Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 ホビーエンドルフィンさんと相互リンクしました!

2013-10-27

DX ブドウロックシード 仮面ライダー龍玄セット レビュー

f:id:UNOYO:20131027210506j:image

『龍・砲!ハッハッハ!!』

仮面ライダー鎧武より新戦士・龍玄が使用するロックシードとフェイスプレートのセットを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20131027210946j:image f:id:UNOYO:20131027210947j:image

光る・鳴るがウリのDXロックシードシリーズ。

今回はロックシードとフェイスプレートがセットになった変則タイプで

使用者である『仮面ライダー龍玄セット』となっています。





仮面ライダー龍玄ブドウアームズ

f:id:UNOYO:20131027205656j:image

f:id:UNOYO:20131027205657j:image

中国武将をモデルとした仮面ライダー(アーマードライダー)で

ブドウロックシードを用いることでブドウアームズへと変身。

ブドウ龍砲を武器とする最新の銃使いライダーです。





f:id:UNOYO:20131027210453j:image

セット内容はDXブドウロックシードと

仮面ライダー龍玄専用のフェイスプレート

どちらも別売りのDX戦極ドライバーを組み合わせて遊ぶことを前提とされています。





ブドウロックシード

f:id:UNOYO:20131027210948j:image f:id:UNOYO:20131027210949j:image

f:id:UNOYO:20131027210951j:image f:id:UNOYO:20131027210950j:image

ブドウの力を秘めたロックシード。ナンバリングは09。

戦極ドライバーでカットすることで仮面ライダー龍玄を

ブドウアームズへと変身させます。





f:id:UNOYO:20131027205658j:image

本体下部の電源スイッチを推すことで起動音と共にLEDが発光。

中華系の龍玄にあわせて起動音もいかにもそれっぽいメロディに。





f:id:UNOYO:20131027205659j:image

本体裏のスイッチを押すことでこれまで通り

『バトルスタート!』『ユーウィン!』or『ユールーズ』などの

インベスゲームの再現サウンドが発生します。





f:id:UNOYO:20131027205700j:image

本体横には3つの解錠スイッチが存在。

番号がふられており、実際にスイッチとして機能するのは1のみで

2と3はダミーになっています。





f:id:UNOYO:20131027205701j:image

f:id:UNOYO:20131027205702j:image

1の解錠スイッチを押すことでロックが解除されハンガーが展開します。

そしてLEDが発光し『ブドウ!!』のサウンドが発生。

この『ブドウ!!』がいままでのロックシードに比べてなんかテンション低め。

『ブッドーーゥ!』みたいなのを期待していたのですが、どうした!?





龍玄フェイスプレート

f:id:UNOYO:20131027210952j:image f:id:UNOYO:20131027210953j:image

つづいて仮面ライダー龍玄のフェイスプレートの紹介。

DX戦極ドライバーに付属していた鎧武フェイスプレートバロンフェイスプレート

同規格の物で戦極ドライバーに装着することで音声を龍玄仕様に変化させることができます。

イラストは水墨画風になっていて雰囲気あります。





f:id:UNOYO:20131027210454j:image

それではDX戦極ドライバーを用意して遊んでみます。





f:id:UNOYO:20131027205703j:image

f:id:UNOYO:20131027205704j:image

f:id:UNOYO:20131027205705j:image

鎧武のフィエスプレートを取り外し、龍玄フェイスプレートを装着。

『ハイー!』というセリフサウンドが発生します。

やたら甲高い声なので最初マスオさんかと思いました。





f:id:UNOYO:20131027205706j:image

龍玄フェイスプレート装着。

これで戦極ドライバーが仮面ライダー龍玄仕様に。





f:id:UNOYO:20131027205707j:image

f:id:UNOYO:20131027205708j:image

f:id:UNOYO:20131027205709j:image

解錠したブドウロックシードを装着&再施錠。

装着音と共にLEDが発光します。





f:id:UNOYO:20131027205710j:image

大げさな銅鑼のサウンドが鳴り響いた後、

中華風の変身待機サウンドが再生。

これまでで最も軽快で楽しげなメロディになっています。

ジャーンジャーンげぇっ!?龍玄!?




f:id:UNOYO:20131027205711j:image

ブレードを可動させ、ロックシードをカット!

可動にあわせて斬撃音と『ハイー!!』の掛け声がはいります。





f:id:UNOYO:20131027205712j:image

『龍・砲・ハッハッハ!!』の名乗りサウンドと共に

LEDが青紫に発光し、変身完了!






動画です。ハッハッハ!!





戦極ドライバー ブドウアームズ

f:id:UNOYO:20131027210456j:image

f:id:UNOYO:20131027210457j:image

仮面ライダー龍玄がブドウアームズに変身した際の状態を再現。

ところで『龍・砲・ハッハッハ!』とは一体どういう意味なのか…

龍砲は武器であるブドウ龍砲?

ハッハッハは流れるように攻撃を繰り出す中国拳法の掛け声のイメージでしょうか?

今後『龍・○・アタタタタ!!』とか『龍・○・ホワッチャーー!』とか

叫ぶロックシードが出てくるのかな…





f:id:UNOYO:20131027210954j:image f:id:UNOYO:20131027210955j:image

ブドウロックシードの断面は模様がライフリングのようになっています。

流石銃使いライダー。渋いです。

発光状態も綺麗。





f:id:UNOYO:20131027210458j:image

変身後の必殺技遊びもこれまで通り可能。技名もこれまでと同じく

ブドウスカッシュ!』『ブドウオーレ!』『ブドウスパーキング!』

となっておりますがそれぞれイントネーションが非常に

独特になっています。

このテンションを解錠時にももってきてほしかったです。





f:id:UNOYO:20131027210459j:image

ちなみに劇中で登場するかどうかはわかりませんが

無双セイバーとの連動ギミックもあり。





f:id:UNOYO:20131027210846j:image

f:id:UNOYO:20131027210847j:image

他のロックシードとおなじく装着させることで

ブドウチャージ!』『ブドウパワー!』などの音声と共に

無双セイバーの攻撃を強化することができます。





f:id:UNOYO:20131027210501j:image

f:id:UNOYO:20131027210500j:image

オレンジ・バナナブドウメロンと並べて。

はやくも主役級の4人のライダーのロックシードが揃ってしまいました。

ペース早いですね〜。





f:id:UNOYO:20131027210502j:image

鎧武、バロン、龍玄のフェイスプレートをならべて。

なんとなく某御三家風味。ここに3つのフェイスプレートがあるじゃろ?

それぞれのモチーフに合わせてイラストのタッチが変えられているのが芸コマですね。





f:id:UNOYO:20131027210503j:image

f:id:UNOYO:20131027210504j:image

f:id:UNOYO:20131027210505j:image

最後に各ライダーフェイスプレート&メインロックシードを装着させた状態で比較。

外見もそうですが待機音、変身音もまるっきり変わるのが凝ってます。





f:id:UNOYO:20131027210507j:image

以上、DXブドウロックシードでした!


TVでの登場にあわせて早くも発売となった仮面ライダー龍玄専用アイテムセット!

フェイスプレートとロックシードを戦極ドライバーに装填することで

鎧武&バロンセットとは全く異なる変身遊びができるという

なかなかプレイバリューに富んだアイテムになっています!


変身待機音は独特の中華メロディ、斬撃時のやたら甲高い『ハイー!!』

そして謎の名乗り口上などネタ要素もたっぷりつまっており

戦極ドライバーの新たな一面を見ることができた感じ…


プレートとロックシードを変更することで別のライダー仕様になるという

ギミックは個人的にはかなり気に入っているので来年以降も使ってくれないかな〜と思ったり。(気が早い)

ちなみにプレートはドライバー側の2カ所のピンで認識しており、全4種類のパターンがあることが判明済。

和風、洋風、中華風とすでに3種が登場済みなので残る1種がどのような形で使用されるのか楽しみですね!