Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■移転しました YOの玩具箱(はてなブログ版)←こちらへお願いします。

2010-07-20

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアクセル レビュー

f:id:UNOYO:20100720104603j:image

『振りきるぜ!』

仮面ライダーW』より、仮面ライダーアクセルフィギュアーツを紹介!



仮面ライダーアクセル

f:id:UNOYO:20100720104709j:image f:id:UNOYO:20100720104710j:image

風都署の超常犯罪捜査課課長・照井竜が変身するライダー

腰のアクセルドライバーには『加速の記憶』をやどす

アクセルメモリが装填されている。





f:id:UNOYO:20100720104708j:image

ところどころWと共通の意匠をもちながら全身は完全新規パーツ。

設定ではバイク形態に変形しますが今回はオミットされてます。





f:id:UNOYO:20100720103106j:image

f:id:UNOYO:20100720103107j:image

f:id:UNOYO:20100720103108j:image

全身は鮮やかなメタリックレッドで塗装され非常に美麗。

メタリック塗装はフィギュアーツの真骨頂ですね。





f:id:UNOYO:20100720104737j:image f:id:UNOYO:20100720104736j:image

『A』の意匠が巧に組み込まれたマスク部分。

今回はバイザーの下のメカ部分を自分で追加塗装してあります。

角度によっては発光しているように見えていい感じ。





f:id:UNOYO:20100720103109j:image

アクセルドライバーの造型も良好。

残念ながらメモリやメーターの細部の塗装は省略されています。





f:id:UNOYO:20100720103110j:image

f:id:UNOYO:20100720103111j:image

背中や足のタイヤパーツは劇中スーツ同様

ちいさめにアレンジされています。

背中のタイヤは回転も可能。





f:id:UNOYO:20100720103112j:image

オプションは交換手首とエンジンブレード。





f:id:UNOYO:20100720103114j:image

f:id:UNOYO:20100720103113j:image

エンジンブレードは塗装・造型共に良好。

さらにメモリ装填シーン再現のための可動ギミックも搭載しています。





f:id:UNOYO:20100720103115j:image

f:id:UNOYO:20100720103105j:image

その他親指をたてた状態の右手首や

アクセルドライバーのハンドルを握るための手首も付属。

様々な劇中シーンを再現できます。





f:id:UNOYO:20100720104603j:image

f:id:UNOYO:20100720104604j:image

f:id:UNOYO:20100720104609j:image

f:id:UNOYO:20100720104605j:image

f:id:UNOYO:20100720104610j:image

f:id:UNOYO:20100720104606j:image

f:id:UNOYO:20100720104608j:image

f:id:UNOYO:20100720104607j:image

絶望がお前のゴールだ!

変形は出来なくともカッコイイです。





f:id:UNOYO:20100720104602j:image

WFCアクセルと並べてみる。

タイヤの大きさは置いておくとしても体型が全然違いますね・・・

マスクの形状に関しては個人的にはWFCのほうが好きかも。





f:id:UNOYO:20100720104611j:image

アクセルに乗るアクセル。

なんかもう一周してカッコいい?





f:id:UNOYO:20100720104601j:image

最後はWとツーショット。

一応基本ラインは共通なのですがコンセプトもデザインも

全然違う印象の2ライダーですね。


以上、フィギュアーツ仮面ライダーアクセルでした!


アクセルのウリの一つであるバイクへの変形ギミックは

残念ながらオミットされてしまっていますがその分可動は良好。


クリアパーツのバイザーや全身のメタリックレッドも

劇中スーツに近いイメージで非常にかっこいいです。


惜しむらくはスマートな体型に対し

上半身のアーマー、ヘルメットが少々ゴツすぎで

全体のプロポーションが崩れ気味になってしまっていること。

特にメットの大きさは小顔揃いのフィギュアーツの中で

かなり浮いてしまっています。


見慣れるとあまり気にならないんですけどね・・・

トライアルが発売したらボーナスパーツで

新規造形の頭部(発光状態)なんかつけてくれてもいいかも。