Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■移転しました YOの玩具箱(はてなブログ版)←こちらへお願いします。

2011-06-06

食玩 仮面ライダーオーズ カンドロイド3 レビュー

f:id:UNOYO:20110606003902j:image

食玩カンドロイドシリーズ第三弾!

クジャクプテラ、トリケラの3体のカンドロイドを紹介!



クジャクカンドロイド

f:id:UNOYO:20110606002554j:image f:id:UNOYO:20110606002555j:image

f:id:UNOYO:20110606002907j:image

オレンジ色のボディのクジャクカン。

今回も塗装・組み立て済みの完成品で

開けてすぐに遊ぶことができます。





f:id:UNOYO:20110606002908j:image

プルタブを開き変形開始。

変形パターンは極めてシンプルですが

尾羽をプロペラのように回転させながら展開するアイデアはなかなか秀逸。





f:id:UNOYO:20110606002909j:image

f:id:UNOYO:20110606002910j:image

f:id:UNOYO:20110606002911j:image

クジャクをモデルにしたカンドロイド

尾羽部分を回転させ、カッターとして使用することが可能。

作中では『クジャク〜』という気の抜ける鳴き声が特徴的なかわいい奴です。





f:id:UNOYO:20110606002912j:image

f:id:UNOYO:20110606002913j:image

頭の後ろにダイヤルがあり、ここを回転させることで

連動して尾羽の部分が回転します。

地味に首も左右に可動させることが可能。





プテラカンドロイド

f:id:UNOYO:20110606002556j:image f:id:UNOYO:20110606002557j:image

f:id:UNOYO:20110606002914j:image

紫色のボディのプテラカン。

斜めにラインのはいった色分けが特徴的です。





f:id:UNOYO:20110606002915j:image

f:id:UNOYO:20110606002916j:image

プルタブを開いて変形!

ボディ中央のスイッチを押すことでスプリングにより

頭と尾が自動展開します。





f:id:UNOYO:20110606003857j:image

f:id:UNOYO:20110606003858j:image

プテラノドンをモデルとしたカンドロイド

攻撃能力が高いカンドロイドでドクター真木の隠し玉として登場しました。





f:id:UNOYO:20110606003859j:image

巨大な翼は上下に可動できます。

首が動かないのが惜しいかな。





トリケラカンドロイド

f:id:UNOYO:20110606002558j:image f:id:UNOYO:20110606002559j:image

f:id:UNOYO:20110606002917j:image

重厚な雰囲気のトリケラカン

深緑のカラーリングも渋いです。





f:id:UNOYO:20110606002918j:image

f:id:UNOYO:20110606002919j:image

プルタブを開いて変形。本体の裏表を丸ごとひっくり返す

大胆な変形パターンです。





f:id:UNOYO:20110606003900j:image

f:id:UNOYO:20110606003901j:image

トリケラトプスをモデルとしたカンドロイド

研究所に置き去りにされていたのをトリケラトプスとは何の縁もない

バース=伊達さんに拾われそのまま手持ちに。

作中やDX玩具ではツノでメダルを弾き出すギミックを搭載。





f:id:UNOYO:20110606002920j:image

食玩でもツノが可動しますが

残念ながらメダルを発射するギミックは省略。





f:id:UNOYO:20110606002921j:image

足にはタイヤがついておりコロ走行が可能です。





f:id:UNOYO:20110606003906j:image

f:id:UNOYO:20110606003902j:image

f:id:UNOYO:20110606003904j:image

f:id:UNOYO:20110606003903j:image

f:id:UNOYO:20110606003905j:image

どれもなかなか可愛いです。





f:id:UNOYO:20110606003910j:image

f:id:UNOYO:20110606003911j:image

f:id:UNOYO:20110606003912j:image

それぞれのモチーフに対応する(?)ライダー達とツーショット。

プテラカンドロイドはかなりボリュームがあります。





f:id:UNOYO:20110606003907j:image

f:id:UNOYO:20110606003908j:image

f:id:UNOYO:20110606003909j:image

カンドロイド1、2とあわせてカンドロイド大集合。

変形前後共に多種多様。リデコも意外にありませんね。


以上、食玩カンドロイド3でした!


別シリーズの組立キットでクジャクカンがランナップされていたので

このシリーズは2で終わりなのかと心配しましたが

なんとか3が発売しカンドロイドもコンプリート。


相変わらず高クオリティの塗装済み完成品食玩となっており

本家トイと廉価版としては十分すぎるほどの出来。


ギミックが面白いクジャクカン、プロポーション重視のプテラカン

変形パターンが凝っているトリケラカンとそれぞれ個性的で

どれを買っても楽しめますがせっかく出来の良いシリーズなので

ここはひとつシリーズコンプをオススメします。