Hatena::ブログ(Diary)

YOの玩具箱

■リンク追加 かめらいど。さんと相互リンクしました!

2016-06-27

ねんどろいど 古明地こいし レビュー

f:id:UNOYO:20160627202729j:image

東方projectより、"閉じた恋の瞳"

古明地こいしねんどろいどを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160627204206j:image

f:id:UNOYO:20160627204207j:image

こいしのイメージカラーである緑と黄を使った配色。

ナンバリングは604で前作のパチュリーからまた80作ほど進みました。





古明地こいし

f:id:UNOYO:20160627203750j:image f:id:UNOYO:20160627203749j:image

f:id:UNOYO:20160627203751j:image f:id:UNOYO:20160627203752j:image

地霊殿の主・古明地さとりの妹。『東方地霊殿』のEXステージのボスとして登場します。

姉と同じく"妖怪さとり"ですが自身が心を閉ざしてしまっているため、相手の心を読むことはできません。

「無意識を操る程度の能力」を持っており、何を考えているのかわからない神出鬼没なキャラクター。

後の作品『東方心綺楼』、『東方深秘録』ではプレイアブルとして登場。

人気も高まり、第11回人気投票では見事全キャラクター中1位に輝きました。





f:id:UNOYO:20160627204211j:image

f:id:UNOYO:20160627204212j:image

特徴である閉じた第三の目。

背部からのコードで固定されており、本体から浮いた状態で固定されています。

コードがハートマークになっているのもポイント。

コードは固い素材でできており、負荷がかかると折れてしまいますので注意。





f:id:UNOYO:20160627204210j:image

コードはすべて背部に集まる形になっているので

ベースへの接続ジョイントも専用のものになっています。





f:id:UNOYO:20160627204213j:image

f:id:UNOYO:20160627204214j:image

帽子は取り外し可能。

乗せているだけで特に固定などはされていません。





f:id:UNOYO:20160627204215j:image

f:id:UNOYO:20160627204216j:image

f:id:UNOYO:20160627204217j:image

表情は3種類付属。

原作イラストでも印象的だった前歯が再現されているのがポイントですね。





f:id:UNOYO:20160627204209j:image

交換用の可動腕、曲がった脚部、そしてそれらにあわせた形状のコードが付属。





f:id:UNOYO:20160627204224j:image

こちらのパーツを差し替えることでスペル『無意識の遺伝子』の際に見せる通称グリコポーズを再現可能。





f:id:UNOYO:20160627204225j:image

両腕が上にスムーズに上がるよう、髪の毛とのクリアランスがしっかり調整されています。

こだわりですね。





f:id:UNOYO:20160627204218j:image

f:id:UNOYO:20160627204220j:image

f:id:UNOYO:20160627204219j:image

さらに両腕を可動腕に変更し、ポーズをつければ…





f:id:UNOYO:20160627204221j:image

手でハートをつくってウインク、というあざとさ満点のポーズも可能。





f:id:UNOYO:20160627204223j:image

f:id:UNOYO:20160627204222j:image

この際は第3の目が腕に干渉しないよう、横にずれた状態のものがわざわざもう一つ付属します。

これもこだわり。





f:id:UNOYO:20160627204226j:image

f:id:UNOYO:20160627204227j:image

f:id:UNOYO:20160627204228j:image

その他両腕を曲げたり、指さしポーズなど

いろんなポーズがとれます。





f:id:UNOYO:20160627204229j:image

f:id:UNOYO:20160627204230j:image

パッケージでは両足を交換して膝をついたポーズなんかも紹介されていました。

珍しいけどこれも可愛いですね。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160627202720j:image

f:id:UNOYO:20160627202721j:image

f:id:UNOYO:20160627202723j:image

f:id:UNOYO:20160627202722j:image

f:id:UNOYO:20160627202724j:image

f:id:UNOYO:20160627202726j:image

f:id:UNOYO:20160627202728j:image

f:id:UNOYO:20160627202731j:image

f:id:UNOYO:20160627202732j:image

f:id:UNOYO:20160627202725j:image

f:id:UNOYO:20160627202727j:image

f:id:UNOYO:20160627202729j:image

f:id:UNOYO:20160627202730j:image

f:id:UNOYO:20160627202733j:image

f:id:UNOYO:20160627202734j:image

f:id:UNOYO:20160627202735j:image

f:id:UNOYO:20160627202736j:image

こいしといえばハートとバラの弾幕

というわけで少し小物も組み合わせてみました。

電話とナイフも欲しかったですね〜。





f:id:UNOYO:20160627202737j:image

f:id:UNOYO:20160627202738j:image

無意識ゆえに、誰にも気づかれず、どこにでも現れるこいし。

自由に動ける、非常においしいキャラクターですね。


以上、ねんどろいど古明地こいしでした!


かわいらしい外見とは裏腹に非常に重い設定と

心理学的を通り越してもはやサイコに近いスペルカードの数々

そして狂ったようでいて物悲しい旋律のテーマ曲と

なかなか他にない魅力が詰まったキャラクター。

個人的にも地霊殿まではEXまでしっかりやりこんだこともあり

思い入れも深く、お気に入りのキャラです。


商品としては代表的なグリコポーズや可愛いハート&ウインクポーズなど

キャラの魅力を引き立てるポーズと、それを可能にする数々の配慮が光る良アイテム。

長さの違うコードを複数用意したり、腕を上にあげられるようにしてあったのは

キャラクターが大事にされている感じがして非常に好印象でしたね。


あとはやはり『東方深秘録』で披露した『メリーさん』再現用の電話とナイフが

付属すればカンペキだったかなと思いますが、さすがに発売時期を考えると難しいですね。

姉のさとりの発売も楽しみです!

2016-02-25

ねんどろいど エイラ・イルマタル・ユーティライネン レビュー

f:id:UNOYO:20160225190204j:image

ストライクウィッチーズ2』より、サーニャの親友

エイラのねんどろいどが登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160225190731j:image f:id:UNOYO:20160225190732j:image

パッケージカラーは青緑色。

エイラのブルー系のイメージに合わせてあります。





エイラ・イルマタル・ユーティライネン

f:id:UNOYO:20160225190335j:image f:id:UNOYO:20160225190334j:image

f:id:UNOYO:20160225190336j:image f:id:UNOYO:20160225190337j:image

ストライクウィッチーズ所属のウィッチ。

固有魔法の未来予知で敵の攻撃をシールドを張らずに回避するスゴ腕キャラ。

親友のサーニャといつも一緒にいます。





f:id:UNOYO:20160225190053j:image

f:id:UNOYO:20160225190054j:image

f:id:UNOYO:20160225190055j:image

表情は全部で3種類。

ポカンと口を開けた表情は『ムリダナ(・×・)』の再現用です。





f:id:UNOYO:20160225190155j:image

f:id:UNOYO:20160225190056j:image

というわけで両腕を交換して早速ムリダナ(・×・)。

エイラの最大の持ちネタですね。

小さくなっても可愛い仕草です。





f:id:UNOYO:20160225190057j:image

f:id:UNOYO:20160225190058j:image

オプションタロットカードが付属。

左右どちらの腕でも保持できます。





f:id:UNOYO:20160225190059j:image

また、小物で猫の置物が付属。





f:id:UNOYO:20160225190157j:image

2の6話でサーニャとエイラが喧嘩するエピソード

背景に映っていたヤツだと思われます。





f:id:UNOYO:20160225190158j:image

サーニャと並べて。

お似合いのカップルです。

1期も2期も、6話は2人のエピソードになっており必見です。





f:id:UNOYO:20160225190339j:image f:id:UNOYO:20160225190338j:image

f:id:UNOYO:20160225190340j:image f:id:UNOYO:20160225190341j:image

前髪と両足を交換して出撃形態に。





f:id:UNOYO:20160225190100j:image

f:id:UNOYO:20160225190101j:image

プロペラ部分は静止状態と回転状態を選択可能。





f:id:UNOYO:20160225190159j:image

f:id:UNOYO:20160225190200j:image

f:id:UNOYO:20160225190102j:image

武器の銃を装備させることが出来ます。

専用の腕で右手でのみ保持できます。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160225190206j:image

f:id:UNOYO:20160225190207j:image

f:id:UNOYO:20160225190208j:image

f:id:UNOYO:20160225190209j:image

f:id:UNOYO:20160225190210j:image

f:id:UNOYO:20160225190211j:image

f:id:UNOYO:20160225190201j:image

f:id:UNOYO:20160225190202j:image

f:id:UNOYO:20160225190203j:image

f:id:UNOYO:20160225190204j:image

f:id:UNOYO:20160225190205j:image

ムリダナ(・×・)のポーズ以外でこの表情を使うと

ちょっと恍けた感じがでて可愛いです。





エイラーニャ

f:id:UNOYO:20160225190213j:image

f:id:UNOYO:20160225190215j:image

f:id:UNOYO:20160225190214j:image

f:id:UNOYO:20160225190212j:image

f:id:UNOYO:20160225190216j:image

f:id:UNOYO:20160225190217j:image

エイラ・サーニャのカップリングでエイラーニャ。

マイペースでちょっと不思議なコンビです。





f:id:UNOYO:20160225190218j:image

最後は発売済みのねんどろいどストライクウィッチーズ全員集合。

ここまで来るのに約7年かかっており、ナンバーは500も進んでます…

残りの3人のうちペリーヌは今夏発売、ミーナ、坂本も製品化決定済みということで

全員集合まであとわずか!


以上、ねんどろいどエイラでした。


前回のサーニャが発売延期になったおかげで結果的に

仲良くサーニャと同時発売となったエイラ。流石未来予知の魔女です。

ムリダナ顔のポーズがバッチリ再現できたり、猫の置物が付属していたり

なかなかファンのツボをついてくる仕様になっています。

個人的にはサーニャとの手つなぎハンドとかが欲しかったですがまぁ十分でしょう。


再始動まで長かったねんどろいどストライクウィッチーズですが

サーニャ・エイラに続いてペリーヌが発売決定済み、

ミーナ&坂本も製品化決定ということでなんとか完走できそうで一安心。

全員そろえる日が楽しみです。

2016-02-24

ねんどろいど サーニャ・V・リトヴャク レビュー

f:id:UNOYO:20160224173445j:image

ストライクウィッチーズ2』より、ナイトウィッチ

サーニャ・V・リトヴャクがねんどろいどに登場!


パッケージ

f:id:UNOYO:20160224173710j:image f:id:UNOYO:20160224173711j:image

イメージカラーはナイトウィッチらしくダークな紫。

ナンバリングは552となっています。





サーニャ・V・リトヴャク

f:id:UNOYO:20160224173713j:image f:id:UNOYO:20160224173712j:image

f:id:UNOYO:20160224173714j:image f:id:UNOYO:20160224173715j:image

本名アレクサンドラ・ウラジミーロヴナ・リトヴャク。

ストライクウィッチーズに所属している夜間哨戒を任務とするウィッチです。

固有魔法の魔導針(レーダー)で離れた場所の敵の位置を補足する能力を持っています。





f:id:UNOYO:20160224173228j:image

f:id:UNOYO:20160224173229j:image

f:id:UNOYO:20160224173230j:image

交換用フェイスは笑顔と戦闘用。

眠り顔は残念ながらなし。





f:id:UNOYO:20160224173434j:image

f:id:UNOYO:20160224173231j:image

パーツの交換により、親友のエイラにもらった枕を抱えさせることが出来ます。





f:id:UNOYO:20160224173716j:image f:id:UNOYO:20160224173717j:image

f:id:UNOYO:20160224173718j:image f:id:UNOYO:20160224173719j:image

前髪、両足を交換することで魔力を発動した戦闘時の姿を再現できます。





f:id:UNOYO:20160224173436j:image

お腹側にスタンドを装着し、飛行ポーズでディスプレイが可能。





f:id:UNOYO:20160224173236j:image

f:id:UNOYO:20160224173237j:image

ストライカーユニットのプロペラは静止状態と回転状態を差し替えで選択可能です。





f:id:UNOYO:20160224173232j:image

f:id:UNOYO:20160224173233j:image

ネコミミパーツは交換することで

魔導針発動状態を再現可能。





f:id:UNOYO:20160224173437j:image

f:id:UNOYO:20160224173234j:image

f:id:UNOYO:20160224173235j:image

両腕を差し替えて専用武器である『フリーガーハマー』を装備可能。

本来は肩に担ぐスタイルですが如何せんのこの体型なので

やや横向きにしか構えることは難しいです。





f:id:UNOYO:20160224173440j:image

フル装備。

ねんどろいどながらなかなかのボリュームになります。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20160224173449j:image

f:id:UNOYO:20160224173448j:image

f:id:UNOYO:20160224173450j:image

f:id:UNOYO:20160224173451j:image

f:id:UNOYO:20160224173442j:image

f:id:UNOYO:20160224173443j:image

f:id:UNOYO:20160224173444j:image

f:id:UNOYO:20160224173445j:image

f:id:UNOYO:20160224173446j:image

f:id:UNOYO:20160224173447j:image

デフォルメになってもその可愛さは健在です。





f:id:UNOYO:20160224173452j:image

サーニャを守るナイト(?)のエイラは次回紹介。


以上、ねんどろいどサーニャでした。


前作・宮藤震電Ver.(2013年11月発売)から実に2年以上ぶりの

ストライクウィッチーズ新作アイテムとなりました。

サーニャとエイラのコンビは放送当時から人気があったので

早々に発売されると思っていたのですがまさかここまで待つことになるとは…


ただ待たされた分だけ技術の蓄積によってクオリティが上がるのはうれしいですね。

今回のサーニャも非常に可愛らしく仕上がっております。

特に2の5話でエイラにプレゼントされた枕がついているのがポイント高いですね。

次回紹介のエイラとセットで揃えるのがオススメです。

2015-10-15

ねんどろいど パチュリー・ノーレッジ レビュー

f:id:UNOYO:20151015084118j:image

東方projectより、動かない大図書館

パチュリー・ノーレッジ』のねんどろいどを紹介!


f:id:UNOYO:20151015082125j:image f:id:UNOYO:20151015082126j:image

パッケージ。

パチュリーのイメージカラーである紫がベースになっています。





f:id:UNOYO:20151015082127j:image

中身。

交換用腕パーツは別に梱包されていました。





パチュリー・ノーレッジ

f:id:UNOYO:20151015082128j:image f:id:UNOYO:20151015082129j:image

f:id:UNOYO:20151015082130j:image f:id:UNOYO:20151015082131j:image紅魔館の図書館に住む魔法使いで東方紅魔郷4面ボス。

火水木金土日月の魔法を操ることが出来る実力者です。

基本的に図書館で本ばかり読んでいるため

動かない大書簡の異名があります。





f:id:UNOYO:20151015082132j:image f:id:UNOYO:20151015082133j:image

ドアノブカバーのような帽子は着脱可能。

ただ乗せているだけです。





f:id:UNOYO:20151015080712j:image

f:id:UNOYO:20151015080713j:image

f:id:UNOYO:20151015080714j:image

交換用フェイスは3種類。

正面顔、ジト目、あくび顔です。





f:id:UNOYO:20151015080715j:image

前髪パーツにメガネを装着することで

メガネっ娘状態にすることが出来ます。

良く似合っています。これはいいですね。





f:id:UNOYO:20151015080717j:image

f:id:UNOYO:20151015080716j:image

f:id:UNOYO:20151015080718j:image

オプションの本は開きと閉じの2種類が付属。

腕を交換することで3通りの持たせ方が出来ます。





f:id:UNOYO:20151015080719j:image

下半身パーツを交換することで

ぺたんこ座り状態に出来ます。

そういえばこんなフォーマットのコレクションフィギュアシリーズありましたね…





f:id:UNOYO:20151015084113j:image

あくび顔と組み合わせることで

本を読みつかれてそろそろ眠い…みたいなシーンを再現できます。あざとい!





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20151015084116j:image

f:id:UNOYO:20151015084121j:image

f:id:UNOYO:20151015084117j:image

f:id:UNOYO:20151015084119j:image

f:id:UNOYO:20151015084114j:image

f:id:UNOYO:20151015084115j:image

f:id:UNOYO:20151015084118j:image

f:id:UNOYO:20151015084120j:image

f:id:UNOYO:20151015084122j:image

メガネのオンオフ、腕パーツ、下半身パーツの組み合わせにより

さまざまなシーンを演出でき、プレイバリュー高めです。





f:id:UNOYO:20151015084123j:image

魔理沙と並べて。

ねんどろいど魔理沙は2009年発売の第92弾。

パチュリーは2015年発売の521弾。

前回の紫と霊夢を並べた時にも思いましたけど

ねんどろいどの歴史積みっぷりは異常ですね。





f:id:UNOYO:20151015084124j:image

アリスも並べて魔法使いトリオ。

ねんどろいどぷちからここまで来るの長かったなぁ…





f:id:UNOYO:20151015092325j:image

最後は紅魔館の人々と。

ここまで来たら門番・紅美鈴+小悪魔セットも出していただきたい。


以上、ねんどろいどパチュリーでした。

ついに発売された紅魔館の紫もやし。

知名度的にもキャラ人気的にももっと早めに出ると思ってたんですけどね。

まぁ、後発になればなるほどクオリティは上がるので良しです。


今回はオプションとしてあくび顔、メガネ、ぺたんこ座り用下半身などが付属。

公式設定を拾ったり、ゲームのワンシーンを再現したりというよりかは

製作側の趣味嗜好が多数盛り込まれた仕様という印象。

個人的にぺたんこ座りはあんまりイメージではなかったですが

メガネはバッチリ決まっていると思います。


さて、次回はついにシリーズ初登場となる東方地霊殿より

古明地さとり&こいしの姉妹が商品化予定。

大番狂わせの新たなる世界一位さんのねんどろいど化、非常に楽しみです。

2015-04-16

ねんどろいど 八雲紫 レビュー

f:id:UNOYO:20150413154033j:image

東方projectより、境界の妖怪

八雲紫のねんどろいどを紹介!


パッケージ

f:id:UNOYO:20150413153653j:image

f:id:UNOYO:20150413153654j:image

f:id:UNOYO:20150413153655j:image

久々の新作となる東方シリーズ。

前作・射命丸文のナンバリングが362、今回の紫は442なので実に80体もの間隔があいております。





八雲紫

f:id:UNOYO:20150413154440j:image f:id:UNOYO:20150413154441j:image

f:id:UNOYO:20150413154442j:image f:id:UNOYO:20150413154443j:image

境界を操る程度の能力を持つ、通称スキマ妖怪

東方妖々夢以降ちょくちょく登場する敵か味方かわからない、とにかく胡散臭いキャラクターです。

初登場の妖々夢で着ていた洋風ドレスではなく、永夜抄以降の導師服での立体化。





f:id:UNOYO:20150413153656j:image

f:id:UNOYO:20150413153657j:image

帽子は頭に乗せているだけで取り外しが可能です。





f:id:UNOYO:20150413153658j:image

f:id:UNOYO:20150413153659j:image

f:id:UNOYO:20150413153700j:image

f:id:UNOYO:20150413153701j:image

交換用フェイスは2種類付属。

怪しいほほえみ顔とウインク顔。どちらも胡散臭い。





f:id:UNOYO:20150413153702j:image

f:id:UNOYO:20150413153703j:image

オプションとして曲げ腕と扇子が付属。

口元を隠すと胡散臭さアップ。





f:id:UNOYO:20150413153704j:image

f:id:UNOYO:20150413153705j:image

曲げ腕は左腕分も付属します。

ほっぺに手を当てる姿も胡散臭い。





f:id:UNOYO:20150413153706j:image

f:id:UNOYO:20150413153707j:image

トレードマークの傘も付属。胡散臭い形状をしております。

ちょっと小さめな印象ですが、保持力を考えるとこんなものかな。





f:id:UNOYO:20150413153709j:image

スキマから体をのぞかせるための胡散臭い交換用ボディパーツが付属。





f:id:UNOYO:20150413153710j:image

f:id:UNOYO:20150413154445j:image f:id:UNOYO:20150413154444j:image

交換用ボディパーツに頭と腕を付け替えることで

このようにスキマから上半身だけのぞかせた胡散臭い姿を再現可能です。





f:id:UNOYO:20150413153711j:image

いい感じに胡散臭い雰囲気が出ておりますね。

ちなみにこの交換用ボディパーツには一部塗装ミスがあり

後日購入者全員に修正版を送ってくれるそうです。

あんまり気になりませんけどね。





f:id:UNOYO:20150413153713j:image

スキマパーツには胡散臭い標識を装着することが可能。

紫といえば標識。卒塔婆や墓石もほしかった。





f:id:UNOYO:20150413153708j:image

ちなみに標識には土台部分も付属するので

単体でディスプレイすることも可能です。





アクションポーズ

f:id:UNOYO:20150413154026j:image

f:id:UNOYO:20150413154033j:image

f:id:UNOYO:20150413154028j:image

f:id:UNOYO:20150413154027j:image

f:id:UNOYO:20150413154030j:image

f:id:UNOYO:20150413154031j:image

f:id:UNOYO:20150413154035j:image

f:id:UNOYO:20150413154029j:image

f:id:UNOYO:20150413154032j:image

f:id:UNOYO:20150413154034j:image

デフォルメしてもなおこの胡散臭さ。





f:id:UNOYO:20150413154036j:image

式神がいないのはちょっとさみしい。

ということでとらのあな製の橙を並べてみました。

サイズ的にはちょうど良いかな。

藍は通常ねんどろいどサイズでほしいなぁ。





f:id:UNOYO:20150413154037j:image

霊夢と並べて永夜抄の結界コンビ。

ちなみに霊夢はナンバリング74(!)の2009年発売アイテム。

よくぞここまで続いた…という感じです。





f:id:UNOYO:20150413154038j:image

最後は射命丸と並べて地霊殿組。

(ぷちの萃香引っ張り出すの忘れてた…)

以上、ねんどろいど八雲紫でした!


ついに幻想郷の賢者()がねんどろいどで登場。

なんというか、ようやく発売された感がすごいです。

覚えている限りでは射命丸が2013年末に発売された時点で商品化決定していたので

正味1年半ぐらい待ったのかな?いやぁ長かった。

まぁ商品化決定(予定)の報の後、自然とフェードアウトしてお蔵入りになる

ねんどろいども数知れずなので無事発売されただけでもありがたいです。


あと正直な話、ねんどろいど東方projectシリーズは

この紫が最終アイテムになると覚悟していたのですが

なんと次アイテムとして『パチュリー』が発売決定とのこと。

霊夢で始まり、紫で終わるというのもそれはそれでキリが良い気がしていたのですが

まだまだシリーズが続くのは素直にうれしいですね。

パチュリーはジト目に期待。そして諏訪子はよ!