Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 ホビーエンドルフィンさんと相互リンクしました!

2010-12-04

figma 仮面ライダー ドラゴンナイト レビュー

f:id:UNOYO:20101204104531j:image

よく動く、キレイでおなじみのfigmaシリーズにライダーが登場!?

figma仮面ライダードラゴンナイトを紹介!


仮面ライダードラゴンナイト

f:id:UNOYO:20101204104457j:image f:id:UNOYO:20101204104458j:image

海外版『仮面ライダー龍騎』ともいえる『仮面ライダードラゴンナイト』の主人公。

武器やモンスター召喚をするアドベントカードを駆使して戦います。

デザイン的には龍騎そのまんま。





f:id:UNOYO:20101204104456j:image

造型やプロポーションに関しては流石フィギュアメーカー。

スーツの雰囲気を残しつつうまくマッシブにアレンジしています。





f:id:UNOYO:20101204104622j:image f:id:UNOYO:20101204104623j:image

マスクの格子の部分の塗装にはやや粗が見られますが

サイズを考慮すれば許容範囲です。

造型に関しては文句なし。





f:id:UNOYO:20101204104308j:image

カードデッキにはドラグレッダーの紋章が

プリントされています。





f:id:UNOYO:20101204104309j:image

f:id:UNOYO:20101204104310j:image

f:id:UNOYO:20101204104311j:image

関節や本体各所には軟質素材が使用され、

可動の際にもシルエットが崩れません。

胸のプロテクターまで軟質素材とは!





f:id:UNOYO:20101204104312j:image

f:id:UNOYO:20101204104313j:image

f:id:UNOYO:20101204104314j:image

f:id:UNOYO:20101204104307j:image

可動に関してはfigmaの中でもトップクラス。

バンダイのS.H.Fシリーズにも引けをとりません。

関節を覆う軟質パーツは反発力も少なく

ポージングにも支障なし。

スムーズかつしなやかにポーズを決めることが出来ます。





f:id:UNOYO:20101204104315j:image

f:id:UNOYO:20101204104316j:image

左腕には龍型召喚機を装備。グリップ部分が軟質素材になっています。

召喚機は下腕と一体成型になっており、召喚機を装備していない

通常の左腕とも交換可能。

この龍型召喚機に限らずドラグ○○等の固有名詞

パッケージなどで使われていないのは大人の事情





f:id:UNOYO:20101204104319j:image

f:id:UNOYO:20101204104320j:image

武器はソードベントで召喚する剣(ドラグセイバー)。

塗装、見映え共に良好。

柄の部分の紋章もしっかり再現されています。





f:id:UNOYO:20101204104318j:image

f:id:UNOYO:20101204104317j:image

ストライクベント(ドラグクロー)は

右腕の下腕ごと交換して装備。

龍の口の部分が開閉可能です。





f:id:UNOYO:20101204104321j:image

f:id:UNOYO:20101204104322j:image

ガードベントの盾(ドラグシールド)は両肩に装備可能。

各部のハードポイント・ジペッドスレッド

フィギュアでは単にデザインとして処理されており

実際に装備する際には肩パーツを専用のものに差し替えます。





f:id:UNOYO:20101204104324j:image

f:id:UNOYO:20101204104323j:image

ドラグシールドは手首にパーツを追加することで

腕に装備することも出来ます。





f:id:UNOYO:20101204104325j:image

f:id:UNOYO:20101204104326j:image

そして龍騎といえばコレ!アドベントカードが付属。

ファイナルベントの絵柄がプリントされています。

S.H.Fのような紙製ではなくしっかりとしたプラ製で

裏面は青一色になっています。





f:id:UNOYO:20101204104522j:image

S.H.Fディケイドとツーショット。

figmaのほうがやや小柄ですがそれほど違和感なく並べられると思います。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20101204104531j:image

f:id:UNOYO:20101204104521j:image

f:id:UNOYO:20101204104530j:image

f:id:UNOYO:20101204104523j:image

f:id:UNOYO:20101204104527j:image

f:id:UNOYO:20101204104532j:image

f:id:UNOYO:20101204104525j:image

f:id:UNOYO:20101204104529j:image

f:id:UNOYO:20101204104526j:image

f:id:UNOYO:20101204104524j:image

f:id:UNOYO:20101204104528j:image

戦わなければ生き残れない!!


以上、figma仮面ライダードラゴンナイトでした!


バンダイの主力アイテム、仮面ライダーがまさかのfigma化。

冬のWFで初お披露目だったと思いますが

この目で原型を見るまでとても信じられませんでした。


流石フィギュアメーカーなだけあって造型的には文句なし。

アプローチの違いはあれど、劇中スーツの雰囲気の再現度に限って言えば

S.H.Fシリーズをリードしているといえるでしょう。


期待半分心配半分だった関節部分の軟質カバーも思った以上に

うまく処理されており、見映えも効果も十分。

関節自体もヌルっと動いてピタっと止まるいつものfigmaクオリティ

ストレスなくポージングが楽しめます。


とりあえず遊んでみて特に目立った不満はなし。

あえて言うならジペッドスレッドはギミックとして活用して欲しかったところですが

あくまで玩具ではなくフィギュアということで仕方ないかな。

シザース(インサイザー)やライア(スティング)などサブライダーもラインナップ予定

ということで今後が非常に楽しみなシリーズです。