Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■移転しました YOの玩具箱(はてなブログ版)←こちらへお願いします。

2010-11-26

S.H.フィギュアーツ ふたりはプリキュア キュアブラック レビュー

f:id:UNOYO:20101126175959j:image

S.H.フィギュアーツプリキュアシリーズについに第一作

ふたりはプリキュア』が登場!


キュアブラック

f:id:UNOYO:20101126175916j:image f:id:UNOYO:20101126175917j:image

美墨なぎさが変身するプリキュア

活発な外見や露出度の高い衣装のとおり、パンチやキックを連続で繰り出す

豪快な攻撃スタイルが得意。

続編の二作目、マックスハートでは衣装がマイナーチェンジしましたが

今回は第一作のデザインで立体化されています。





f:id:UNOYO:20101126175915j:image

5GOGO,フレッシュにつづきフィギュアーツでは3作目のプリキュアということで

素体も新たに完全新規造形になっています。

プロポーションは元デザインよりもやや頭身が高くなり、手足のバランスも

アレンジされています。





f:id:UNOYO:20101126181216j:image f:id:UNOYO:20101126181214j:image

顔のはサンプルと比べれば多少の劣化はありますが

これまでのプリキュアのアーツに比べれば格段に出来がよくなっています。





f:id:UNOYO:20101126181212j:image f:id:UNOYO:20101126181210j:image

2種類のオプションフェイスが付属。

今回から首の軸が後頭部に接続され、フェイス交換時にいちいち頭部を

取り外さなくてもよくなりました。





f:id:UNOYO:20101126175651j:image

肩は大きく前にスイングさせることが可能。

肩の袖部分は肩の後ろにボールジョイント接続されており

可動を妨げません。





f:id:UNOYO:20101126175652j:image

スカートは軟質素材。

足はボールジョイント接続で可動範囲も広くなっています。





f:id:UNOYO:20101126175653j:image

足首は大きく内側に可動し、接地性は抜群。

つま先も可動します。





f:id:UNOYO:20101126175654j:image

ボディも大きくスイング可動。

首の可動範囲も広く、上を向いたり顎を引いたりできます。





f:id:UNOYO:20101126175648j:image

f:id:UNOYO:20101126175649j:image

オプションハンドは平手と左手用の指差し手。

キメポーズが再現できます。





f:id:UNOYO:20101126175650j:image

f:id:UNOYO:20101126175914j:image

クリア製の特製ディスプレイスタンドが付属。

キュアルージュミントセットやミルキィローズに付属していたものの

色違いです。





f:id:UNOYO:20101126175957j:image

f:id:UNOYO:20101126175956j:image

とにかくよく動き、スタンドは必須アイテムなので

デフォルトで付属してくれるのは嬉しいところ。





f:id:UNOYO:20101126180007j:image

同時発売のキュアホワイトとツーショット。

ブラックとは対照的なデザインで

並べると両者一層引き立ちます。





f:id:UNOYO:20101126175655j:image

ブラックにはホワイトと手をつないだ状態の

オプションハンドが付属。





f:id:UNOYO:20101126175656j:image

f:id:UNOYO:20101126175657j:image

ふたりで放つ必殺技、

プリキュア・マーブル・スクリューを再現することができます。

ポージングが難しいですが…





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20101126175958j:image

f:id:UNOYO:20101126180001j:image

f:id:UNOYO:20101126180002j:image

f:id:UNOYO:20101126180000j:image

f:id:UNOYO:20101126180004j:image

f:id:UNOYO:20101126175959j:image

f:id:UNOYO:20101126180003j:image

f:id:UNOYO:20101126180005j:image

f:id:UNOYO:20101126180006j:image

f:id:UNOYO:20101126180009j:image

f:id:UNOYO:20101126180010j:image

f:id:UNOYO:20101126175955j:image

ふたりでアクションはホワイト編にて。

あと撮影してない&遊んでませんが

パッケージのベロの部分にミニサイズのプリキュアカードが印刷されていました。


以上、フィギュアーツキュアブラックでした!


2月の魂フィーチャーズで初お披露目され、話題をさらった初代プリキュアコンビ。

完全新規素体と新たに設計された関節構造によって

期待通り、これまでのプリキュアシリーズではトップクラスの完成度になっています。


顔の出来は言わずもがな、可動を妨げない衣装パーツや

より遊びやすくなったフェイス交換システムなども見所です。

不満点としてはオプションハンドがフレッシュの頃よりも

減ってしまっていることですが可動式のベースも付属するので

コスト的には妥当なのかな?


あとは体型がアニメ中とはかなり異なっているので

そこが受け入れられるかどうかだと思います。

あのメリハリのあるプロポーションも魅力の一つだと思うので…

純粋に美少女可動フィギュアとしてみた場合はかなりの出来だと思います!