Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 ホビーエンドルフィンさんと相互リンクしました!

2016-12-23

DXマイティブラザーズXXガシャット レビュー

f:id:UNOYO:20161223194202j:image

『俺がお前で!お前が俺で!』2人のエグゼイドにダブルアップ!

仮面ライダーエグゼイドより、マイティブラザーズXXガシャットを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20161223195040j:image f:id:UNOYO:20161223195041j:image

デザインはいつもと同じですが本体が分厚いので箱にも厚みがあります。





f:id:UNOYO:20161223194201j:image

DXゲーマドライバーと連動させることで

仮面ライダーエグゼイドダブルアクションゲーマーレベルXXへの

変身なりきり遊びが楽しめるアイテム。

今後発売予定の専用武器との連動ギミックもあり。





マイティブラザーズXXガシャット

f:id:UNOYO:20161223195042j:image f:id:UNOYO:20161223195043j:image

f:id:UNOYO:20161223195044j:image f:id:UNOYO:20161223195045j:image

エグゼイドが手に入れる新たなガシャット。

前後にガシャット2枚分の厚みがあるのが特徴。

本体構造はこれまでのガシャットとまったく異なり

電池も単4電池(別売り)を2本使用します。





f:id:UNOYO:20161223200108j:image

f:id:UNOYO:20161223200109j:image

ガシャット2枚はりつけたようなデザインですが

かなりボリュームを感じます。





f:id:UNOYO:20161223195046j:image f:id:UNOYO:20161223195047j:image

グリップの絵柄部分には2人のマイティくん兄弟。

この子たちがマイティブラザーズですね。





f:id:UNOYO:20161223200110j:image

ガシャットのラベルも幅広になっています。





f:id:UNOYO:20161223195048j:image

本体裏面には電源スイッチと電池ボックス。

これまでのようなボタン電池ではなく乾電池式です。





f:id:UNOYO:20161223195049j:image f:id:UNOYO:20161223195052j:image

f:id:UNOYO:20161223195050j:image f:id:UNOYO:20161223195051j:image

裏面はスクリーンになっており、スイッチをONにすると

『ゲーム!スタート!』という劇中同様の音声と共に

LEDが発光し内部の絵柄がうかびあがります。





f:id:UNOYO:20161223200111j:image

f:id:UNOYO:20161223200112j:image

スイッチの位置は通常のガシャットから変わらず。

向かって右側のスイッチで単品遊びが可能です。


スイッチを押すたびに

・『マイティブラザーズXX!』

・エナジーアイテムゲット音

・『ゲームクリアー!』

の音声がローテーションされます。






f:id:UNOYO:20161223194207j:image

DXゲーマドライバーと連動させて変身遊び。





f:id:UNOYO:20161223194209j:image

f:id:UNOYO:20161223194210j:image

f:id:UNOYO:20161223194208j:image

スロットに装填すると『ダブルガシャット!』

の音声につづきて変身待機音が発生。





f:id:UNOYO:20161223194211j:image

f:id:UNOYO:20161223200113j:image

レバー開くと『レベルアップ!』

『マイティブラザーズ!二人で一人!

マイティブラザーズ!二人でビクトリー!X!』

という名乗りと共にスクリーンに絵柄が表示されます。





f:id:UNOYO:20161223194208j:image

いったんレバーを閉じると再度変身待機音が発生。





f:id:UNOYO:20161223194212j:image

f:id:UNOYO:20161223200114j:image

再度開くことで『ダブルアップ!』

『俺がお前で!お前が俺で!(ウィーアー!

マイティ!マイティ!ブラザーズ!(ヘイ!)

ダブルエーックス!!』

という名乗りと共にスクリーンの絵柄が2にのエグゼイドに変化します。





f:id:UNOYO:20161223200113j:image

f:id:UNOYO:20161223200114j:image

これまでの絵柄が重なるガシャット2本差しとは異なり

完全に絵柄が切り替わるのはなかなかオモシロいギミックです。

音と連動してチカチカ光るのも良い感じ。





こちらが動画。

ダブルアップ後はさらにもう一度閉じることでキメワザモードへ。

レバーを再度開くことでマイティダブルクリティカルストライクの音声が発生します。

ランダムで会心の一発も追加。





f:id:UNOYO:20161223194203j:image

f:id:UNOYO:20161223194204j:image

通常ガシャットとならべて。

グリップ部分も少し形状が変わっているので

全体的にボリュームアップした印象を受けます。





f:id:UNOYO:20161223194205j:image

f:id:UNOYO:20161223194206j:image

単にガシャットを2枚重ねたよりもごっつい感じですね。


以上、マイティブラザーズXXガシャットでした!


TVではまだ登場しておりませんが劇場版で先行登場したアイテム。

使用するとエグゼイドが2人分身するというかなり斬新な設定です。

ガシャット2本分のスロットをつかって2人に分身、

変身ボイスもかけあっているかのような感じに仕上がっており

設定とオモチャの仕様がうまい具合に噛み合ってる印象です。

マジックミラーを使用して絵柄が切り替わるのも面白いです。


気になったのはもともとマジックミラー仕様のゲーマドライバーに

さらにマジックミラーを仕込んだガシャットをセットすることで

肝心の絵柄が体感的に『遠く』表示されてしまうこと。

これまでのガシャットは暗い空間の中で絵柄が浮かび上がる感じでしたが

今回はガシャットの光が強すぎてマジックミラーの空間を明るくしてしまうので

ゲーマドライバーの欠点である『中身が空洞』というポイントが浮き彫りに…

ギミック自体はかなりおもしろいので、惜しいポイントでした。


マイティブラザーズガシャットは今後発売予定の専用武器に装着可能。

かなりかさばりそうなので

購入するかどうかは劇中の活躍次第ですかね〜。

S.H.フィギュアーツ 真骨彫製法 ン・ダグバ・ゼバ レビュー

f:id:UNOYO:20161223120856j:image

仮面ライダークウガより、『究極の闇』ダグバが

真骨彫仕様で再びフィギュアーツに登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20161223121508j:image f:id:UNOYO:20161223121509j:image

f:id:UNOYO:20161223121510j:image f:id:UNOYO:20161223121511j:image

今回のダグバはプレミアムバンダ限定アイテム。

パッケージのつくりは一般アイテムと大差なくしっかり作りこまれています。





f:id:UNOYO:20161223121512j:image f:id:UNOYO:20161223121513j:image

中身。

付属品は手首のみ。





ン・ダグバ・ゼバ

f:id:UNOYO:20161223120830j:image f:id:UNOYO:20161223120831j:image

f:id:UNOYO:20161223120832j:image f:id:UNOYO:20161223120833j:image

2010年に発売されたダグバが真骨彫として再びフィギュアーツに登場。

当時よりもより細かく、劇中スーツに似せた造形になっています。





f:id:UNOYO:20161223121514j:image f:id:UNOYO:20161223121515j:image

f:id:UNOYO:20161223121516j:image f:id:UNOYO:20161223121517j:image

毎度のことながら、ホントにスーツと見間違えるような再現度です。





f:id:UNOYO:20161223121518j:image f:id:UNOYO:20161223121519j:image

f:id:UNOYO:20161223121520j:image f:id:UNOYO:20161223121521j:image

鋭い造形のマスク。





f:id:UNOYO:20161223121848j:image

f:id:UNOYO:20161223121849j:image

f:id:UNOYO:20161223121850j:image

f:id:UNOYO:20161223121851j:image

f:id:UNOYO:20161223121852j:image

f:id:UNOYO:20161223121853j:image

f:id:UNOYO:20161223121855j:image

f:id:UNOYO:20161223121854j:image

各部の金色の装飾品は汚し塗装も施されており

重厚感のある仕上がり。





f:id:UNOYO:20161223120834j:image

可動範囲は並ですが

足首の設置性が過去作よりも向上し、また重心が下がったため安定感が増したのが嬉しい。





f:id:UNOYO:20161223120835j:image

f:id:UNOYO:20161223120836j:image

過去作のフィギュアーツと並べて。

当時はこれでも非常に出来が良く感じたものですがさすがに真骨彫と並べてしまうと…





f:id:UNOYO:20161223120837j:image

f:id:UNOYO:20161223120838j:image

真骨彫クウガアルティメットと並べるとこんな感じです。





f:id:UNOYO:20161223121856j:image

f:id:UNOYO:20161223121857j:image

f:id:UNOYO:20161223121858j:image

手首は平手が2種類と、穴が開いた武器もち手が付属。

武器は付属しませんが。





f:id:UNOYO:20161223120839j:image

別のフィギュアのアイテムや小物を持たせられますが

棒状のものしか保持できないので種類は限られますね。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20161223120840j:image

f:id:UNOYO:20161223120842j:image

f:id:UNOYO:20161223120841j:image

f:id:UNOYO:20161223120844j:image

f:id:UNOYO:20161223120843j:image

f:id:UNOYO:20161223120846j:image

f:id:UNOYO:20161223120845j:image

立たせておくだけでも十分映える完成度。





クウガ

f:id:UNOYO:20161223120847j:image

f:id:UNOYO:20161223120848j:image

f:id:UNOYO:20161223120849j:image

f:id:UNOYO:20161223120850j:image

f:id:UNOYO:20161223120851j:image

f:id:UNOYO:20161223120852j:image

f:id:UNOYO:20161223120853j:image

f:id:UNOYO:20161223120854j:image

f:id:UNOYO:20161223120855j:image

やはり雪山での決戦は名シーンですね。





f:id:UNOYO:20161223120858j:image

以上、フィギュアーツ真骨彫製法ン・ダグバ・ゼバでした!


クウガアルティメットに続き、ダグバも真骨彫でリニューアル

注文時は正直当時品のダグバの出来を気に入っていた部分もあり

そこまで惹かれていませんでしたがいざ届いたものを並べてみるとびっくりするほど別物!

ホントに劇中スーツにそっくりです。

何度買っても真骨彫製法の再現度の高さには驚かされっぱなし…


今後の真骨頂シリーズはカブトやダブルのサブキャラクター達を

予定しているようですが、3月にはアメイジングマイティが控えていますし

まだまだクウガからガドルなんかも出ないかな〜と思ったり。