Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 かめらいど。さんと相互リンクしました!

2012-08-26

D-Arts デュークモン レビュー

f:id:UNOYO:20120826070410j:image

デジモンテイマーズ』より、主人公デジモン『ギルモン』の究極進化体

聖騎士型デジモン『デュークモン』を紹介!


デュークモン

f:id:UNOYO:20120826070400j:image

f:id:UNOYO:20120826070402j:image

f:id:UNOYO:20120826070401j:image

ギルモンがマトリクスエヴォリューションした究極体デジモン

ウイルス種でありながらネットの秩序を守るロイヤルナイツに数えられる異端の存在。

ファン人気が高く、デジモンテイマーズ以降の作品にも

それぞれ別設定を与えられ登場を果たしています。





f:id:UNOYO:20120826070403j:image

甲冑の赤部分はメタリックレッド、銀部分はパール塗装により非常に上品な仕上がり。

今回はD-Artsにありがちなべたつきがほとんどなく、動かしやすかったです。





f:id:UNOYO:20120826070721j:image f:id:UNOYO:20120826070720j:image

顔は凛々しく、アニメにそっくりですね。

D-Realではイマイチ似ていなかった部分なのでこれはうれしい。





f:id:UNOYO:20120826070603j:image

f:id:UNOYO:20120826070604j:image

胸部分は前面装甲が別パーツになっており

前に、後ろにボディを大きく動かすことができます。





f:id:UNOYO:20120826070606j:image

肩まわりも引き出し式になっており可動良好。





f:id:UNOYO:20120826070605j:image

股関節だけはデザインの制約上可動に難あり。

オメガモンもそうでしたが残念…

それでも十分よく動き、ポーズを付ける分には困りませんが。





f:id:UNOYO:20120826070553j:image

f:id:UNOYO:20120826070554j:image

右腕には聖槍グラム。

鈍い銀色で塗装され重厚感ある仕上がり。

空気読まずにメッキ使用とかにならなくてよかった…





f:id:UNOYO:20120826070555j:image

グラムは手首部分に直接接続します。





f:id:UNOYO:20120826070551j:image

f:id:UNOYO:20120826070552j:image

左腕には聖盾イージス

こちらも落ち着いた銀と金で塗装されています。

デジモジもしっかり再現。

こちらは左腕の肘から下が専用パーツになっております。





f:id:UNOYO:20120826070550j:image

手首に当たる部分に関節があるので

ファイナルエリシオンなんかのポーズもばっちり。

保持力も問題なしです。





f:id:UNOYO:20120826070600j:image

f:id:UNOYO:20120826070601j:image

トレードマークの兜飾りは根元がボールジョイント

また中間部分に関節があり表情がつけられます。





f:id:UNOYO:20120826070556j:image

f:id:UNOYO:20120826070557j:image

f:id:UNOYO:20120826070558j:image

マント部分は左右に2分割されており根元で可動。

ポーズにあわせて動かしてやることで躍動感が生まれます。





f:id:UNOYO:20120826070559j:image

背中のジョイントには付属の特製スタンドを接続可能。

魂stageのアームに特製のベースとジョイントを組み合わせたものですが

結構デュークモン本体の重量があるのでポーズによっては

支えきれなかったり。





f:id:UNOYO:20120826070404j:image

f:id:UNOYO:20120826070405j:image

両腕を交換することで素手状態にすることも可能。

意外とこの状態でも様になっています。





f:id:UNOYO:20120826070607j:image

ちなみに交換用手首が付属。

このオプションあんまり需要ないんじゃ…





『"この"デュークモンが許さない!』

f:id:UNOYO:20120826070608j:image

と、思いきや腕組みっぽいポーズができました!

それなりにキマってます?





f:id:UNOYO:20120826070406j:image

盟友オメガモンと。ほぼ同サイズです。

下手にメッキパーツを使っていない分デュークモンのほうが

アニメのイメージの再現度は上ですね〜。






f:id:UNOYO:20120826070407j:image

宿敵ベルゼブモンとも並べて。

ベルゼブモンとの体格差は結構ありますね…

まぁベルゼブモンはほぼ人間サイズだった気がするのでこんなものか。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20120826070408j:image

f:id:UNOYO:20120826070409j:image

f:id:UNOYO:20120826070410j:image

f:id:UNOYO:20120826070411j:image

f:id:UNOYO:20120826070412j:image

f:id:UNOYO:20120826070413j:image

進化シーンのポーズも取れちゃうのがうれしいですね。


以上、D-Artsデュークモンでした!


D-Arts商品化希望アンケートで常に上位にランクインしつづけた

人気デジモンがついに製品化!

またせただけあって造形、ギミック双方高水準の

デュークモンフィギュアの決定版に仕上がっています。


造形自体は心配していませんでしたが可動面でも

かなり工夫が凝らされていたのが好印象。

特に肩の引出関節のおかげでグラムがグリグリ

構えられるのが嬉しいですね!


D-Realも当時の商品としては造形的にはかなりのものでしたが

可動だけはどうしても不満があったので

今回のD-Artsには大満足です。


今後のデジモンシリーズのアナウンスは今のところありませんが

ファンとしては1年に1体でも良いので続いてほしいところです。

まずはカオスデュークモンからでも大歓迎!