Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 fig-memo フィギュアメモランダムさんと相互リンクしました!

2016-03-16

S.H.フィギュアーツ ウルフオルフェノク レビュー

f:id:UNOYO:20160316160718j:image

仮面ライダー555より、主人公乾巧の変身態である

ウルフオルフェノクフィギュアーツを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160316160547j:image f:id:UNOYO:20160316160548j:image

ウェブ限定アイテムなので窓なしパッケージになっています。





f:id:UNOYO:20160316160500j:image

付属品。

交換用のひざ関節パーツ、手首と尻尾が別パーツになっています。





ウルフオルフェノク

f:id:UNOYO:20160316160655j:image f:id:UNOYO:20160316160653j:image

f:id:UNOYO:20160316160654j:image f:id:UNOYO:20160316160652j:image

仮面ライダー555の主人公、乾巧が変身したオルフェノク

初出は劇場版の『パラダイス・ロスト』で仮面ライダーオーガと対決しました。

サプライズ登場だったのでびっくりしたファンも多いはず。





f:id:UNOYO:20160316160550j:image f:id:UNOYO:20160316160549j:image

f:id:UNOYO:20160316160551j:image f:id:UNOYO:20160316160552j:image

トゲトゲしたシルエットと鬣&尻尾が印象的です。





f:id:UNOYO:20160316160553j:image f:id:UNOYO:20160316160554j:image

フェイスはアップでみるとややゆがんで造形されていますが仕様のようです。





f:id:UNOYO:20160316160338j:image

f:id:UNOYO:20160316160339j:image

表情の違う2種類の手首パーツが付属します。





f:id:UNOYO:20160316160505j:image

尻尾はボールジョイント接続。





f:id:UNOYO:20160316160501j:image

f:id:UNOYO:20160316160502j:image

背中から生えた爪パーツは根本で回転するので

開き具合などを調整できます。





f:id:UNOYO:20160316160503j:image

f:id:UNOYO:20160316160504j:image

鬣パーツにも可動部が仕込まれています。





f:id:UNOYO:20160316160601j:image f:id:UNOYO:20160316160602j:image

こちらにより大きく上を向くことが可能です。





f:id:UNOYO:20160316160506j:image

f:id:UNOYO:20160316160507j:image

肩パーツは下側で上腕に接続されているため

可動を妨げません。





f:id:UNOYO:20160316161437j:image f:id:UNOYO:20160316161438j:image

足も大きく曲がります。

膝カバーは可動式。





f:id:UNOYO:20160316160557j:image f:id:UNOYO:20160316160558j:image

難点はちょうどお腹の位置に装甲パーツがあるため

前傾姿勢がとりづらいこと。





f:id:UNOYO:20160316160555j:image f:id:UNOYO:20160316160556j:image

いっそ取っ払ってしまうとこれぐらい可動します。





f:id:UNOYO:20160316160559j:image f:id:UNOYO:20160316160600j:image

あとは前方向に逃がしてごまかしたり…





f:id:UNOYO:20160316160656j:image

f:id:UNOYO:20160316160657j:image

f:id:UNOYO:20160316160658j:image

とりあえず、これぐらいのポージングは可能です。





f:id:UNOYO:20160316160659j:image

f:id:UNOYO:20160316160700j:image

f:id:UNOYO:20160316160701j:image

膝の関節パーツを交換することで高速戦闘形態である

疾走態を再現することが出来ます。





f:id:UNOYO:20160316161439j:image f:id:UNOYO:20160316161440j:image

伸びた足はこの程度可動させることが出来ます。





f:id:UNOYO:20160316160702j:image

f:id:UNOYO:20160316160703j:image

f:id:UNOYO:20160316160704j:image

バランスとるのがちょっと大変ですが

ちゃんと自立してくれます。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160316160705j:image

f:id:UNOYO:20160316160706j:image

f:id:UNOYO:20160316160707j:image

f:id:UNOYO:20160316160708j:image

f:id:UNOYO:20160316160709j:image

f:id:UNOYO:20160316160710j:image

野性的で格好いいですね。

もうちょっと前傾姿勢がとらせられるとよかったのですが。





f:id:UNOYO:20160316160717j:image

ファイズとならべて。

大体同じサイズです。





f:id:UNOYO:20160316160716j:image

極魂と並べて。

極魂のアレンジもなかなか格好良いですね。





f:id:UNOYO:20160316160714j:image

f:id:UNOYO:20160316160715j:image

ホースオルフェノクとならべて。

ホースはやけに大きいサイズでしたがウルフは普通でした。





f:id:UNOYO:20160316160711j:image

f:id:UNOYO:20160316160713j:image

f:id:UNOYO:20160316160712j:image

オーガとバトル。

劇中で突如登場したウルフオルフェノクに観客がどよめくシーンがありますが

実際当時の映画館の観客たちもまったく同じリアクションだったのを覚えています。





f:id:UNOYO:20160316160719j:image

f:id:UNOYO:20160316160720j:image

f:id:UNOYO:20160316160721j:image

f:id:UNOYO:20160316160718j:image

最後はイメージ。

たっくんも木場さんもオルフェノクライダー両方の姿で戦ったのが

とても印象に残っています。


以上、ウルフオルフェノクでした!


劇場版でサプライズ登場を果たした主人公が変身する怪人態ということで

ファンの記憶に強烈に刻み込まれたと思われるキャラクター。

SICや極魂ではしっかりフォローされていたことから

アーツでも商品化を待望していた方も多いのではないでしょうか。


今回のフィギュアーツではあたって劇場版でみせた

疾走態の再現パーツが付属するのが嬉しいですね。

可動するとはいえ、あんまり派手なポーズはとれませんが

やっぱりウルフオルフェノクはこの"獣足"の印象が強いので。


個人的にはこれでファイズのシリーズは完走といわれても十分な満足ですが

もしもうちょっとだけ続く…というのなら是非

仮面ライダー4号』でも活躍したスネークを期待したいですね。