Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 fig-memo フィギュアメモランダムさんと相互リンクしました!

2015-12-09

高速戦士 モトバトロン レビュー

f:id:UNOYO:20151209140959j:image

『ザ・アクセス』のフックトイ、バイクからロボへ変形する

高速戦士モトバトロンを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20151209140755j:image

f:id:UNOYO:20151209140756j:image

f:id:UNOYO:20151209140757j:image

ラインナップは全3種類。

ダートタイプ(赤)

・レーサータイプ(青)

・ツアラータイプ(黄)

となっています。





f:id:UNOYO:20151209140758j:image

台紙は共通で裏面には変形方法が記載されています。





f:id:UNOYO:20151209140801j:image

f:id:UNOYO:20151209140803j:image

f:id:UNOYO:20151209140802j:image

台紙に描かれたモトバトロン達。

わぁ、かっこいいぞー!これはあけるのがたのしみ!(棒読み





ダートタイプ

f:id:UNOYO:20151209140949j:image

f:id:UNOYO:20151209140950j:image

f:id:UNOYO:20151209140951j:image

赤いダートタイプのモトバトロン。

全体的にデフォルメされたフォルムですが

しっかりマーキングされているので見栄えはまずまず良いかと。





f:id:UNOYO:20151209141000j:image

f:id:UNOYO:20151209141001j:image

f:id:UNOYO:20151209141002j:image

こちらが変形形態。

ボディを真横にウイングのように展開するアイデアが斬新ですね。

ちなみにバランスがものすごく悪くてすぐに後ろに倒れます。





f:id:UNOYO:20151209140804j:image

f:id:UNOYO:20151209140805j:image

右腕にはスタンド〜マフラーのパーツが分離した武器を装備。

取り外しが可能です。

一応可動箇所は腕のみで左右へのスイング、肘部分でのロール・可動が可能です。





f:id:UNOYO:20151209140800j:image

f:id:UNOYO:20151209140759j:image

『君なんかイラストと違わない?』

と突っ込むのはこの手の玩具には野暮ですね。





レーサータイプ

f:id:UNOYO:20151209140952j:image

f:id:UNOYO:20151209140953j:image

f:id:UNOYO:20151209140954j:image

青いボディの颯爽としたレーサータイプのモトバトロン。

ダートタイプと違うのは外側のみで

シャーシやタイヤなど基本部分は共通です。

バイクとしてはそこが肝心だとおもうのですがまぁチープトイですし。





f:id:UNOYO:20151209141003j:image

f:id:UNOYO:20151209141004j:image

f:id:UNOYO:20151209141005j:image

こちらがロボモード。

ウイングの形状からロボモードでもスピーディーな印象を受けますね。





f:id:UNOYO:20151209140807j:image

f:id:UNOYO:20151209140806j:image

『君なんか(ry』





ツアラータイプ

f:id:UNOYO:20151209141321j:image

f:id:UNOYO:20151209141322j:image

f:id:UNOYO:20151209141323j:image

黄色いボディのツアラータイプ。

パッと見大型に見えますが、本体はダートやレーサーと共通。





f:id:UNOYO:20151209141006j:image

f:id:UNOYO:20151209141007j:image

f:id:UNOYO:20151209141008j:image

こちらがロボモード。

ウイングの形状から重武装な印象を受けます。





f:id:UNOYO:20151209140809j:image

f:id:UNOYO:20151209140808j:image

今回の3体の中では一番イラストと近いかな…?





f:id:UNOYO:20151209140956j:image

f:id:UNOYO:20151209140957j:image

f:id:UNOYO:20151209140958j:image

f:id:UNOYO:20151209141009j:image

f:id:UNOYO:20151209141011j:image

f:id:UNOYO:20151209141010j:image

3体ならべて。

ロボモードはとにかく後ろにずっこけるので

3体並べて撮影するのが非常に大変でした。





f:id:UNOYO:20151209141012j:image

バイク形態でのサイズはこんな程度。

1/12クラスのフィギュアを乗せるには大分小さいですね。





f:id:UNOYO:20151209141013j:image

だが乗せる。

バイクのおもちゃで遊んでいるようにしか見えませんね。

ケモテックなんでその辺は違和感ないですが。




f:id:UNOYO:20151209141014j:image

シフトボディのおかげでバッチリ乗りこなすレーシングミクさん。

サイズあってないけどそれっぽく見えるのは流石。





f:id:UNOYO:20151209141015j:image

マシンフーディー代わりにマコト兄ちゃんにも乗ってもらおう…





f:id:UNOYO:20151209141016j:image

と思いましたがやっぱり無理でした。

小さすぎですね。





f:id:UNOYO:20151209140959j:image

赤青黄、と3色そろっているので

まぁネタにも使いやすそうな3体かと。


以上、高速戦士モトバトロンでした!


ブログでちょくちょくとりあげる

アニバトロン、シーバトロンなどを販売している『ザ・アクセス』の商品です。


例によってチープトイ好きの友人からのもらい物…ではなく

一緒に遊びに行った旅館のお土産売り場で見つけました。

彼にはチープトイを引き寄せる能力でもあるのか。


触った感じ、アニバトロンやシーバトロンよりもよりチープな手触りでサイズも小さ目。

しかしながらバイク形態の見栄えはなかなかで

1/12サイズのバイクだとちょっと大きすぎるfigmaの女性キャラや、武装神姫には

逆に乗せやすいという一面もあり、結構満足。

ロボモードはまぁ、ロックマンXとかのゲームのザコメカみたいな印象ですね…


ちなみに続編?のハイパーモトバトロンというのも出ており、こちらも一緒に買いましたが

色が違うだけでどの辺がハイパーなのか微妙なので紹介するかどうかは未定ということにしておきます…