Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■移転しました YOの玩具箱(はてなブログ版)←こちらへお願いします。

2011-05-24

リキッドストーン まめしき チルノ レビュー

f:id:UNOYO:20110524015403j:image

リキッドストーンのオリジナルアクションフィギュアシリーズ

『まめしき』に氷の妖精・チルノが参戦!


チルノ

f:id:UNOYO:20110524015038j:image f:id:UNOYO:20110524015039j:image

f:id:UNOYO:20110524015040j:image f:id:UNOYO:20110524015041j:image

冷気を操る『東方紅魔郷』などに登場する氷の妖精。

設定的にはザコながらその後の作品への登場回数は咲夜や早苗などの

準主人公キャラにも匹敵する人気キャラクター。





f:id:UNOYO:20110524014828j:image

各関節はボールジョイント&球体関節でグリグリ可動。

安定性も高く片足立も可能。

青色の素材の透明感が非常に綺麗です。





f:id:UNOYO:20110524014641j:image

f:id:UNOYO:20110524014642j:image

表情は2種類付属。笑顔とイタズラ顔。

これらのほかのっぺら顔&表情シールも付属します。





f:id:UNOYO:20110524015043j:image f:id:UNOYO:20110524015042j:image

付属の交換用手足・手首を使用することで様々なポージングが可能。

人差し指を立てた右手がポイント高いです。





f:id:UNOYO:20110524014830j:image

オプションパーツはアイシクルソード。

クリアパーツで整形されており両手で装備可能。





f:id:UNOYO:20110524014829j:image

もう一つのオプションが氷。

何の変哲もない氷で右手にくっついています。





f:id:UNOYO:20110524014831j:image

いつもの飛行ポーズ再現用のベースが付属。

妖精さんなので浮かせたポーズが似合います。





f:id:UNOYO:20110524014832j:image

リボンは取り外し可能。頭頂部にはいつもどおり接続ピンが隠されており

他キャラの帽子などをかぶせることもできます。





f:id:UNOYO:20110524015044j:image

のっぺら顔+表情シールで『あたいチルノ』を作ってみましたが…

あんまり可愛くない…





f:id:UNOYO:20110524015353j:image

まめしき諏訪子とツーショット。

チルノには『蛙を氷づけにするイタズラを好む』という設定があるため

二次創作ではなにかとライバル扱いされる二人です。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20110524015354j:image

f:id:UNOYO:20110524015356j:image

f:id:UNOYO:20110524015400j:image

f:id:UNOYO:20110524015359j:image

f:id:UNOYO:20110524015357j:image

f:id:UNOYO:20110524015355j:image

f:id:UNOYO:20110524015358j:image

f:id:UNOYO:20110524015401j:image

f:id:UNOYO:20110524015402j:image

カエルガレキ版まめ諏訪子のもの。

おバカさんですがポーズ次第で可愛くかっこよく。





f:id:UNOYO:20110524015404j:image

最後は諏訪子と。



以上、まめしきチルノでした!

これまで主人公格やボス格をメインに展開してきた

まめしきにようやくザコキャラがラインナップ!

(登場頻度やファン人気で考えると十分主人公格といえますが…)


ガレキ版や見本写真では体型や顔の造形にどうもこれまでのまめしきとは

少し違うような違和感がありましたが実際いじってみると気のせいだったようで

これまでのまめしき同様非常に可愛く仕上がっています。


本体自体はシンプルですがクリアパーツの羽や

アイシクルソードや氷など氷の妖精らしさを演出するオプション

しっかり付属するのがうれしいです。

欲を言えばガレキ版に付属した氷漬けのカエルは是非ともつけてほしかったところですが…

(公式通販に期待?)


チルノ以降新作まめしきのアナウンスが無いのがちょっとさびしいですが

まめシリーズのほうは加奈子・にとりに続きパチュリー・てゐを予定と充実しているので

まめしきのほうも頑張ってほしいところです。