Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■移転しました YOの玩具箱(はてなブログ版)←こちらへお願いします。

2010-01-14

海洋堂 リボルテックヤマグチ 三段変形バルキリー VF-1A 【一条輝機】 レビュー

f:id:UNOYO:20100114181921j:image

リボルテックに劇場版マクロスより主人公機VF-1Aがラインナップ!

今回はファイター・ガウォーク・バトロイドに脅威の三段変形!


VF-1A ファイター形態

f:id:UNOYO:20100114181905j:image

f:id:UNOYO:20100114181906j:image

f:id:UNOYO:20100114181908j:image

f:id:UNOYO:20100114181907j:image

航空機型のファイター形態。

少々丸っこく厚みがありますが破綻しているとまではいかない感じ。

各部はピンできちんと固定され、しっかりまとまっています。




f:id:UNOYO:20100114181614j:image

f:id:UNOYO:20100114181613j:image

各部マーキング

キャノピー部は透明度が低いですが一応クリアパーツが使用されています。





f:id:UNOYO:20100114181615j:image

f:id:UNOYO:20100114181616j:image

主翼・尾翼は角度調節が可能。





f:id:UNOYO:20100114181909j:image

スタンドはノーズ部分に突き刺して使用します。

ランディングギアが無いので基本的にスタンドで浮かせて飾ることになると思います。

(追記)レビュー時には気づきませんでしたがスタンドはガンポッドの後部に接続することも出来ます。

ファイター時にはこちらほうが見映えが良くなるのでオススメです。





f:id:UNOYO:20100114181910j:image

ちなみに裏面はこんな感じになっています。

それではガウォーク形態に変形。





ガウォーク形態に変形

f:id:UNOYO:20100114181617j:image

f:id:UNOYO:20100114181618j:image

エンジンブロック(脚)の固定ピンを外し腿部分のリボルバージョイントで下に可動させます。





f:id:UNOYO:20100114181914j:image

膝を折り曲げ、足を前に投げ出せば中間形態のファイターガウォーク形態に。





f:id:UNOYO:20100114181619j:image

f:id:UNOYO:20100114181620j:image

さらに機体下部から両腕を引き出し、

尾翼折り畳んでブースターユニットを前方に可動させればガウォーク形態が完成。





f:id:UNOYO:20100114181916j:image

f:id:UNOYO:20100114181915j:image

f:id:UNOYO:20100114181917j:image

小回りの利く鳥型形態。

背面から見るとジョイントがむき出しで見映えはイマイチですが

リボルバージョイントのおかげで鳥脚でもビシッと立つことができ、カッコイイです。





f:id:UNOYO:20100114181918j:image

付属品はオプションハンド・バトロイド用キャノピー・バトロイド用ガンポッドパーツ

フック・リボルバージョイント。





f:id:UNOYO:20100114181621j:image

f:id:UNOYO:20100114181622j:image

f:id:UNOYO:20100114181623j:image

フックはファイター→ガウォークの変形時に

腕に収納されるリストジョイントを引っ張り出す際に使用します。

これがないとガウォーク→ファイターにキチンと戻せなくなります。





f:id:UNOYO:20100114181624j:image

f:id:UNOYO:20100114181625j:image

ガンポッドはファイター時のマウント専用のものと

ガウォーク・バトロイド時に装備できるものに組み換えが可能。





f:id:UNOYO:20100114181626j:image

手首を交換することでガンポッドを右腕に装備できます。

ただし肩が6mmダブルリボ球なので構えても重さに負けてへたれがち。

それでは続いてバトロイドモードへ。





トロイドモードへ変形

f:id:UNOYO:20100114181627j:image

f:id:UNOYO:20100114181628j:image

キャノピー部分を差し替え、本体下部のバトロイド用頭部を一旦外します。





f:id:UNOYO:20100114181629j:image

f:id:UNOYO:20100114181630j:image

脚部を腰ユニットごと機首の下に移動。





f:id:UNOYO:20100114181631j:image

f:id:UNOYO:20100114181632j:image

主翼を閉じ、本体を2段階に折り曲げてボディを形成。

あとはバトロイド用の頭部を装着しなおせばバトロイド形態が完成。

ちなみにVF-1S,VF-1Jの場合は頭部を取り外さなくても変形が可能だそうです。





トロイドモード

f:id:UNOYO:20100114182135j:image

f:id:UNOYO:20100114182134j:image

過去に発売されたスーパーバルキリーはかなりマッシブでしたが

こちらはスマートでより元デザインに近いプロポーションであるように感じます。

外見上は三形態で一番まとまっているかも。





f:id:UNOYO:20100114181633j:image

f:id:UNOYO:20100114181634j:image

頭部は塗装がヘロヘロだったりレーザー機銃が

曲がって接着されていたりちょっと残念な仕上がり。

また、接続しているリストジョイントの軸と径があっていないようで

非常にすっぽ抜けやすいです。





f:id:UNOYO:20100114181612j:image

ガウォーク同様、ガンポッドや各種オプションハンドを装着可能。





f:id:UNOYO:20100114181635j:image

脚部はリボルテッククイーンズブレイドなどと同様に6mリボ球で接続されており

ポーズをつけて自立させるには保持力が少々心もとない感じ。





f:id:UNOYO:20100114181636j:image

スタンドを使用する際はリボ球をオプションで付属するダブルのほうにしておくと

ウイングとの干渉を避けやすくてオススメです。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20100114181911j:image

f:id:UNOYO:20100114181912j:image

f:id:UNOYO:20100114181913j:image

f:id:UNOYO:20100114181919j:image

f:id:UNOYO:20100114181920j:image

f:id:UNOYO:20100114181922j:image

f:id:UNOYO:20100114181923j:image

f:id:UNOYO:20100114181924j:image

f:id:UNOYO:20100114181926j:image

f:id:UNOYO:20100114181925j:image

f:id:UNOYO:20100114181927j:image

f:id:UNOYO:20100114181904j:image

流石に三段変形ともなるとプレイバリューも凄いです。


以上、リボルテック三段変形バルキリーでした!

以前に発売されたリボルテックのスーパーバルキリー

トレーディングフィギュアの可変バルキリーのノウハウが詰め込まれ

可動と変形の両立を実現させたとにかく凄いアクションフィギュア


1クリックごとに曲げられる角度が決まっているリボルバージョイントで

はたしてきちんと変形できるのかと疑っていましたが要所要所にはリストジョイントも使用され

一部差し替えとはいえ、見事に三形態どれも破綻無く見事に再現していました。


その半面、変形のために6mmリボ球・6mmダブルを多用したことで腕や脚の保持が

不安定だったり、グリグリ動かそうとするとボデイや腰の固定用のピンが外れてしまうなど

可動面ではいつものリボルテックヤマグチと比較すると一歩劣る感じ。


ただやはりお手ごろサイズで気軽に変形させて遊べるバルキリーは貴重!

アクションフィギュア好きよりも、変形トイ好きの方にオススメの商品です。