Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■移転しました YOの玩具箱(はてなブログ版)←こちらへお願いします。

2009-11-15

バンダイ S.H.フィギュアーツ キュアドリーム レビュー

f:id:UNOYO:20091115180604j:image

S.H.フィギュアーツに新タイトル『Yes!プリキュア5 Go Go!』登場!

今回はその第一弾である主人公のキュアドリームを紹介!



キュアドリーム

f:id:UNOYO:20091115180331j:image f:id:UNOYO:20091115180330j:image

主人公「夢原 のぞみ」が変身するプリキュアであり、プリキュア5のリーダー。

名乗りの際のキャッチフレーズは「大いなる希望の力」。

コスチュームは露出の少ない「Go Go!」版準拠になっています。





f:id:UNOYO:20091115180416j:image

f:id:UNOYO:20091115180417j:image

表情はなかなか可愛くできていますが、表面がでこぼこしていたり少々荒め。

横からピョコンと出ているはずのモミアゲも残念ながら省略されています。

首は開封直後は長いと感じましたが動かしているうちに気にならなくなりました。





f:id:UNOYO:20091115180418j:image

f:id:UNOYO:20091115180419j:image

オプションとして交換用の叫び顔が付属。

戦闘シーンが多いプリキュアにはこちらのほうが似合います。

ただ左目のアイプリがどう見てもずれているのですが

他のレビューサイト様の個体もずれているのでどうも仕様っぽいです…





f:id:UNOYO:20091115180420j:image

首は根元と顔の2箇所でボールジョイント可動。

さらに顔の部分は極小のダブルボールジョイント接続になっています。

大きく動かせる半面少々安定しづらくなっています。





f:id:UNOYO:20091115180421j:image

肩は球体ジョイント接続でボディ側の受けの部分もボールジョイント可動。

見栄えと可動の両立が出来ています。





f:id:UNOYO:20091115180422j:image

肘は画像の程度まで可動。手首も球体関節で接続されています。





f:id:UNOYO:20091115180423j:image

f:id:UNOYO:20091115180424j:image

ボディは胸と腰の2箇所でボールジョイント可動。

スカートも非固定になっているので良く動きます。





f:id:UNOYO:20091115180426j:image

f:id:UNOYO:20091115180425j:image

脚は同じフィギュアーツの仮面ライダーと同じ構造になっており

可動範囲、動かしやすさ共に良好。





f:id:UNOYO:20091115180427j:image

膝は画像の程度まで可動。





f:id:UNOYO:20091115180428j:image

f:id:UNOYO:20091115180429j:image

足首は球体関節で接続。接地性はまずまずですがハイヒールのせいで接地面積が小さく、

ダイキャストも使用していないので本体の安定性はかなり悪いです。





f:id:UNOYO:20091115180430j:image

f:id:UNOYO:20091115180431j:image

手首は握りこぶしと平手が付属。

右手には後述に武器持ち手も付きます。





f:id:UNOYO:20091115180558j:image

専用武器のキュアフルーレが付属。

右手を持ち手に交換して保持します。





f:id:UNOYO:20091115180559j:image

カラーリングはドリームにあわせて蛍光ピンク。

手首の球体関節のおかげで突き出して構えるポーズもバッチリきまります。




アクションポーズ

f:id:UNOYO:20091115180600j:image

f:id:UNOYO:20091115180603j:image

f:id:UNOYO:20091115180605j:image

f:id:UNOYO:20091115180601j:image

f:id:UNOYO:20091115180606j:image

f:id:UNOYO:20091115180604j:image

f:id:UNOYO:20091115180602j:image

f:id:UNOYO:20091115180607j:image

プリキュアシューティングスターのポーズも

一応それっぽくとることができました。





f:id:UNOYO:20091115180557j:image

「ここがプリキュアの世界か…」

ディケイドとプリキュアの競演もみたかったです。


以上、フィギュアーツキュアドリームでした!

電王のハナさんは例外として、一応初の美少女アニメキャラのフィギュアーツとして

期待していたアイテムですが出来はそれなりといった感じです。


プロポーションや可動範囲など基本的な仕様は個人的には満足ですが

塗装やパーツの表面の仕上げがかなり粗くなってしまっており

特に美しさを重視される美少女キャラのフィギュアにとっては大きなマイナス。


複雑な衣装で細かい装飾も多いのでライダーなどに比べてどうしても

荒が目立ちやすくなってしまうのはわからなくもないのですが…


すでに5の5人は全員製品化が決定しており、新タイトルのフレッシュプリキュアからは

第一弾にいきなりライバルキャラのイースを持ってくるなど

ラインナップからは製作側の本気ぶりを感じられますしこれからのクオリティアップに期待です。