Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■移転しました YOの玩具箱(はてなブログ版)←こちらへお願いします。

2009-12-15 雑記追記(23:16)

海洋堂 リボルテックヤマグチ アーバレスト レビュー

f:id:UNOYO:20091215185626j:image

フルメタル・パニック』の主人公機「アーバレスト」が

豊富なオプションと共にリボルテックに登場!


アーバレスト

f:id:UNOYO:20091215185141j:image

f:id:UNOYO:20091215185140j:image

フルメタル・パニック』の主人公機。

アニメでもメインで活躍した機体ですが後継機レーバテインよりも

1年以上遅れてようやくのリボルテック化です。





f:id:UNOYO:20091215185331j:image

f:id:UNOYO:20091215185332j:image

ROBOT魂と比べるとマスクが大きめの頭部。

塗装はちょっと粗めのいつものリボルテッククオリティです。





f:id:UNOYO:20091215185335j:image

f:id:UNOYO:20091215185336j:image

上腕がモノシャフト可動。

首、手首、膝装甲、つま先がリストジョイント可動。

その他の関節がリボルバージョイントになっており自由度の高いポージングが可能です。





f:id:UNOYO:20091215185337j:image

f:id:UNOYO:20091215185623j:image

f:id:UNOYO:20091215185346j:image

今回は細かいオプションがドッサリ付属。

スタンドはクリア成形で延長パーツ・エフェクトベースも付属します。





f:id:UNOYO:20091215185338j:image

f:id:UNOYO:20091215185339j:image

背部パーツを差し替えることでフィンを展開した

ラムダドライバ発動状態を再現可能。





f:id:UNOYO:20091215185333j:image

f:id:UNOYO:20091215185334j:image

対戦車ダガーをマウントした交換フェイス。

BASARAの幸村や政宗のように頭部からマスク部分のみを下に引き抜いて交換します。





f:id:UNOYO:20091215185355j:image

f:id:UNOYO:20091215185356j:image

右手に装備するためのダガーも付属。

専用の手首でカッコよく構えることが出来ます。





f:id:UNOYO:20091215185350j:image

ポンプアクションも可能なボクサー57mm散弾砲。

専用の手首で左右どちらの手でも保持が可能。

ストックの可動はオミットされています。





f:id:UNOYO:20091215185351j:image

f:id:UNOYO:20091215185352j:image

徹甲弾マガジンとショットシェルの2種類の弾丸が付属し

専用手首で装填シーンを再現可能。

徹甲弾マガジンは実際に散弾砲に装着も可能です。





f:id:UNOYO:20091215185354j:image

ショットシェルは5発付属。

そのうち4発はショットシェルホルダーに装填することが可能。





f:id:UNOYO:20091215185353j:image

ストックが折りたたまれ、ジョイントが設けられた

マウント用の状態の散弾砲も付属します。





f:id:UNOYO:20091215185359j:image

単分子カッター。専用の手首を使い右腕で保持します。





f:id:UNOYO:20091215185357j:image

f:id:UNOYO:20091215185358j:image

カッターは鞘に収納可能。

鞘の口の部分は可動式になっています。





f:id:UNOYO:20091215185345j:image

ハンドグレネード。カッター用の手首で右手にもたせることができます。





f:id:UNOYO:20091215185340j:image

f:id:UNOYO:20091215185341j:image

f:id:UNOYO:20091215185342j:image

背中の2箇所のジョイントには単分子カッター・徹甲弾マガジン・散弾砲をマウント可能。





f:id:UNOYO:20091215185343j:image

f:id:UNOYO:20091215185330j:image

f:id:UNOYO:20091215185344j:image

腰のフタパーツを外すことで腰中央にも武器をマウント可能。

その際にはハードポイントパーツを腰と武器の間にかませるように配置します。






f:id:UNOYO:20091215185347j:image

f:id:UNOYO:20091215185348j:image

f:id:UNOYO:20091215185349j:image

サイドアーマーには単分子カッター・徹甲弾マガジン・ショットシェル収納状態・ショットシェルホルダー

などをマウント出来ます。





f:id:UNOYO:20091215185400j:image

f:id:UNOYO:20091215185401j:image

両腕の前腕部はリストジョイントで開閉。

パーツを差し替えることでワイヤーガン展開途中を再現出来ます。






f:id:UNOYO:20091215185402j:image

さらにワイヤーパーツを前腕パーツのリストジョイントに結び付ければ

ワイヤーガン展開状態を再現可能。ワイヤー部分は普通の紐です。





f:id:UNOYO:20091215185404j:image

ワイヤー先端のアーム部分をなにかに引っ掛けることで

ワイヤーガンぶらさがり状態を再現出来ます。





f:id:UNOYO:20091215185403j:image

先端まで映すとこんな感じです。ぶーらぶらー。





f:id:UNOYO:20091215185622j:image

ロボット魂アーバレストと比較。

体型や細部が大分異なっています。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20091215185629j:image

f:id:UNOYO:20091215185628j:image

f:id:UNOYO:20091215185624j:image

f:id:UNOYO:20091215185626j:image

f:id:UNOYO:20091215185627j:image

f:id:UNOYO:20091215185625j:image

f:id:UNOYO:20091215185630j:image

弾薬が付属するので銃をいじるポーズがキマります。





f:id:UNOYO:20091215185621j:image

f:id:UNOYO:20091215185632j:image

f:id:UNOYO:20091215185631j:image

ROBOT魂のサベージと組み合わせてもいい感じです。


以上、リボルテックアーバレストでした!

レーバテインから大分間が開きましたがついに待望の主役機が登場。

石山口さんお気に入りの作品なだけあってオプション類にも並々ならぬこだわりを感じます。


アーバレスト本体も巧みに配置されたリボルバージョイントによって

ラムダドライバを起動し飛びかかるような派手なアクションから

銃に弾丸をこめるような繊細なアクションまで幅広いポージングが可能。

リストジョイントの使いどころもどんどん上手くなってきたように感じます。


ROBOT魂アーバレストとはいろんな面でほぼ別物に仕上がっているので

ROBOT魂をすでに持っている方にもオススメできます!