Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■移転しました YOの玩具箱(はてなブログ版)←こちらへお願いします。

2009-10-17 雑記追記(21:55)

バンダイ ROBOT魂 <SIDE MS> ターンエーガンダム レビュー

f:id:UNOYO:20091017184649j:image

ROBOT魂に∀の風が吹く!

∀ガンダム』より、主役メカ・ターンエーガンダムがROBOT魂に登場!


ターンエーガンダム

f:id:UNOYO:20091017184550j:image f:id:UNOYO:20091017184551j:image

マウンテンサイクルという山に祭られている石像

ホワイトドール」の中で眠っていた古のモビルスーツ

ナノスキンやIフィールド、月光蝶など未知数の力を秘めた謎の多い機体。

過去の幾多の文明を滅ぼしてきたとされ、その歴史は『黒歴史』と言われている。





f:id:UNOYO:20091017184549j:image

シド・ミードによる特徴あるデザインを見事に立体化。

ボディが白なので見づらいですが全身のパネルラインもきちんと再現されています。





f:id:UNOYO:20091017183639j:image

f:id:UNOYO:20091017183640j:image

ターンエー最大の特徴であるヒゲをたくわえた頭部。

作中でも「お髭の機械人形」「白髭」あるいは単に「ヒゲ」などと呼ばれていました。

額の∀マークの下の一本線がなぜか未塗装。ミスか仕様かはわかりません。





f:id:UNOYO:20091017183641j:image

f:id:UNOYO:20091017183642j:image

お髭は硬質パーツ(上)と軟質パーツ(下)の2種類が付属し選択できます。

レビューでは基本的に硬質ヒゲを装着させています。





可動

f:id:UNOYO:20091017183643j:image

首は球体関節+ボールジョイントで大きく可動。

頭部は簡単に外すことができるので自分の頭をキャッチするシーンなども再現可能。





f:id:UNOYO:20091017183644j:image

肩アーマーは基部で回転・角度調節が可能。

側面の部分は横に開閉し腕を横に上げたときに干渉しないようになっています。





f:id:UNOYO:20091017183645j:image

肩はボールジョイント接続+横スイング。

上腕ロールもあり、肘も画像の程度まで可動します。





f:id:UNOYO:20091017183646j:image

下腕、手首基部、手首がボールジョイント接続になっているため

繊細なポージングが可能。





f:id:UNOYO:20091017183647j:image

ボディは腰と胸の下の2箇所がボールジョイント接続。

大きく傾けることもできます。





f:id:UNOYO:20091017183648j:image

f:id:UNOYO:20091017183649j:image

脚はボールジョイント接続+横スイングで180度開脚も可能。

太もも付け根にロールもあり。

フロントアーマー、サイドアーマーも可動します。





f:id:UNOYO:20091017183650j:image

膝は2重関節で綺麗に180度可動。

つま先とかかとを閉じることも出来ます。





f:id:UNOYO:20091017183651j:image

f:id:UNOYO:20091017183652j:image

足首はボールジョイント+軸可動の組み合わせにより

かなり高い接地性を誇ります。





f:id:UNOYO:20091017183653j:image

独特の体型ながら片膝をつくようなポーズも難なくこなせます。





f:id:UNOYO:20091017183655j:image

手首は握りこぶしのほか平手、後述の武器持ち手が両手分付属します。





f:id:UNOYO:20091017183656j:image

この手首の造型が地味に気合がはいっています。





f:id:UNOYO:20091017183459j:image f:id:UNOYO:20091017183500j:image

脚部スラスターベーンはパーツを差し替えることで

物語前半のナノスキンがつまった堆積状態を再現可能。





f:id:UNOYO:20091017183654j:image

胸部アーマーを交換することでハッチ展開状態を再現可能。

ミサイルが内蔵されていますが未塗装なのが残念。





f:id:UNOYO:20091017183658j:image

f:id:UNOYO:20091017183659j:image

肩アーマー後部にはビームサーベル・ラックを装着可能。

基部で上下に可動します。





f:id:UNOYO:20091017184641j:image

ビームサーベルはラックから取り外しビーム刃を装着することが可能。

武器持ち手で保持することができます。





f:id:UNOYO:20091017184642j:image

手持ち武器としてビームライフルが付属。

武器持ち手で上部の取っ手を持たせることが出来ます。





f:id:UNOYO:20091017184643j:image

下部からグリップを展開し、構えることも可能。





f:id:UNOYO:20091017183700j:image

後部カバーはスライドさせることが可能。

最大出力モードの際に握るグリップが再現されていますが

引き出すことが出来ないので実際に握らせることは出来ません。





f:id:UNOYO:20091017183701j:image

シールドももちろん付属。

左右どちらの腕に装備できます。





f:id:UNOYO:20091017183702j:image

シールドのグリップ、ガイド部分は折りたたみ可能。

また、グリップ基部もレールにそってスライド可能となかなか凝ったつくりになっています。





f:id:UNOYO:20091017183703j:image

背部には武装マウント用のラックを装備可能。





f:id:UNOYO:20091017183704j:image

ラックにはシールドとビームライフルをマウントすることができます。





f:id:UNOYO:20091017183705j:image

フル装備。





f:id:UNOYO:20091017184639j:image

発売当時から大事に持っているMIAターンエーと並べるとこんな感じ。

いつ見てもMIAのスミイレはスゴイです。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20091017184644j:image

f:id:UNOYO:20091017184645j:image

f:id:UNOYO:20091017184646j:image

f:id:UNOYO:20091017184647j:image

f:id:UNOYO:20091017184648j:image

f:id:UNOYO:20091017184649j:image

f:id:UNOYO:20091017184650j:image

ターンエーは毎回面白いアクションを見せてくれました。





f:id:UNOYO:20091017183638j:image

残念ながら今回はハンマーが付属しないのでMGターンエーから借りてきました。

かなり大きめですが雰囲気はいい感じかと。





f:id:UNOYO:20091017184653j:image

やっぱりターンエーにはハンマーが良く似合います。





f:id:UNOYO:20091017184652j:image

HGオーガンダムのGNフェザーを後ろに置いてみました。

やっぱり月光蝶とはちょっと違いますね。





f:id:UNOYO:20091017184640j:image

「お兄さん」であるターンエックスとツーショット。

かなりボリュームに差があります。





f:id:UNOYO:20091017184651j:image

お互い月光蝶を発動させつつも最後は一瞬の隙を突いた

ビームサーベルで決まるあのラストバトルが大好きです。





f:id:UNOYO:20091017184638j:image

以上、ROBOT魂ターンエーガンダムでした!


ライバルのターンエックスの発売から遅れること半年以上、

ついに主役のターンエーガンダムがROBOT魂になりました。


本体に関しては文句なしです。

MGターンエーからフィードバックされたと思われる箇所もチラホラみられ、

造型・可動ともに素晴らしいものに仕上がっています。


これだけ良く動いてカッコイイターンエーが手に入っただけで

ターンエー大好き人間としては十分満足なのですが

やっぱりどうしてもハンマーだけは欲しかったですね。MIAには付いてきましたし・・・

正直ターンエーにはライフルやシールドよりもハンマーのほうが良く似合うと思います。


ところで実はこのターンエー、コックピットをスライドさせると

簡単に腰から取り外せる仕様になっているのですが

これはコックピットを入れ変えて遊べるスモー発売フラグととってみてもよろしいのでしょうか。

可能性は低いと思いますが、期待してます!