Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■移転しました YOの玩具箱(はてなブログ版)←こちらへお願いします。

2009-09-08

海洋堂 リボルテック アッセンブルボーグ ドゥームダイバー レビュー

f:id:UNOYO:20090908165847j:image

海洋堂オリジナルアクションフィギュアシリーズ・アッセンブルボーグより、

絶望の尖兵、超攻型軌道降下兵装ドゥームダイバーを紹介!



ドゥームダイバー

f:id:UNOYO:20090908153900j:image

f:id:UNOYO:20090908154238j:image

f:id:UNOYO:20090908154042j:image

宇宙の超魔学が生み出した超攻型軌道降下兵装。

異形の装備はジャークボディと融合しその力を数十倍にまで高める。


趣味の悪いアンティークを組み合わせたような

禍々しいシルエットが素敵です。





構成パーツ:ボディ

f:id:UNOYO:20090908155720j:image

f:id:UNOYO:20090908155759j:image

ボディはゴロッと1パーツのムクになっています。

リボルバージョイント用の穴は7箇所にあります。





左腕

f:id:UNOYO:20090908160106j:image

緑色の上腕パーツはジャークノイド用のものの色違いです。





右腕

f:id:UNOYO:20090908160535j:image

クリアオレンジのパーツはオフィシャルの組み方では1つしか使用しませんが

組み替え用としてオマケにもう一つ付属しています。





腰部

f:id:UNOYO:20090908161126j:image

このへんの構造はジャークノイドと共通です。





脚部

f:id:UNOYO:20090908161242j:image

足首は2箇所にリボルバージョイント用の穴があいています。






頭部

f:id:UNOYO:20090908154349j:image

f:id:UNOYO:20090908154502j:image

量産メカらしいシンプルな頭部。

このシンプルさが逆に不気味です。





f:id:UNOYO:20090908155118j:image

巨大な右手の4本の指はリボルバージョイントで

それぞれ独立可動。






f:id:UNOYO:20090908154735j:image

f:id:UNOYO:20090908154859j:image

背中の副腕は関節に2連リボ球を使用しフレキシブルに可動。

先端のアームも開閉が可能です。





シューティングモード

f:id:UNOYO:20090908155309j:image

f:id:UNOYO:20090908155411j:image

f:id:UNOYO:20090908155517j:image

右腕を変形させ、肩に接続することで

シューティングモードが完成。





ジャークノイドと比較

f:id:UNOYO:20090908162218j:image

ジャークノイドのザインさんと並べてみました。

ボディのせいでドゥームダイバーのほうがかなり大きく見えます。





ジャークノイドフュージョンフォーム

f:id:UNOYO:20090908162603j:image

頭部や緑色のパーツをジャークノイドと交換すれば

ジャークノイドがドゥームダイバーを強化外骨格として装備した状態も再現できます。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20090908165847j:image

f:id:UNOYO:20090908172213j:image

f:id:UNOYO:20090908165102j:image

f:id:UNOYO:20090908164410j:image

f:id:UNOYO:20090908173420j:image

f:id:UNOYO:20090908171050j:image

f:id:UNOYO:20090908163635j:image

副腕がシンプルながら楽しいです。

ボディがかなり重いので自立させるのはちょっと大変でした。





やはりアッセンブルボーグの真髄はアッセンブル、というわけで

僭越ながら私の組み換え作品を紹介をちょこっと紹介。


電送形態

f:id:UNOYO:20090909181528j:image

まずは一発目、電送形態。

こちらはジャークノイドの基地から戦場へ転送される状態のドゥームダイバーをイメージして組んでみました。

大まかな形はコミックの写真を参考にくみ上げ、少しアレンジを加えさせていただきました。

ドゥームダイバー1体で組むことが出来ます。





昆虫形態

f:id:UNOYO:20090909000555j:image

大きなボディの突起をアゴに見立ててクワガタ風の昆虫形態に。

クリアパーツは目、パトライト、銃口とさまざまなものに見立てられて

非常に使い勝手が良いです。

ドゥームダイバーを1体使用。





戦闘機形態

f:id:UNOYO:20090909182149j:image

副腕の棒パーツをブースターに見立て、STGの自機のようなスタイルを目指してみました。

どちらかというと撃ち落とされる側っぽくなってしまいましたが・・・

ドゥームダイバーを1体使用。





フリーザ様形態

f:id:UNOYO:20090909171143j:image

ボディパーツは見方を変えれば丸っこくも見えるので

ミニエグゾと組み合わせてフリーザ様+椅子を再現してみましたよホッホッホ。

ドゥームダイバー+ミニエグゾを使用。





ロボット形態

f:id:UNOYO:20090909184614j:image

副腕の棒パーツを使って華奢な体型の人型ロボットを組んでみました。

イメージとしては案山子。

流石に自立は出来ませんでした。

ドゥームダイバーを1体使用。





謎のお猿形態

f:id:UNOYO:20090909005523j:image

ファイアボールに登場するお猿ロボを目指してみました。

銀色パーツのみで組もうと思いましたがパーツが足りず

緑の有機的なパーツも使ってしまったのでちょっとキモいです。

ドゥームダイバーを1体使用。





自律砲台形態

f:id:UNOYO:20090909183002j:image

本当は戦車を目指したのですがどうにもうまくまとまらず砲台ということに。

とりあず何かを砲塔に見立てれば砲台と言い張ることが出来ます。便利!

ドゥームダイバーを1体使用。





トライポッド形態

f:id:UNOYO:20090909183547j:image

副腕を利用して三本足の宇宙人メカを組んでみました。

複数買いすればもっと足を伸ばせますね。

ドゥームダイバーを1体使用。





アサルトウォーカー形態

f:id:UNOYO:20090909172301j:image

チェンジ!ウォーカー

別にガウォーク形態でも良かったんですが翼が上手く再現できなかったので

アサルトウォーカーということにしました。

自分で作っておいてなんですが結構気に入ってる組み換えです。

ドゥームダイバーを1体使用。





モンスター形態

f:id:UNOYO:20090909004347j:image

何も考えずに適当に組みました。すみません。

しかし個々のパーツのデザインが秀逸なので適当に組み合わせるだけで

それなりに見れる形になるような・・・?

ドゥームダイバーを1体使用。





エアロバイク形態

f:id:UNOYO:20090909175917j:image

オフィシャルサイトでレシピが公開されている組み換えです。

ロックマンエックスシリーズに出てきそうな素敵なデザイン。

ドゥームダイバー+ジャークノイドザインを使用。





f:id:UNOYO:20090909180106j:image

もちろんジャークノイドを乗せることが出来ます。

フレームにはザインのパーツを使用しているので実質ザイン専用メカですね。

乗せると非常にヒャッハーな感じ。





ジェノサイドギア形態

f:id:UNOYO:20090909174148j:image

こちらもオフィシャルサイトでレシピが公開されている組み方。

ただしレシピではドゥームダイバー+ジャークノイドエグゾで紹介されていて

私はエグゾの代わりにザインを使用したので一部組み方をアレンジしています。

ドゥームダイバー+ジャークノイドザインを使用。





f:id:UNOYO:20090909174417j:image

公式組み換えなだけあってバランス抜群。

組み換え後の可動域まで確保されています。

流石です。





拷問メカ形態

f:id:UNOYO:20090908234729j:image

最後はお仕置きマシーン形態。

最後がこんなので申し訳ないですが

何気に個人的に一番の力作だったりします。

ドゥームダイバー+アイリを使用。



以上、リボルテックドゥームダイバーでした。


ジャークノイド用の強化パーツの集合体という位置づけですが

オフィシャル通りに組むだけでもアクションフィギュアとして十分あそべます。

このデザインもクリーチャー好きにはたまりません。


組み換えは発想が貧困なのでどうにもパロディやネタに走りがちになってしまいましたが

「これを組もう」と決めたものを実際に「組めてしまう」のは流石アッセンブルボーグだと思いました。



非常に面白いシリーズなので興味を持たれた方は是非公式サイトへGO!