Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 かめらいど。さんと相互リンクしました!

2016-02-06

おしゃべり変身 モフルン レビュー

f:id:UNOYO:20160206154235j:image

新番組『魔法つかいプリキュア!』より、マスコットキャラクター兼変身アイテムな

不思議なぬいぐるみのクマ、モフルンのトイを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160206153941j:image f:id:UNOYO:20160206153942j:image

f:id:UNOYO:20160206153944j:image f:id:UNOYO:20160206153943j:image

キャッチコピーは『モフルンの手を握ってプリキュアに変身!』

魔法つかいプリキュアの2人と手をつなぐことで2人を変身させる

クマのぬいぐるみ、モフルンのDX(相当)のトイとなっています。





f:id:UNOYO:20160206154229j:image

セット内容はモフルン本体と、リンクルストーン『ダイヤ』1個が付属。

別売りの単4乾電池を3本使用します。






モフルン

f:id:UNOYO:20160206153947j:image f:id:UNOYO:20160206153948j:image

f:id:UNOYO:20160206153949j:image f:id:UNOYO:20160206153950j:image

外見はテディベアを少しアニメ風にアレンジしたようなクマのぬいぐるみ。

電子部品を内蔵しておりますが生地は普通にぬいぐるみのソレで

名前の通り『モフモフ』とした柔らかい手触りに仕上がっています。





f:id:UNOYO:20160206153507j:image

f:id:UNOYO:20160206153508j:image

f:id:UNOYO:20160206153509j:image

デザイン的には両耳に星、両手にハートマークがついているのが特徴。

またよく見るとそれぞれのマークは向かって左側がピンク、右側がパープルになっています。

ピンクはキュアマジカル、パープルはキュアミラクルを表しているようです。





f:id:UNOYO:20160206153516j:image

f:id:UNOYO:20160206153517j:image

f:id:UNOYO:20160206153518j:image

両手のハートマークの部分にはスイッチが埋め込まれており

この手を握ることでギミックが発動。

右手、左手、両手の3パターンの握りを識別します。

通常時はこの手を握ることでさまざまなおしゃべりを楽しむことが出来ます。

また、たまにゲームや変身の催促をしてくるのでその際もこの手を握って応えます。





f:id:UNOYO:20160206153510j:image

f:id:UNOYO:20160206153511j:image

f:id:UNOYO:20160206153512j:image

また、胸のリボン部分はリンクルストーンの認識装置になっています。

通常時はフタパーツをかぶせておきますが、リンクルストーン装着時は外して余剰になります。





f:id:UNOYO:20160206153513j:image

f:id:UNOYO:20160206153514j:image

f:id:UNOYO:20160206153515j:image

電池BOXはお尻から出し入れします。

ピンク色なのがなんかちょっとイヤですね…

この電池BOXに電源スイッチがありここでON、OFFの切り替えが出来ますが

モフルンの両手を長く握ることでもスリープモードへの移行させる機能などもあります。





f:id:UNOYO:20160206154230j:image

モフルン本体のサイズはこの程度。

お値段は高いですが、サイズ自体はそこまで大きいわけではありません。





f:id:UNOYO:20160206153951j:image f:id:UNOYO:20160206153952j:image

お座りで飾る前提の設計になっており、自立させた状態で飾ることはできませんが

一応、足をのばすとこんな感じになります。





リンクルストーン ダイヤ

f:id:UNOYO:20160206153953j:image f:id:UNOYO:20160206153955j:image

f:id:UNOYO:20160206153956j:image f:id:UNOYO:20160206153954j:image

続いて付属のリンクルストーンの紹介。

魔法つかいプリキュアが変身の際に使用する『変身リンクルストーン』の一つで

モフルンに装着することで基本フォームのダイヤスタイルに変身できます。

メッキの縁取りと宝石部分のプリズムの輝きが非常にきれいです。





f:id:UNOYO:20160206154231j:image

昨年のドレスアップキーと並べて。

塗装箇所もなく、構造はリンクルストーンのほうが圧倒的に簡素ですが

メッキ&クリアパーツの塊なのでコスト的にはどっこい程度の模様。





f:id:UNOYO:20160206153519j:image

f:id:UNOYO:20160206153520j:image

それでは遊び方。

モフルンの胸のソケットにリンクルストーンを装填。





f:id:UNOYO:20160206153521j:image

『キュアップ・ラパパ!』『ダイヤ!』

というプリキュアのセリフが流れ、お腹のLEDが発光し待機状態になります。





f:id:UNOYO:20160206153524j:image

両手を握って変身。

『ミラクル・マジカル・ジュエリーレ!』という呪文に続いて変身BGMが流れます。

『二人の奇跡!キュアミラクル!』

『二人の魔法!キュアマジカル!』

魔法つかいプリキュア!

という名乗りで締められ、変身遊びが完了します。

最後にモフルンが『がんばれプリキュア!』と応援するのが微笑ましいです。

変身遊びが終了した後は手を握ることでセットしたリンクルストーンに応じた

セリフをしゃべってくれます。





こちらが動画。

スリープモードから起動、おしゃべり遊び、2人で変身遊びまで。






f:id:UNOYO:20160206154232j:image

f:id:UNOYO:20160206154233j:image

この変身遊びの際に両手ではなく、どちらか片方の手を握ることで

キュアマジカル、キュアミラクルいずれかの単独変身遊びもできます。





こちらが動画。

変身遊び終了後のリンクルストーン識別遊びからそれぞれの単独変身まで。





ダイヤの原石〜キュアミラクル

f:id:UNOYO:20160206153957j:image f:id:UNOYO:20160206153958j:image

f:id:UNOYO:20160206153959j:image f:id:UNOYO:20160206154000j:image

あとはオマケでこちらも紹介。

おしゃべり変身モフルンの初回特典になっているリンクルストーン、ダイヤの原石です。

モフルンや別売りのリンクルステッキに装着して遊ぶことが可能。





f:id:UNOYO:20160206153526j:image

f:id:UNOYO:20160206153525j:image

装填した様子はこんな感じです。ついでにバトンタッチリンクルストーンも。

モフルンの口からプリンセスプリキュアの名前が出るのがうれしいですね。





f:id:UNOYO:20160206154235j:image

他にもモフルンとのゲームとして占いやたいそう、絆チャージなどの

遊びがありますが、そちらは割愛。


以上、おしゃべり変身モフルンでした!


ここ数年のプリキュアの変身アイテムの変遷として

パクト、スマホ、コンパクトミラー、パフューム

本来の対象年齢層が憧れるちょっとオトナなアイテムが選ばれてきていましたが

今回はクマのぬいぐるみということで直球勝負を仕掛けた印象。


外見はまさにクマのぬいぐるみですが、機能としては

コレクションアイテムの識別、七色LED発光、豊富な音声と

これまでの変身アイテムとそん色ない出来栄えとなっています。

赤外線連動、タッチパネルマジックミラー、香水演出などなどの

毎年一つは導入されていた固有のギミックが今年は

『ガワがクマ』ということなのかと。


クマの外見は間違いなく可愛いですし、手触りもモフモフしていて良し。

個性的な齋藤彩夏さんのCVもマッチしていて

キャラグッズとしても悪くない出来かと思います。

今年はプリキュアとしてガラリと毛色を変えた

勝負の年のようですが、人気商品になってくれるといいですね。