Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 かめらいど。さんと相互リンクしました!

2014-09-03

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー響鬼 レビュー

f:id:UNOYO:20140903005452j:image

S.H.フィギュアーツの"真骨彫"ブランド第2弾!

仮面ライダー響鬼を紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20140903010314j:image f:id:UNOYO:20140903010315j:image

f:id:UNOYO:20140903010316j:image f:id:UNOYO:20140903010317j:image

カブトと同じタイプのパッケージ。

外からだと中身が確認できません。





f:id:UNOYO:20140903005441j:image

中身は白の2段ブリスター

オプションは交換用手首、各種武装、炎エフェクトなど。





仮面ライダー響鬼

f:id:UNOYO:20140903005444j:image f:id:UNOYO:20140903005445j:image

f:id:UNOYO:20140903005442j:image f:id:UNOYO:20140903005443j:image

仮面ライダー響鬼』に登場する主役ライダー(鬼)。

生物的なフォルムと和のイメージが強い外観は

クセの強い平成ライダー達の中でもぬきんでた異質感を醸し出しています。





f:id:UNOYO:20140903010318j:image f:id:UNOYO:20140903010319j:image

全身にはメタリック塗装とシャドウが吹き付けられ

独特のスーツの質感を再現。さすがにマジョーラカラーにはなってませんが。





f:id:UNOYO:20140903010320j:image f:id:UNOYO:20140903010321j:image

頭部はマスク部分がグラデーション塗装。

造形も非常に良いバランスで格好いいです。





f:id:UNOYO:20140903004745j:image

f:id:UNOYO:20140903004744j:image

f:id:UNOYO:20140903004746j:image

各部の造形も素晴らしく、関節もあまり目立たず一見すると固定フィギュアかと思うほど。





f:id:UNOYO:20140903004748j:image

腰の後ろには音撃棒を装着可能。





f:id:UNOYO:20140903004749j:image

f:id:UNOYO:20140903004750j:image

さらに両サイドにはディスクアニマルと変身音叉”音角”の収納状態を装備。





f:id:UNOYO:20140903010322j:image f:id:UNOYO:20140903010323j:image

フル装備状態。

必要なものをすべて携行してもこのスマートさ。





f:id:UNOYO:20140903004751j:image

f:id:UNOYO:20140903004752j:image

f:id:UNOYO:20140903004753j:image

各種装備は別造形で手持ち用のものも付属します。

音撃棒は専用の持ち手で装備可能。





f:id:UNOYO:20140903005449j:image

f:id:UNOYO:20140903005450j:image

さらに先端を炎エフェクトに差し替えることもできます。





f:id:UNOYO:20140903004754j:image

f:id:UNOYO:20140903004755j:image

こちらは音角。

可動範囲が広いのでオデコの前までもってこれます。





f:id:UNOYO:20140903004756j:image

f:id:UNOYO:20140903004757j:image

ディスクアニマルアカネタカ、ルリオオカミ、リョクオオザルが付属。

音角でチーンとやるシーンを再現可能。





f:id:UNOYO:20140903004758j:image

f:id:UNOYO:20140903004759j:image

お決まりのシュッ!のポーズの手首は両手分付属します。





f:id:UNOYO:20140903004747j:image

f:id:UNOYO:20140903004800j:image

腰の音撃鼓も取り外し可能。

大きくなったほうも付属させてほしかった…





f:id:UNOYO:20140903005446j:image

f:id:UNOYO:20140903005447j:image

f:id:UNOYO:20140903005448j:image

第1弾のカブトと並べて。

スーツアクターさんの骨格からイメージして造形しているだけあって

全身のバランスもほぼ同じですね!





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20140903005451j:image

f:id:UNOYO:20140903005452j:image

f:id:UNOYO:20140903005453j:image

f:id:UNOYO:20140903005454j:image

f:id:UNOYO:20140903005455j:image

f:id:UNOYO:20140903005456j:image

f:id:UNOYO:20140903005457j:image

f:id:UNOYO:20140903005459j:image

f:id:UNOYO:20140903005501j:image

f:id:UNOYO:20140903005500j:image

f:id:UNOYO:20140903005502j:image

f:id:UNOYO:20140903005503j:image

f:id:UNOYO:20140903005458j:image

このデザインとアクション性の両立は見事としか言いようがないです。





f:id:UNOYO:20140903005504j:image

魂エフェクトとの相性も良し。

紫の炎が欲しくなりますね…





f:id:UNOYO:20140903005506j:image

フィギュアーツ平成ライダー集合。

残る通常フォームは仮面ライダーキバ・キバフォームのみ!





f:id:UNOYO:20140903005505j:image

最後はカブトといっしょにキメポーズ。


以上、フィギュアーツ仮面ライダー響鬼でした!


仮面ライダー響鬼がついに遂にフィギュアーツに登場。

しかもいきなりの真骨彫ブランドということで

その魅力であるスーツの造形美を余すところなく再現されており

まさに決定版ともいえるクオリティ


唯一劇中と大きく違うところと言えばスーツがマジョーラカラーではないという点ですが

正直今回のメタリック塗装+シャドウという塗装工程でも充分劇中のイメージは再現出来てる印象。

後々イベント限定品とかでマジョーラver.も出るかもしれませんが個人的には

今回の仕様でも十分満足です。


さてカブト響鬼と続いてきた真骨彫ブランドですが次は何が来るのか!?

やはりここはいまだリリースの気配がないキバに期待したいところです。