Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 ホビーエンドルフィンさんと相互リンクしました!

2011-06-18

食玩 仮面ライダーオーズ コンボチェンジオーズ3 レビュー

f:id:UNOYO:20110618000903j:image

ハイクオリティキャンディトイ・コンボチェンジオーズ3より

再録のライドベンダーを除く3種類のアイテムを紹介!


プトティラコンボ

f:id:UNOYO:20110618000407j:image f:id:UNOYO:20110618000408j:image

f:id:UNOYO:20110618000409j:image

プテラ・トリケラ・ティラノの3枚の紫のメダルで変身する恐竜コンボ

頭部・ボディ・足すべてが新規造形になっています。

商品は塗装済み完成品で一部シールを使用。





f:id:UNOYO:20110618001348j:image f:id:UNOYO:20110618001349j:image

胸のレリーフはモールドがなくシールで補完。

頭部の造形などもなかなか細かくかっこ良いです。





f:id:UNOYO:20110618000044j:image

背中のマントは上下に可動。

翼に変形するギミックは省略されています。





f:id:UNOYO:20110618000045j:image

f:id:UNOYO:20110618000046j:image

可動範囲はこれまでのCCOシリーズと同様…と

いいたいところですがモモの部分の装甲が股関節に干渉して

開脚範囲がイマイチになっています。





f:id:UNOYO:20110618000851j:image

OCCシリーズのプトティラと。

紫の色味が全然違いますね。

個人的にはCCO版の明るいカラーリングのほうが好みかも。





シャウタコンボ

f:id:UNOYO:20110618000410j:image f:id:UNOYO:20110618000411j:image

f:id:UNOYO:20110618000412j:image

シャチ・ウナギ・タコの3枚の青いメダルで変身する

水棲系コンボ

こちらもプトティラ同様完全新規造形。

ちょっとシールが多めになっています。





f:id:UNOYO:20110618001350j:image f:id:UNOYO:20110618001351j:image

頭部はイメージよりもだいぶ明るい青で塗装されています。

角度によって印象が変わる頭部の造形もうまく再現。





f:id:UNOYO:20110618000047j:image

両腕のムチは腕と一体成型になっているため

残念ながら取り外し不可。





f:id:UNOYO:20110618000048j:image

可動範囲に関しては問題なし。

タコレッグもギミックがないためシンプルで動かしやすいです。





f:id:UNOYO:20110618000852j:image

OCCのシャウタとツーショット。

こちらもプトティラ同様色味が全然違いますね。





f:id:UNOYO:20110618000051j:image

OCCからムチを拝借。

なんとか持てます。





タマシーコンボ

f:id:UNOYO:20110618000413j:image f:id:UNOYO:20110618000414j:image

f:id:UNOYO:20110618000415j:image

タカ・イマジンショッカーメダルで変身した

劇場版オリジナルコンボ

アクションフィギュアとしては本食玩が初の立体化となっています。





f:id:UNOYO:20110618001353j:image f:id:UNOYO:20110618001352j:image

タカヘッドはタトバコンボで見慣れていますが…

胸のイマジンモモタロスレリーフがユニークですね。





f:id:UNOYO:20110618000853j:image

下半身のショッカーレッグは実はタジャドルコンボコンドルレッグの

リペイントになっています。





f:id:UNOYO:20110618000854j:image

コンボ集合。

今弾はこれら3体のほか専用バイク・ライドベンダーが再録されての全4種類。

ライドベンダーはすでに第一弾で手に入れていたので今回はスルーしました。





f:id:UNOYO:20110618000050j:image

今回もコンボは腰のスイッチを操作することで

頭部・ボディ・足の3部分に分割可能。

それぞれ組み替えて合計27種類のフォームを再現することができます。

プトティラ(とおそらくタマシーも)は設定上派生フォームはないので

食玩オリジナルのギミックですね。





f:id:UNOYO:20110618000416j:image f:id:UNOYO:20110618000418j:image

f:id:UNOYO:20110618000417j:image f:id:UNOYO:20110618000419j:image

f:id:UNOYO:20110618000421j:image f:id:UNOYO:20110618000420j:image

組み合わせ例。

タマシーのイマジンアーム・ショッカーレッグを使った場合の

名前の組み合わせがわかりません…





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20110618000855j:image

f:id:UNOYO:20110618000856j:image

f:id:UNOYO:20110618000858j:image

f:id:UNOYO:20110618000859j:image

f:id:UNOYO:20110618000900j:image

f:id:UNOYO:20110618000857j:image

f:id:UNOYO:20110618000903j:image

ライダー…タ・マ・シー!





f:id:UNOYO:20110618000901j:image

6色のコンボ勢揃い。

こうして並べると食玩とはいえなかなか壮観。





f:id:UNOYO:20110618000902j:image

1〜3弾を並べて。(タトバはパーツ紛失のため欠席…)

ここまで充実したラインナップになるとは思いませんでした。


以上、コンボチェンジオーズ3でした!


2の時点で未収録だった

シャウタ・プトティラに加え

まさかの劇場版限定コンボ、タマシーが収録!


しかも初のアクションフィギュア化ということで

やはりこのタマシーコンボが収録され

さらに他のコンボと組み替えて遊べる!という点が

今作の最も注目ポイントですね。


惜しいのはプトティラもシャウタも丸腰というところですね。

アームやレッグにギミックを仕込むのは無理でも

外付けの武器ぐらいは付属させてほしかったところです…


しかしながら何気にラインナップだけなら本家OCCを上回る充実ぶりになったCCO。

手軽にオーズの世界観やコンボチェンジを楽しみたい方には

是非オススメのシリーズです。