j:image

f:id:UNOYO:20090614143429j:image

腰はリボルバージョイント。

体を大きく前方に折る事が出来ます。





f:id:UNOYO:20090614143822j:image

f:id:UNOYO:20090614143713j:image

股関節と腿はモノシャフト可動。

個体差かもしれませんが少し接続がゆるく、股を開いての自立は少々苦労しました。





f:id:UNOYO:20090614144020j:image

膝は2連リボ球で180度曲げることが出来ます。

足首もリボルバージョイント接続。





f:id:UNOYO:20090614144551j:image

つま先にはリストジョイントを使用。

かかとを上げてつま先だけ設置させることができるようになりました。





オプション一覧

f:id:UNOYO:20090614144938j:image

豊富なオプションパーツが付属。

特に手首が多いです。





アンビリカルケーブル

f:id:UNOYO:20090614145209j:image

リボルテックエヴァではおなじみの電源ケーブル

ケーブル部には針金内蔵で自由に曲げられる他、自立補助にも使用できます。





パレットライフル

f:id:UNOYO:20090614145424j:image

f:id:UNOYO:20090614145729j:image

こちらもおなじみの武器。

左右どちらの手でも装備できます。





スマッシュホーク

f:id:UNOYO:20090614150127j:image

f:id:UNOYO:20090614150257j:image

斧型の武装。TV版ではレリエル戦で足場として活躍しました。

付属するということは新劇場版でも使用してくれるのでしょうか。






ボウガン

f:id:UNOYO:20090614150647j:image

f:id:UNOYO:20090614151153j:image

新設定のボウガン型武器。

パッケージの情報では正式名称などはわかりませんでした。

専用のもち手で右手でのみ保持可能。





空中挺進専用S型装備

f:id:UNOYO:20090614152014j:image

こちらも新設定の装備。

単独での飛行が可能になるオプションかと思われます。

ウイングがつくと一気にヒロイックになりますね。





f:id:UNOYO:20090614152306j:image

f:id:UNOYO:20090614152336j:image

f:id:UNOYO:20090614152446j:image

肩の装甲をまるごと交換して装備します。

メカメカしくてかっこいいです。





f:id:UNOYO:20090614152550j:image

S型装備の際には下腕もプレートの伸びたものに交換します。






f:id:UNOYO:20090614152920j:image

スタンドをつかって飛行ポーズ。





f:id:UNOYO:20090614153145j:image

エヴァは背が高いため、より自由にポーズを決めやすくするため

スタンドの延長パーツが付属。

エヴァの背中に接続して浮かせることが出来ます。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20090614153409j:image

f:id:UNOYO:20090614162046j:image f:id:UNOYO:20090614160739j:image

f:id:UNOYO:20090614162911j:image

f:id:UNOYO:20090614155904j:image f:id:UNOYO:20090614161410j:image

f:id:UNOYO:20090614154526j:image

スタンドの延長パーツがいい仕事してくれます。

遊びながら写真を撮ったらものすごく時間がかかってしまいました。





f:id:UNOYO:20090614163307j:image

やはりボウガン型武器が気になります。


以上、新劇場版エヴァ2号機でした。

新設定にあわせて完全新規造形になっているのですが第一印象は「ヒョロい!」でした。

それが作中通りなのですが従来のリボのエヴァはムキムキなイメージがあったので新鮮でした。


よく動いて非常にかっこいいのですが

手首のポロリや下半身の保持力・安定性など少しストレスを感じる部分もありました。

塗装の精度もいつものリボルテックなので神経質な人にはあまりオススメできないかも・・・


とはいえS型装備はいいものです。

映画が公開されるとはけるのも早くなると予想されますし、

気になる人は早めに手に入れておいたほうが良いと思います。


初登場となる映画での活躍が楽しみ。